2016年 7月 の投稿一覧

LINE電話がお得すぎる

すっかり連絡用アプリとして定着したLINE。
メッセージやLINE間の通話がデータ通信を使う為、通話料などは無料です。
その先を行く「LINE電話(LINE Out)」がお得すぎたので紹介します。
今回は格安SIMで通話をたくさん使う人向けかもしれません。
なぜなら、格安SIMの通話料はどこもバカ高いからです。
相場はだいたい30秒で20円、すなわち1分40円です。
通話に関する様々なサービスを展開しているところもありますが、それを確実に凌駕しているのが「LINE電話」だと思います。
自分の携帯電話からLINE電話を通して相手の固定電話(日本国内)にかける場合は、1分あたり3クレジット(=3円)となります。
LINEはあくまでもアプリのため、アプリ内課金をすることによって1クレジット=1円として利用することができます。
携帯電話の場合は1分あたり14クレジットとなりますが、通常、携帯電話にかける場合はLINEの無料通話を使うことも多いと思いますので、そちらを使うといいと思います。
さらに驚いたことが1つありました。
なんと、お店に電話をする場合、無料通話となるんです。
ただし10分間までという制約があるみたいなので、長電話になりそうな時は料金が発生するかと思います。
これ、本当に電話要らなくなりますね。
電話番号さえあればほとんどのことが格安SIMで運用可能になると思います。
ちなみに格安SIMのmineo 3GB(auのプラン)を使い始めてそろそろ1ヶ月が経とうとしていますが、通信速度や電波状況など、ほとんど不自由していません。
何度も言いますが、これで月の通信量が2000円未満です。
さらに余ったデータ通信量を無限に繰り越すことができる裏技(?)も習得したので、8月に入ったら試してみようと思います。
母親もmineoユーザーになったのですが、普通に使えているみたいです。
LINE電話も今日2人で試してみたのですが、非通知にもならず、お互いにちゃんと自分の番号から電話がかかってきていることがわかりました。
本当に便利になったなあ、と思います。ただただ感動しました。

楽天銀行の金利がやばい!

昨今、世界的に不景気と言われていますよね。
日銀も金融緩和を続けており、特に預金金利はほぼゼロです。
利子のない当座預金レベルです。
そんな中、圧倒的とは言わないまでも、一般的な金融機関の20倍の預金金利を誇っているのが「楽天銀行」です。
2016/07/30 現在、一般的な金融機関の税引前預金金利は0.001%
これは例えば100万円を預けている時の利息が1,000,000×0.001=1,000円というふうになります。
これが楽天銀行の場合は、20倍である0.02%となるので、同じ状況で考えてみると
1,000,000×0.02=20,000円となります。
この差は大きいですよね。でもこれだけじゃ終わりません。
なんと、昨日紹介した(http://drash-blog.seesaa.net/article/440549374.html)楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行にすることによって、金利はさらに倍の0.04%に膨れ上がります。
これにより同じ状況下での利息は40,000円となり、一般的な金融機関と比べて40倍になるわけです。
(参照URL→http://www.rakuten-bank.co.jp/assets/fixeddep/savings/?l-id=top_c_160322_CO495)
一般的にネット銀行は、店舗型の銀行に比べて人件費や建物代などが節減できるので、こう言った形で利用者に還元する方式が取られているようですね。
簡単に調べてみたところ、楽天銀行以外にもネット銀行は軒並み高金利なところがありました。
それでも楽天を勧める理由は、いろんなことが楽天でできるからです。
買い物も、株や為替取引も、旅行も。
いろんなことが一本化できるのは、単純に、面倒くさくなくていいですよね。

【クレジットカード】楽天カードが予想以上に"最強"なカードだった

最近までメインに使っていたクレジットカードは「オリコカード」というカードでした。
このカードは今年の2月に作ったんですが、ポイントが100円利用につき1ポイントで、入会してから半年はそのポイントが倍になるカードです。
さらにオリコモールや、オリコモール経由での買い物だとさらにポイントが貯まるカードです。
しかし、気づいてしまいました。
楽天カード、最強。
「最強」という言葉はちょっと子供っぽいと思いますが、実際に何が最強なのか説明します。
①付与ポイントが最強
今までオリコカードを使っていた時は、100円で1ポイントで、入会してから半年にあたる今月まではポイントが倍でした。
しかし楽天カードは、楽天で買い物をするだけでポイントが何倍にもなって帰ってきます。
おそらくその時々でやっているキャンペーンなども違うと思いますが、2016.7.29時点では最大7倍でした。
(参考URL→http://event.rakuten.co.jp/campaign/point-up/everyday/point/?scid=wi_grp_gmx_everyday_pget_02)
ただ、最大ポイント受け取るためには「楽天モバイル」への加入が必要だったり、年会費がかかる「楽天プレミアムカード」を作らなければならなかったりするので、普通に使おうとすれば最大5倍くらいかな、と思います。
先日120円のライトニングUSB変換アダプターを買った時は、5ポイント入手できました。
②各種サービスが最強
楽天って、ネット通販や野球チームのイメージが強いと思いますが、実はさまざまなサービスを手がけています。
銀行もあれば、証券会社もあるんです。
何がすごいかっていうと、通常使うような銀行まで楽天が使えることによって、管理が楽になったり、ポイントの優遇措置などによってお得感が出てくることです。
例えば、楽天銀行の預金を使って株を買いたい場合、楽天銀行から楽天証券にネット上で一瞬で資金移動が可能です。
これは単独でサービスを展開している会社にはできないと思います。
しかもそのそれぞれにいろんなお得ポイントがあります。
楽天銀行では、2016.7.29現在、預金金利20倍キャンペーンを行っています。
参照URL→http://www.rakuten-bank.co.jp/assets/fixeddep/savings/?l-id=top_c_160322_CO495
さらに、楽天カードの引き落としを楽天銀行にすることで金利が上がったりするキャンペーンもしているようです。
囲い込み戦略の一環とも取れますが、消費者からすればありがたいですよね。
③年会費がかからないから手軽に持てる
通常の楽天カードは年会費がタダです。なのでポイントを貯めるためのカードとしても持つことができます。
さらに、楽天銀行のキャッシュカード機能を併せ持った「楽天銀行カード」もあり、これにポイント優遇キャンペーンもついていたりするので、1枚目に持つカードとしてどのクレジットカードが良いか迷っている方にとってはかなりオススメできるカードです。
もし、自分がこれから初めてクレジットカードを作るとしたら、間違いなく「楽天カード」にすると思います。
ただ、楽天カード、もちろんデメリットもあります。
どのカードにもメリット・デメリットが必ずあるので、比較は絶対必要です。
それを補って余りあるほど魅了的なカードだと思ってます。
こういうのをお客さんに伝えて、一緒に考える仕事があったら、やってみたいなあ、と思います。
取得を目指しているファイナンシャルプランナーのその先に、そんな仕事ができる場所があったらいいな、と思ってます。

続きを読む