【20200101】2020年の目標、その理由、達成するために行うべきアクションまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
新年、あけましておめでとうございます。
2020年も、どうぞよろしくお願い致します。
早速ですが、2019年元日に立てた目標の振り返りを行っていきます。
昨年の目標記事はこちら→http://drash-blog.seesaa.net/article/2019todolist.html
この記事の中で立てた目標は3つです。
結果も含め、ざっくり振り返っていきます。
①体重を85kgから60kgまで落とす
→未達成(結果:85kg→76.7kg)
②社会保険労務士の資格を取得する
→未達成(結果:不合格)
③King of Tiny Roomの売上高を3倍(300万円)にする
→未達成(結果:100万円→150万円)
2019年に立てた目標は、以上のような結果となりました。
達成している項目が何一つなく、定量評価としては失敗と言わざるを得ません。
この結果については言い訳をする余地がありません。
確かに、これ以外に副次的に達成できたことや、部分達成はできていますが、全ての項目で年初の目標を達成できなかったことは、大きな反省材料です。
自分の立てた目標のハードルの高さを自分自身で客観的に測ることができなかったことも、大きな反省点です。
この反省をもとに2020年の目標を立てていきます。
なお、目標をお話しする前に、ブログを読んでくださっている皆様へご報告がございます。
2019年12月末で、これまで3年弱働いていた税理士事務所を退職致しました。
そして、2020年1月中旬から約3ヶ月間、株式会社divの運営するプログラミングスクール「TECH::EXPERT」を受講し、それ以降はエンジニアとして(今のところフリーで)働く予定です。
実は2019年半ばから考えていたことで、自分の人生をより実り多いものにし、自分の周りにいる人や、関わる全ての人とシナジーを起こすためにも必要なプロセスになると思い、今回決心しました。
2019年、やたらと節約をしていたのも、スクールに通うための費用を貯めていた、という理由があります。
上記を踏まえ、2020年の目標として、下記の目標を掲げます。
まずは2019年も掲げた3つの目標についてです。
①体重を76.7kgから60kgまで落とす
なぜ?
→2019年、達成こそできなかったものの、約8kgの減量には成功した。
これを継続していくことで、少しずつでも、標準体重に近づいていきたいと思ったから。
上記目標を達成するためのアクションプラン
・移動は、時間に支障が出ない限り極力徒歩
・断酒(飲み会の席も含む)
・朝食抜きの1日2食生活を継続し、自炊中心の生活を意識する
・加工食品を極力摂取しないようにし、低カロリー高タンパクな食品を積極的に摂取する
・週1回以上、体重の推移を発信し続ける
②社会保険労務士の資格を取得する
なぜ?
→税理士事務所に入る前からずっと取りたいと思っていた資格で、実務的に自分に合った資格だと感じている。
それに、次に目指す税理士試験へのステップアップとして、分野の親和性も高いと思うから。
上記目標を達成するためのアクションプラン
・「TECH::EXPERT」受講後(4月中旬)から試験日(8月下旬)まで、毎日各科目2〜3問(合計約15〜20問)ずつ過去問演習を実施し、学習進捗を発信し続ける
・上記学習時間を確保するために、1日のうち最低2時間(他の予定が無い限りAM10〜12時)は、社労士試験勉強のための時間とする
③King of Tiny Roomの売上高を2倍(300万円)にする
なぜ?
→去年1年間で、目標は達成できなかったものの前年比150%を達成できた。
今年こそ売上高300万円を達成することで、副次的についてくる当初のミッション(アカペラしやすい環境づくり)の更なる進歩を目指しているから。
上記目標を達成するためのアクションプラン
・「TECH::EXPERT」の受講を通し、WEB系業務の作業工数や時間を客観的に把握し、適正な労働環境を定義、整備する
・潜在需要を調査し、今まで関わりのなかったところへ積極的に営業活動を行い、新規案件の獲得に務める
・ACAPPELLER.JP加入者数を200人まで伸ばし、その中でマネタイズ可能性のあるサービスをKTRとしてバックアップし、形にしていく
・これまでと同様、需要の見込みがあるが今まで無かった(もしくは上手くいかなかった)サービスパッケージを考案し続け、トライアンドエラーを繰り返す
ここまでは、2019年の目標の踏襲です。
そしてここからは、2020年、新たに掲げる目標5つです。
④エンジニアとして2020年12月売上高50万円、年間売上高300万円を目指す
なぜ?
→常に過去の自分を乗り越える意識を持ち続けるために、客観的に評価しやすい金銭面は、サラリーマン時代の自分を超えたい。
そして来年、もっと高い目標を掲げるためには、初速、つまり今年が重要で、そのためのハードワークは必ず将来に生きると考えているから。
上記目標を達成するためのアクションプラン
・「TECH::EXPERT」受講後、4〜8月くらいまでの期間で、まずはクラウドソーシングサイト(「ランサーズ」「クラウドワークス」など)を利用しながら、外部委託業務案件を中心に低単価案件の数をこなしていき、フリーランスとしての業務の流れに慣れていく(8月売上高20万円が第一目標)
・9月くらいから、案件の難易度を少しずつランクアップさせていき、より高単価の案件にも着手していきつつ、継続的なスキルアップと単位時間あたりの生産性向上を目指す
⑤YouTube動画の定期アップロード
なぜ?
→1人の表現者、クリエイターとしての自分で在り続ける為に、手を動かすことで見えてくる世界を常に感じていたいから。
上記目標を達成するためのアクションプラン
・「TECH::EXPERT」受講後、信頼するアレンジャー・作編曲家とパートナーシップを結んで、音楽作品(主に多重録音動画)をアップロードする(該当チャンネル:https://www.youtube.com/user/Drash5296
・上記動画の投稿頻度は、週1本を目標とし、最低でも月2本はアップロードする
・上記動画以外にも、不定期(上記チャンネルよりも高頻度)で、様々なジャンルの動画をアップロードする(該当チャンネル:https://www.youtube.com/user/TheDrashTV
⑥積読、未読本リストの解消(2020/1時点で合計約100冊)
なぜ?
→読みたい本がとても沢山あるが、時間の都合や心の弱さからあまり思うように読み進められていないので、この機会にしっかり明文化して、少しでも多くの本を読み、様々な智慧に触れたいと思っているから。
上記目標を達成するためのアクションプラン
・電車やバスなどの移動時間は、急ぎのタスクなどが無い限り、読書時間にする(エンタメ系の動画やSNSなどで時間を消費しないようにする)
・YouTubeやWEBサイトなどに要約動画などが存在する場合は、概要を把握する為に視聴、閲覧し、読み進める効率を最大化させることに務める
・読んで満足して内容を忘れてしまわないようにする為に、読書の途中や読了後で、SNSやブログなどでアウトプットをする
⑦新たな世界に触れる時間を作る
なぜ?
→常に自分自身の価値観が凝り固まらないようにアップデートし続けることにより、無数にある価値観を受容する為の受け皿を強固なものにしていきたいから。
上記目標を達成するためのアクションプラン
・常に新しい情報に対するアンテナを張り続け、興味のある事象があれば、好奇心に任せて踏み入ってみる
・失敗を恐れず、むしろ失敗前提の気持ちで、やってみたいと思ったことは何でもやってみて、行ってみたいと思ったところには行ってみる
⑧信頼できるパートナーを見つける
なぜ?
→今まで、忙しさや自己肯定感の低さを言い訳に自分が避けてきたことの1つだが、自分自身の人生をより良い方向へ一気に変える為の起爆剤になりそうな気がするから。
上記目標を達成するためのアクションプラン
・恋愛というより、親友になれそうな人を見つける
・自分自身や他人の短所を認め、コンプレックスではなく、より客観的に、トレードオフの長所として認識し直す
・目標にはするが、焦って誤った判断を下さない(無理しない)
・とにかく認める、理解できなくても認める、自分自身も、相手も、誰でも、認める力を身につける
以上、2020年は全部で8つの目標を掲げます。
2019年も、目標を意識しながら1年間を過ごしていましたが、今まで、目標は達成できなきゃ意味が無いと思っていました。
だけど、目標の本質はそこではなくて、達成しようと努力をするプロセスにあるんだな、と今はひしひしと感じています。
だから、どうせなら目標は強欲に行こうと思い、5つ増やした合計8つでいくことにしました。
目標が変わったからといってすぐに自分自身も変わるわけではありませんが、少なくとも、今までとは異なる習慣作りが始まるし、何より今年は、自分の撒いた種によって、自分自身を取り巻く環境が大きく変わる為、とても楽しみな1年でもあります。
長くなりましたが、改めまして、本年もどうぞよろしくお願い致します。
2020/1/1 齋藤 龍
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
     

コメントを残す

*