【20200201】できなかったことを嘆くのではなく、できたことにフォーカスを当てて喜ぶ(TECH::EXPERT 13日目)& 2020年1月の体重経過報告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
こんばんは。
今日の朝時点で立てていた目標です。
基礎カリキュラムの中間試験をやる予定だったのですが、今日、部屋の掃除をする予定も組んでいて、そっちにかなり時間を使ってしまい、中間試験の復習ができませんでした。
予定はそれだけではなかったのですが。
いつもの自分なら、「今日も予定通りに学習ができなかった。」と嘆くところです。
でも、この2週間、死に物狂いでプログラミングに向き合ってきたことで、ある気づきを得ました。
それは、タイトルにもある通り、
できなかったことを嘆くのではなく、できたことにフォーカスを当てて喜ぶ
ということです。
メンタリストDaiGoさんの動画で紹介されていた「セルフ・コンパッション(自分を許す)」という概念に近いかもしれません。
これは勝手にできることではなく、意識をすることで、誰にでも習慣化できるものと思います。
要は気持ちの持ちようなのですが、何かができなかった時よりも、何かができた時の方が、気持ちは上向いているはずで、それを意図的に作り出すことの重要性に気がついた、といったところでしょうか。
今日は、中間試験はできなかったけれど、平日ではとてもできないレベルの部屋掃除をしたことで、部屋が広く、きれいになった。
これはとても喜ばしいことですね。
思えばこの2週間、つまづいては転んで、でも立ち上がり歩き、そしてまたつまづいては転んで、でも立ち上がり歩く、の連続でした。
次転ぶまでに、できるようになったことは必ずあるんです。
だって、CSSのmarginとpaddingの具体的な違いとか、Rubyのハッシュの使い方とか、Railsで使ったサーバーの概念とか、本当にいろいろなことができるようになったなあ、と、改めて思うわけです。
だからきっとこれからも、同じような過程の中で、もっと多くのことができるようになり、そして、いつか、できるようになったこと同士が混ざり合って、今の自分では考えもつかないようなとんでもないことができるようになっている可能性だって、あると思います。
今日も、全くプログラミングをやらなかったわけではなく、運営から毎日配信されているドリルは解きました。
基本的な問題なんですが、それをやることで、良いアウトプットの機会にもなるし、新出用語や忘れていた概念などは、良い復習の機会になります。
つまり、やることなすこと全て自分の成長にしかならない状態って、自分自身の気持ちの持ちようでいくらでも作り出せるんだなって、思います。
明日も1日中予定が入っており、いつプログラミングができるのか正直わかりません。
できるとしたら早朝か夜しかないです。
早朝は苦手なので、必然的に夜やることになりますかね。
とはいえ、プログラミングを最優先にしたことによって積み上がったタスクも無限にある状態で、これも他人に迷惑をかける前に片付けなくてはなりません。
「それならなんで先にタスクをやらずにブログなんか書いてんの?」
と思われる方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれません。
その答えは、ブログが無いと思考が発散できないからです。
自分にとっては、最初に言った「できたことにフォーカスを当てて喜ぶ」ことって、振り返りの中で発生するのです。
その絶好の機会が、このブログなわけですね。
これがタスク優先になると、思考は発散の機会を失い、目の前のタスクをただ馬車馬のようにこなす、幸福とはかけ離れた人間が出来上がります。
実際、サラリーマンとして働いていると自分はどうもそのような感じに陥ってしまい、そもそもサラリーマンという働き方が向いていないんじゃないか、という結論に至り、プログラミングに泣きついた、という側面もあります。
だから、自分の仕事も、生活も、環境も、自分で決められるようになりたいと思っています。
もちろん、そのような自由にはそれ相応の責任が伴います。
自分にとっては、安定した収入があることよりも、馬車馬のように目の前のタスクをこなす状態であることの方が、とてもストレスが大きいのです。
だから、「自分にできる範囲」というものをしっかりわきまえて、身の丈にあった人生を送っていきたいと、思うようになりました。
毎日、1つでも、新たにできるようになったことがあったら、全力で自分自身を褒めてあげてください。
それがきっと、明日の自分自身のエネルギーになるし、他人にも優しくできる原動力になるかもしれません。
話は変わり、週一体重報告のお時間です。
1/31時点の体重は、78.6kgでした。
本当は1月で76kgまで落とす予定だったのですが、あえなく失敗。
でも、一時期80kgまでリバウンドしてしまった体重を78.6kgまで戻せたのは良かったです。
2月も引き続き、減量に努めます。
1月は運動中に腰をやってしまったので、しばらくは激しい運動を控えていたのですが、腰の状態も少しずつ安定してきたので、また少しずつ運動も再開していきたいと思います。
最初の話題に比べて体重の話が淡白な感じに終わってしまってすみません!
引き続き、生暖かい目でお見守りください。
今年の最後には、脳的にはひとまわり大きく、体的にはひとまわり小さくなった自分で在れるよう、今後も頑張っていきます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
     

コメントを残す

*