【20200210】「自分の力で働く」ということ(TECH::EXPERT 22日目)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
こんばんは。
なかなか山を越えられずギリギリまで粘って、23時に家について、ご飯を食べたらこんな時間になってしまいました。
気にせず更新します。
まずは今日の目標を振り返ります。
今日は、応用カリキュラムの山場、フロントビューの作成でした。
簡単に申し上げますと、みなさんが普段目にするWEBサイトで、実際にみなさんが目にするページのレイアウト設計のようなものです。
家の新築工事に例えると、設計図を元に骨組みを組むまでの作業、といったところでしょうか。
ああいうページって、ぱっと見結構簡単に作れそうな気がしますよね。
でも実は、結構骨の折れる作業なんだってこと、実際にやってみてひしひしと感じています。
狙った場所に狙ったコンテンツを表示させるだけでも一苦労です。
その上、あるコンテンツの中に別のコンテンツを入れ込んだり、コンテンツに新たな機能を搭載したり、できることが無限にある分、覚えるなんてことはできず、自分で調べて解決する力がどれだけ大事なのかが、最近わかってきました。
今はまだスクールに通っているという利点を生かして、わからないところや行き詰まってしまったところはメンターさんに質問できますが、卒業して自分の力で案件をこなさなきゃいけなくなったら、どれだけ自走できるかというのは、フリーランスとして働けるかどうかの大きな分かれ目になりそうです。
企業に入るというのは、それだけで責任の一部を法人が肩代わりするようなものなので、生活は安定しますよね。
だけどもう、自分自身はそれではやっていけないことが、ここまでのサラリーマン生活でわかったので、最終的にはやはりフリーで働くスタイルというのを目指しています。
包み隠さず言えば、現在、キャッシュフローとして、固定支出が約10万円あります。
うち約半分が家賃や水道光熱費で、もう半分は積立投資としての支出です。
会社を辞めてから確定拠出年金の支払月額を増額したので、金銭的にはかなりの背水の陣を敷くことになります。
なんとか5~6月くらいまでは無収入でもやっていけると思いますが、卒業後は本気で働かないといけませんね。
今、こうしてのびのび勉強できている環境は、決して当たり前なわけではなく、これからはどんな環境でも自分で育つことができるようにしなければなあ、と思います。
幸い、フロントビュー作成の山場は今日で越えたので、明日はリファクタリング(コードをきれいに書き直す作業)をして、早い段階で、完成したコードをメンターさんに見てもらおうと思います。
そしてそれが終われば、火曜日時点で進捗は100%。
周りはもっと先を言っている人も多いので、満足せず、早めに進捗できるように今後も頑張りたいと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
     

コメントを残す

*