【20200213】テストは別言語のように感じる(TECH::EXPERT 25日目)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
こんばんは。
今日は、昨日踏みとどまってしまった分、勢いよく行こうと思っていました。
そんな今朝の目標です。

大きな落とし穴がありました。

なんと、カリキュラム上、前に作ったアプリケーションを使うことになっていたのです…
そんなことは露知らず、デリートしてしまっていた…
ということで、基礎カリキュラムに戻ってもう一度該当アプリケーションを作りました!!!!
いや〜、正直最初10秒くらい固まりました。笑
とにかく急いでアプリケーションを作り直しました。
最初は概念を理解しながら3日くらいかかっていた工程を、1時間半くらいでババっと作り上げました。
こういう時、Ruby on Railsの凄さを感じますね。
フレームワークがあるって、すごいことだなあと思いました。
そして少しずつでも、内容を理解しているからこそ、1時間半で作り直せたんだなと思いました。
そんなこんなでテストの単元に入ったわけなのですが、これがまた新概念続出でテンテコ舞いです。
使っている言語は確かにRubyなのに、Rubyを打っている感覚があまりないのです…
テストはテストで、別枠として捉えて覚えるしかなさそうです。
思わぬハプニングもあり、結局、進捗達成度は102%でフィニッシュ。
テストはあと1単元で終わるところまで、なんとか来ました。(理解したとは言っていない)
明日はハプニングが起こらないと良いな…
でも、ハプニングも勉強になるから起こっても良いな…
明日も頑張ります!!!
今日も1日お疲れさまでした。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
     

コメントを残す

*