【20200427】静けさの中にある本当の自分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今日も日記を書いていきたいと思います。書きたいことを思いついたままに書いているので、構成などがばらばらしていて見辛い部分もあるとは思いますが、ご容赦ください。

本日の「論語と算盤」朗読

今日は終日雨でした。雨のため、録音の音声にも、うっすら雨の音が入っているところがあります。

録音している間は、雨は降ったり止んだりで、たまに鳥の鳴き声なんかも聞こえました。

読んだところの感想

今日から新たに「立志と学問」という章に入りました。読んだところは「精神老衰の予防法」というセクションです。

最も印象的なところは、「青年が大事だと言われているけれども、老年もまた、大切である」というところです。来年、とうとう30歳を迎え、もう決して若くない年齢になりましたが、いつまでも自分自身のことで苦心もしていられないなと、改めて思いました。

早く一人立ちして、作り上げたものをこれからの世代に還元していきたいのに、自分自身でさえも、満足にしてあげられない今があります。

でも、これにもいろいろな考え方があって、早いうちに安泰してしまうと、その後に燃えるエネルギーの質が悪くなる可能性がある、と考えることもできます。

今はコロナも手伝って、世の中の常識から少し離れて、山籠りでもしたつもりになりながら、ゆっくり本を読んだりする時間を少しでも作りたいなと思います。

現代語訳版、読みやすいのでぜひ読んでみてください。

記事をひたすら書いていく日々

今日も「経費の教科書」に記事を寄稿しました。検収などの作業を経て、アップロードは数日先になると思われます。

それから、新しいライティング関係の案件も受注しました。今度は投資関係のサイトへの寄稿案件ですが、詳しいテーマは明日届きます。

どんなことを書くことになるのか楽しみな反面、自分自身も、このブログを使ってもっともっと多くのことを発信していきたいという思いが芽生えてきました。

オンラインから逃げるには

インターネットは、通信を急速に便利にし、生活に根づきました。もちろん喜ばしい部分が大半なのですが、その弊害として、私たちは「1人でいること」が難しくなったように思います。

物理的には1人になることはあれど、精神的にずっと繋がっている感覚を辛く感じる人も、中にはいるかもしれません。

いろいろな人がデジタルデトックスなどの「オンラインから逃げる方法」を探っていますが、なぜこういうことをしなくてはいけなくなってしまったのか、ということは、一考の余地があると思います。

個人的にやっていること

今やっている作業の影響で、常にパソコンやスマホを使用する環境にありますが、基本的にメール、LINEやSlackなどの連絡ツールの通知はOFFにしています。

ただし、これだと重要な連絡に気づけない場合があるので、昼・夕方・夜にチェックする時間を設けています。人間の集中力の性質からみても有効な手段だと思ったので、このようにしています。

多録企画もぼちぼち進めています

先日の下記の記事で宣言した「アカペラ多重録音企画」も、今日から着手しました。

ちょっとずつですが、良い動画が作れるように準備していきます。

今日は久々にボイスパーカッションを録音しました。やっていて思い出したのですが、私は口に大変に唾が溜まりやすい人間でして、ボイスパーカッションを一曲通してやることができないんですね。

ゆっくりな曲なら唾を飲み込むタイミングがあるのですが、今回取り組んでいる曲は速い曲なので、4〜8小節ごとに録音を中断せざるを得ませんでした。笑

ボイスパーカッションが本職の方は、唾が溜まったりするような悩みってないんですかね?もし対策とかあったら教えて欲しいです。

瞑想を始めて1年

瞑想を始めたのが具体的にいつのことなのかあまり覚えてはいないのですが、少なくとも1年は経ったのかな、と思います。

瞑想をすることによる効果は、正直今の時点でもよくはわかっていないし、瞑想中も雑念湧きまくり状態は相変わらずなのですが、ここ最近は、瞑想の時間を一気に一日30分〜45分程度まで増やしました。

朝・昼・晩の3回

一気にこの時間瞑想するわけではなくて、1日最低3回、10〜15分程度の瞑想をすることにしています。

これによって何が変わるのかは、おそらく数年後の自分が身をもって証明してくれるでしょう…笑

自分の見直しが終わったら、すぐ行動

もしかしたら瞑想の時間は、「自分の見直し」をするための時間として、役に立っているのかもしれません。というのも、4月前半の落ち込んでいる期間中、瞑想をする気力もないほどに落ち込んでいたもので、この時は常に自分自身の中で思考回路がぐるんぐるんしてしまって、結局何の答えも出ないような日々を過ごしていました。

今もその痕跡はたまに出てしまう(治したはずの悪癖が再発してしまった等)のですが、また少しずつ時間をかけて治していこうと思います。おそらくストレス性のものなので、しっかり瞑想して、目の前の課題をしっかりこなしていけば、また治ります。とにかく今はやるべきこと、やりたいことが明確になったので、動いていくしかありません。

悩んだ時に答えを持っているのは、自分だ

おそらく多くの人が、同じような悩みを抱えていると思います。瞑想をすることで、楽になれる人もいるかもしれません。

でも、私と同じように、瞑想をすることさえできないくらいの無気力になってしまう人もいるはず。そういった人は、私のTwitterにDMをください。何もしてあげられないかもしれないけど、話を聞くことくらいならできます。その中で、自分自身で答えを見つけることができるかもしれないです。

忘れてはいけないのは、「最終的な答えを持っているのは、いつだって自分自身だ」ということです。

誰かが与えてくれた答えに沿って進んでいくのは、楽かもしれないけど、どこかで必ず違和感が生じます。それは、自分自身が決めたことではないからです。

ゆっくりでも良いから、一緒に、答えを見つけていきましょう。

明日もまた、更新します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
     

コメントを残す

*