【20200507】比べるなら他人ではなく過去の自分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ここ最近、何だかとても慌ただしい毎日を送っております。でも、その中でも、やらなければならないことばかりに追われているわけではなくて、きちんとやりたいことのために使う時間も最低限確保できるようになったのは、自分自身が少しだけ成長している証だと思います(そうでなくても、そう思うことにします)。

早速、今日も振り返っていきます。

朝にやったこと

  • 瞑想 6分
  • 腹筋 126回
  • スクワット 130回
  • バーピー 20秒×4回
  • ランニング 2km

昨日、深夜まで頑張りすぎてしまったので、今日はスロースターターでした。だんだん、また運動が習慣化してきたので、あまり「やるぞ」と意気込まなくても、毎日のルーティーンとしてこなせるようになってきました。

バーピーも、昨日まで3セットでしたが、徐々に3セットで心拍数が前ほど上がらなくなってきた感じがしたので、今日から4セットにしました。そしたら辛すぎて息が絶え絶えになったので、しばらくは4セットでいこうと思います。

昼にやったこと

  • リモートアカペラ Googleフォーム作成 1時間
  • 瞑想 13分
  • 読書 30分
  • 社労士学習 15分

コロナが映し出したリモートアカペラの可能性

ふと、「リモートアカペラって、今後のアカペラの1つのスタンダードになるのではないか」と思い、その輪を少しでも広げたくなって、相互協力型の企画を立ち上げました。

正直、「何の反応もなかったらどうしよう」という不安はありましたが、それ以上に、「今困っていたり、満足にアカペラができていない誰かの力になりたい」という気持ちを優先して、企画しました。

ありがたいことに、日記執筆時点で3,000名弱の方がツイートを見てくださり、そのうち128人の方がリンクから応募画面に飛んでくださり、うち8名が参加表明をしてくれています。

参加者には明日、個別にご連絡をさせて頂いた上で、全員が参加できるLINEのオープンチャット等を使用しようかな、と思っているところです。今回は「相互協力」に重きを置き、効率よりも効果を重視した企画にしたいと思っています。

参加はいつでも受け付けておりますので、お気軽に参加してください。といっても、なかなか気が進まない方も多くいらっしゃると思うので、まずは参加表明をしてくださった方達と早く動画作品を作れるように、動いていきたいと思います。

アカペラは、私自身に多くの人との出会いをもたらしてくれました。そして、多種多様の価値観を見せてくれました。これからは、自分自身も少しでもアカペラに貢献していけるよう、自分にできることからでも少しずつ、やっていこうと思います。

「自分にできること」にフォーカスする

恥ずかしながら、正直、周りには優秀な人が多くて、「自分にできることなんて、あるのだろうか」と自己否定する日々が続いていました。こういう思いをしている人って、もしかしたら自分だけじゃないのかも、と思いました。アカペラを楽しむのに尻込みしてたら損しかしないとわかっていても、うまく踏み出せない自分がいました。これについては今もそうかもしれないです。笑

「今できることをやること」って、誰にでもできることだなあ、と思いました。だから、今自分にできることをやる。本当単純ですけど、今まではそれができませんでした。

自分の想いに嘘をつくのは違う。そう思って、少し頑張ってフォームを作りました。

この記事を読んでくださったあなたも、もしかしたら同じ気持ちを味わっているかもしれません。リモートアカペラを経験することで、その気持ちを一緒に取っ払っていきませんか。

夜にやったこと

  • テックキャンプミーティング 1時間
  • 技術ブログ記事作成 1時間
  • suisaiミーティング 1時間30分
  • 夜間ウォーキング 45分
  • nana 15分

劣等感に負けるな

今日は木曜日、テックキャンプのフリーランスコースの定例ミーティングでした。

ここでも周りの人たちの努力量に圧倒され、いつも自信を無くしてしまうのですが、こういう風に思ってしまう原因が間違いなく自分自身にあるのは、わかっています。だって、アカペラでもプログラミングでも同じ気持ちを味わっているということは、偶然ではないと思いますから。

今まで自分は、人と比べることでしか自分自身を承認して来れなかったんだと思います。人と比べることに意味なんてないのに、どうしてもそれをやってしまう自分がいる。そして、そんな自分に気付き、また落ち込む。

結局、自分が悩んでいることって、自分が影響できる範囲の外のことに勝手に落ち込んでいることなんだなと、今になってようやく気づいたような気がしています。

オンラインの強みを生かす

ミーティング後のもくもく会で技術系のブログを1つ更新し、その後はsuisaiでオンライン練習でした。

「直接会えなくても、練習ができる。」

この事実によって、回数を重ねるごとに、徐々に日常に溶けていく感覚が生まれてきています。

特にsuisaiは、平時でも1人が地理的に遠くにいる状態なので、全員が擬似的に同じ空間で話し合うことができる環境が、ちょうどよくマッチしたのかもしれません。

リモートでのアカペラ練習にしかできないことも、徐々に見えてきました。今後も色々と探りながら、自分にできることを探し、増やしていこうと思います。

夜間ウォーキングをしたわけ

今日は「夜間ウォーキング」とありますが、これは自発的にやったものではありません。

実は、あるオンラインサロンに加入しているのですが、「みんなで夜に歩こう」という企画があり、それに参加した形となります。

その方によると、コロナによって外出自粛となっているが、夜中は日常の風景と変わらないだろう、ということで、マスクをしてみんなで散歩をする、というものでした。

こんなこともあり、今日は夜が予定詰め詰めだったので、「論語と算盤」朗読はお休みしました。少しずつ動画を聴いてくださる方が増えてきて嬉しい限りです。

せっかくなので、最初からまとめて聴いてみてください。良い睡眠導入になるかもです。笑

良い文章に触れると、心がニュートラルな状態になるものです。感銘を受けた本って、自分自身が自分自身であることを気付かせてくれる本だと思います。自分にとってこの「論語と算盤」は、心をニュートラルにしてくれる本のうちの1つです。

今日は筆が走り、3,000字近く書いてしまいました。明日はライティング案件と合わせて10,000字くらい書くことになりそうかもですが、いくら文字を書いても書くことが尽きないのは、きっと、自分が話し下手だからかもしれないです。

また明日、良い日にできるように各々頑張りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
     

コメントを残す

*