【20200720】先の見えない反復横飛び

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

昨日に続いて、今日も福島は晴天。

鰯雲(いわしぐも)みたいな感じの空。

数日前まで肌寒いくらいだったのに、もう、すっかり夏を感じる暑さになってきた。

特に福島の夏は、東北の中でも湿度が高く、まとわりつくような暑さが特徴的。

勉強も、少しずつ進んできている。これまでの社労士試験は、圧倒的に問題演習が足りなかったので、じっくり時間が取れる今回は、とにかく学んだ後にすぐに過去問で出題論点などを演習からつかむ方式でやってみている。

学生時代とは異なり、周りに成績を競うライバルがいない孤独な戦いだけど、日商簿記やファイナンシャルプランナーの資格を取った時も同じような形だったので、あまり不安は感じてはいない。

とはいえ、毎日ひたすら「テキストを確認して問題演習して…」の繰り返しだと、自分自身が前に進んでいるのか、ということに対して不安に思うことはある。

日商簿記は特に、知識がつくことで直接的に解けるようになる問題が多く、そう言った意味では、応用の汎用性が高い試験であったのだが、社労士試験は、法律についていかに多くの知識を具備しているかどうかがものを言うので、前に進んでいる感覚というのはあまり感じにくい。だから、「ひたすら先の見えない反復横飛びをやっているような感覚で勉強している」、というのが正直なところだ。

ゴールは見えなくても、いつか終わりはくる。自由に勉強ができることの幸せを、今更感じているが、これからもそれは忘れずに、自由に好きなことを勉強したり学んだりできる時間は、いつまでも取っていきたいと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
     

コメントを残す

*