山あり谷あり、それだから面白い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。
ちょっと更新期間が空いてしましました。
ここ数日の間で福島に帰ったりしてました。
岩手でできた知り合いと飲んだりもしてました。
初めて岩手に住み始めた時のことをふと思い出しているので、書き連ねてみようと思います。
もともと大学生と社会人1年目までずっと実家暮らしだったせいもあり、家を出て生活(1人暮らし)をすることに多かれ少なかれ不安を持っていました。
大の大人(しかも男)がみっともないと思います、今思えば。
そんな小さなことだって怖がっていました。
思えば2015年は、いろいろなことが試練でした。
今まで経験したことのない環境の中で、今まで経験したことのないような厳しい仕事をする。
精神的にも参ってしまい、プラスのことを考えられなくなってしまった時期もありました。
ちょうど2015年の夏くらいの出来事です。
無意識のうちに「うつ病」について調べていたり、無意味に夜更かししていたりしていました。
きっと自分の中では社会人になって迎える最初の壁でした。
本当に、何度も逃げようと思いました。
やめてやろうと思いました。
やめたら負けです。
そんなことはとうにわかっていました。
いろんなことがうまくいかなくて、好きとか嫌いとかじゃなくそれを通り越して、感情が失われかけていました。
いつだろう、立ち直り始めたのは。
ひとりも知り合いがいなくて、もともとフレンドリーなタイプでもないので、やっぱり自分のキャラというか、自分自身をさらけ出すのには抵抗があったし、それが結果的に近寄りがたい雰囲気を作り出してしまっていたんじゃないかな、と思います。
いろんな人に気を遣わせてしまっていたんだなあ、と反省しています。
けど、それがあったからこそ、今があるのかもしれないですね。
周りの人たちとも打ち解けてきて、ようやく自分の中でも正のサイクルが回り始めてきたと思ったら、もう1年が経ってしまいました。
1年は早すぎる。
いろんなことを経験させてもらったし、たくさんの出会いがありました。
大学生の時に、価値観の合う友達は何人かできたけど、まさか社会人になってもそういう人ができるとは思ってませんでした。
まだまだ見ている世界が狭いなあ、と感じた1年でした。
動かなきゃ、と思った1年でした。
自分に自信がないからこそ、動かなきゃいけないんだと思います。
苦労は友達です。
きっとこの言葉の本当の意味を理解してくれる人は少ないと思います。
だけど、それでいいです。
この言葉自体の意味は多様化して然るべきです。
だから面白いんです。
大学時代に好きな人はたくさんできました。
社会人になっても、好きな人はできつづけるんだな、と思って、ホッとしている自分がいます。
これからも、いろんな出会いの中で、好きな人がたくさんできていったら幸せだな、と思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
     

コメントを残す

*