「国民健康保険・社会保険」と「任意継続」??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんは。
福島に戻ってきて2日目の夜を迎えております。
今日は1日、手続き関連を進めておりました。
社会人になって1年目、企業の社会保険に加入した当初は考えてもいなかった、保険のお話です。
3月で今の仕事には終止符を打ったわけですが、有休消化の事情もあり、一応退職日は4月末となっております。
だから今は働いていないけれど、有休消化中なので、まだ退職はしてないんです。
今日は会社に保険証を返しに行ったんですけど、退職日までは社会保険の対象みたいですね。
当たり前か。
それでその後市役所に「国民健康保険」の加入手続きに行ったわけなんですが、退職日の関係もあり、現在の状態では入会はできない、ということでした。
入会できるのは、4月末の退職日以降。
日本を飛び立つのは16日。
…完全にオワタ(笑)
そう、「国民健康保険」が取得できる頃には、すでに国外逃亡をしているのです!!笑
幸いにも家族が近くにいるため、代わりに申請をしてもらうことが可能なようですので、代わりに健康保険証を作ってもらおうと思います…。
何から何まで世話になっております…m(_ _)m
自分は国外逃亡を図るためあまり考えていないのですが、実は退職後でも社会保険の「任意継続」というのができるらしいです。
市役所の保険に詳しい方に教えていただいたんですが、国内で働き続けるが社保加入適用外の場合、「任意継続」の手続きを取った方が保険料が安くなるパターンがあるらしいです。
通常、国民健康保険の保険料のほとんどは、「前年1〜12月」の所得を基に算出されます。
これに対し、社会保険を任意継続した場合の保険料は、退職前に天引きされていた保険料の約2倍(もともと社会保険は企業が保険料の半分を支払ってくれています)となります。
そして、最も重要なのは、支払う保険料には上限があること。
月給28万円を超える方は、28万円の時の保険料でいいそうです。
詳しく知りたい方は、全国健康保険協会のHP(参考URL→https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g6/cat650/r321)あたりを参照してみてください。
自分は今度から1年間(の予定)海外で暮らすので、日本での今年の5月以降の所得はゼロとなります。
だから国民健康保険に加入した方が安くなると思ったので、自分は国民健康保険に素直に入ることにしました。
月々の電話代とかと同じように、固定費である保険料も見直すことで安くできる場合があるかもしれませんね。
収入と同じくらい、支出の管理は大事だと感じた1日でした。
明日も免許の書き換えとか銀行口座の整理とか、事務的な手続きをこなしていこうと思います。
なんだかんだあと10日しかないので、そろそろ荷造りもスタートさせていきたいと思います…。
ではでは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
     

コメントを残す

*