【WH】Part3 プライドを捨てたら少し楽になった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
こっちに来て、早3日が経ちました。
たった3日ですが、自分の中のいろんな感情と葛藤した3日間でした。
決して穏やかな3日間ではなかったです。
それは過去の日記を見ていただければわかると思います。
知らず知らずの間に、自分に足りないものを探していましたが、どうやら逆でした。
必要ないものまで海外に持ってきてしまっていたようです。
それが「プライド」でした。
小さい頃から負けず嫌いで、自分より優れた人がいると落ち込んだり、気持ちが安定しなかったりしていました。
そのため、本来の目的を見失ってしまうこともしばしばあり、ひどい時は周りに流されることもありました。
でも、もう25歳。一端の大人になっている以上、そんなんではもちろんダメです。
いつまでも背比べゲームしているわけにはいかないことに、3日目でようやく気付くことができました。
一緒に海外に来た人たちの中で最も英語ができなかったんです。
もちろん、準備もろくにしてないし、当たり前の結果です。
それが受け入れられなくて、本気で家に帰りたい、ようは尻尾を巻いて逃げることしか考えていなかった。
それが昨日までの自分です。
今日、語学学校の見学に行きました。
予算の都合上、2ヶ月程度しか通うことができない模様ですが、行けるところまで行きたいと思います。
目標は特別高いわけではありません。
・限られた8週間で、日常会話を滞りなくできるようにすること
・日本と同じように看板や案内などが読めるようになること
これだけに的を絞って頑張りたいと思います。
最初は右も左もわからなかったゴールドコーストの街ですが、少しずつ周りも見えてきて、なんとかやっていける気がしてきました。
とにかくまずは英語のスキルアップに集中したいと思います。
〜おまけ〜
・ゴールドコーストの海
・砂浜にいた鳥さん
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
     

コメントを残す

*