【WH】5/5 "働く"を考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
こんばんは。
学校から帰ってきて、気がついたら寝てました。
晩御飯食べてシャワー浴びて、これ書いてます。
生活的にはそこまでハードスケジュールをこなしているわけではないんですが、精神的な疲労があったのでしょうか…。
やっとこちらでの生活も落ち着いてきて、少し気持ちが安心したのかもしれないです。
ちょっと早いかもしれないけど、日本に戻ったあとの働き方について考えたりするわけです。
Twitterの恋愛相談で有名なDJあおいさんが、以下のような記事を書いていました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
『正社員やめたらもう戻れないよ、落ちるのは早いよ、日本の社会は転職だめってのがまだ根本にあるよ』
まぁ正論かもしれませんね
でもそれはあくまでもレールから外れたことがない人の意見
レール上で語られている『レールの上サイコー!』という洗脳素材なんですよね
レールから外れた人間はクズであってほしいという希望、そうでなければレールの上で生きている自分がいたたまれないのでしょう(以下略)
(引用元:『DJあおいのお手をはいしゃく』→http://djaoi.blog.jp/archives/59473655.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
いろんな考え方があると思います。
植松電機の植松努さんも同じようなことを言っていました。
「夢を叶えようとするのを阻む人は、やったことのない人か、自分の夢を阻まれてしまった人だ」という風に言っています。
周りの目や意見を気にしがちな日本人特有の心理状態なのでしょうか。
アメリカなどでは、こう言った懸念、とりわけ自分の挑戦に対する不安や周りを気にすることに対して「Who Cares?」という言葉で返す文化のようです。
この言葉については、バイリンガールのちかさんがYouTubeで説明してくれています。
よかったらぜひ1度見てみてください。
日本に戻ったら、行動を起こしたいと思っています。
働くみんなが笑顔の組織、そして周りを巻き込んでいける組織。
そんな組織ができたらいいです。
現在は、自分が日本社会に対して一体どんな形で貢献できるのか模索中です。
今の自分の力では、とても歯車になれないので、せめて英語だけでもちゃんと使えるようにして、帰国したいです。
その他にも、自分のできるあらゆる方法を使って学んでいます。
半年かければ、ドラッカーも理解できるはず。
今は自分に残された最後の猶予期間です。
ブログ書いてるうちに、日本に帰るのが楽しみになりました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
     

コメントを残す

*