【WH】5/18 英語を学ぶ目的

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
今日も晴れ。
やっぱりゴールドコーストのお天気はいいですね〜。
晴ればかりです。
晴れはいいんですが、ちょっと雨が恋しくなります。
今日のサーファーズビーチはこんな感じ。
澄みわたる青空と照りつける太陽。
いつも現地時間の8:30くらいに撮ってます。
今日は、自分が英語を学ぶ目的について、考え直してみようと思います。
そもそも、英語を学ぶためにオーストラリアにきたわけではありませんが、来たからには、英語環境だし、少しでも英語を身につけてやろうと思ったわけです。
1ヶ月こっちで生活しましたが、伸びている実感はあまりありません。
というか、英語を学ぶモチベーション自体が、来た時に比べて低下していることに気づきました。
なんでかって、目的がなかったからです。
目的や目標がなければ努力できないですよね。
マラソンランナーも、42.195kmという長さが決まってるから頑張れると思うんですけど、ゴールがどこにあるか決まってなかったら、きっとやってられないと思います。
自分も一緒だなあ、と思い、英語を学ぶ目的を定めようと思いました。
自分にとって、英語はどうしても「ツール」でしかないです。
英語自体が好き、というわけではないし、むしろ日本語や漢字の方が好きです。
ただ、世界共通語と言われるくらいですから、それくらい重要なコミュニケーションツールであることに変わりありません。
それを考えたときに、もっとも自分が意欲的に取り組める”英語”は何かを考えました。
それが「実用英語」です。
簡単にいうと、資格になる英語です。
頑張れば頑張っただけ、資格として帰ってくるので、これならモチベーションが続くのでは、と思いました。
そこで、6月26日に「観光英語検定 2級」を受けることにしました。
「観光英語検定」のホームページ → http://kanko.zgb.gr.jp/
その名の通り、「観光」に関する英語が中心の試験です。
なぜ観光を選んだのか。
それはもちろん、2020年を見据えてです。
実際に役に立つかどうかはわかりませんが、2020年にたくさんの外国人が日本に来たときに、きっと役に立つ資格だと思います。
今回はちょっとハードルを上げて2級にチャレンジしてみようと思いました。
今まで漢字検定やそろばんの資格にチャレンジしてきましたが、おそらくあまり実用的ではありません。
実用的な資格を取ることで、モチベーションにつなげようと思いました。
なんとしてもこの空白の期間をモノにしたいと思います。
ワーキングホリデーに対する悪いイメージを払拭できるぐらい、結果を出したいと思います。
ではでは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
     

コメントを残す

*