【WH】5/22 保険について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
こんにちは。
今日は、ワーホリでオーストラリアに来るにあたっていろいろ考えた、日本の保険制度についてお話してみたいと思います。
社会人として仕事を始めるまで、自分は「国民健康保険」に加入していました。
ここで、社会保険について簡単に説明したいと思います。
まず、日本国民であれば誰でも加入しなければいけない社会保険ですが、主に就いている職業によって、いくつかの種類に分かれます。
以下は各種健康保険についての簡単な説明です。
①国民健康保険
 これは、自営業など、自分で商売を営んでいる場合や、企業で働く際に健康保険の適用外の労働時間である場合などに加入する保険です。保険料は所得に応じて変わり、全額自己負担です。
②健康保険
 会社勤めなどをしている場合は、こちらの保険です。こちらも所得に応じて保険料は変わりますが、半額は会社負担となるため、国民健康保険よりも保険料が少ない場合が多いと思います。
③共済保険
公務員が加入するのがこの保険です。一般的に、①・②よりも保険料は安いと言われています。
ただ、失業保険はないみたいです。
このように、いろんな保険の種類があるのですが、自分は今年の3月まで会社に勤めていたので、②の健康保険でした。
5月からはオーストラリアにいるため、日本では国民健康保険に変わります。
親が会社勤めなどであれば健康保険の扶養に入ることもできたでしょうが、親は自営業を営んでいます。
国民健康保険には、「扶養」の概念がありません。
なので、国民健康保険加入者は、有無を言わさず保険料を払わなくてはなりません。
今の所7月に帰る予定なんですが、新しい仕事が見つかるまで、収入無しとなります。
その場合に利用できる保険ももちろんあります。
失業保険。
そう、職を失った場合でもちゃんと保険があります。
ただ、何もしなければもちろん保険金はおりません。
ハローワークに「求職中」であることの意思表示をすることが必須条件となるようです。
自分も帰ってから申請してみようと思うんですが、前の職場は自己都合退職のため、3ヶ月と7日間は支給されません。
しかしながら、支給猶予期間に新しい仕事が見つかった場合でも、再就職祝い金として、本来の支給額の60%は支給されるみたいです。
計算してみると、結構な金額になる場合があるので、いつ起こるかわからない時のために、いろいろ調べておくといいかもしれませんね。
明日、いよいよ観光英語検定のテキストなどが届く予定です。
1か月、頑張るかー。
ではでは。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
     

コメントを残す

*