社会保障って無駄なく使われてる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
こんばんは。
うちの家族はみんな政治に興味があります。
なので、食卓を囲みながら今回の参院選について毎日のように議論があります。
議論とは言っても家族でするものなので、レベルはたかが知れていますが、それでも非常に有意義な時間だと思っています。
今日は国の借金の話になったんですが、財政歳出を見ると、1番多いのが「社会保障関連費」です。
公務員の給与削減の話が結構あります。
これは国民からすれば支持を得やすいものですが、公務員の給与は歳出全体の6〜7%だそうです。
対して社会保障関連費は30%を超えます。
最近は少子高齢化が騒がれているので、どうしても社会保障関連費が増加傾向にあるのは仕方のないことだと思います。
でも、個人的にはそこで終わってほしくない気もします。
そのお金がどういう使われ方をしているのか、もっと知る必要があると思いました。
組織によっては、保証金を本来の目的ではない方向で利用することがあるそうです。
まさに、舛添さんに代表される「政治とカネ」の問題が、もっと身近なレベルで起きていることも容易に予想できます。
どうやったら国の借金は減るんでしょうね??
歳入を増やすのか、歳出を減らすのか…
皆さんは国の借金について、どうお考えですか?
今回は憲法改正などが争点とされていますが、長らく日本の問題となっている、今回挙げたような赤字国債を中心とした借金の問題をはじめ、考えるべきことがたくさんあると思います。
その上で比例区の支持政党を決めるのは、考え出したらキリがないくらい大変なことだと思います。
もう時間がありませんが、個々人でできる限りの範囲で、投票に行くことができれば、それでいいと思います。
ではでは。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
     

コメントを残す

*