【nana】携帯アプリ「nana」で使うマイクをいろいろ試してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
もうそろそろ7月も終わりに近づいてきましたね。
最近は少しずつ夜型の生活に戻ってきてしまいまして、気がつけばもうこんな時間です…
今日はnanaで昔懐かしい「ギルド(BUMP OF CHICKEN)」を歌ってみました。
http://nana-music.com/sounds/01a558ea/
nanaに歌を投稿するにあたって、手持ちの他のマイクでも歌えるように、TASCAMの「iXZ」というオーディオインターフェースを買ったんですね。
これはiPhoneとかiPadとかの端末と手持ちのマイクを仲介する機械で、これを挟むことによって手持ちのマイクでもnanaが楽しめるようになります。
携帯のマイクやイヤホンマイクとは違った音で録音ができるので、結構楽しいと思いますよ。
で、今回は手持ちのコンデンサーマイクやダイナミックマイク数個をいろいろ試してみたんです。
IMG_5465.JPG
↑これが手持ちのコンデンサーマイク。2年くらい使っています。
このマイクで声を録ると、とても鮮明に録ることができるんですが、音が割れやすかったりするので、さらにマイクアンプをかませると安定するかなあ、という印象です。
続いてダイナミックマイクを試してみました。
スクリーンショット 2016-07-27 18.09.23.png
↑これがうちにあるダイナミックマイクです。1番最初に買った左の安いマイクはもう7年くらい経ってます。
こちらはコンデンサーマイクとは違い、よく言えば温かみのある、悪く言えばこもりがちな音になります。
ライブなどでもよく使われているので、一般的にマイクと言われて連想する形をしていると思うんですが、こちらはコンデンサーマイクに比べて音割れがしにくい印象がありました。
そもそものマイクの録音の仕方が違うからなのかもしれませんが、そういう違いがあるのは今まで気づきませんでした。
どちらも試してみたんですが、いまいち自分の納得いく音にはならず。
結局、今まで使っていた、ZOOMの「iQ7」に戻ってしまいました。
やっぱり一番安定感のある音で録音できるのがこのマイクでした。
自分の歌った声を聞いた時に、一番耳にしっかり入ってきたのがこのマイクでした。
以前に、マイクやヘッドホンなどについて書いた記事があるので、そのURLを貼っておきます。
よろしければ参考にしてみてください。
「録音機材について」→http://drash-blog.seesaa.net/article/438989274.html?1469611216
「マイクについて」→http://drash-blog.seesaa.net/article/439137411.html?1469611133
最近はKing of Tiny Roomで取り扱うアカペラ楽譜の数も増えてきました。
今までアップロードしていなかった楽譜も少しずつあげています。
URLはこちら→http://www.dlmarket.jp/manufacture/index.php?consignors_id=14602
7/27時点で59個にまで商品が増えました。
中には初心者の方のために音源セットで販売しているものもあります。
今日も2名の方が楽譜を買ってくれました。
自分たちの作った楽譜がこんな風に、誰かの手元に渡っているのを感じると、とても感慨深いです。
モチベーションになります。
動画もぼちぼち作ってますので、よかったら見てみてくださいね。
販売している楽譜をもとに歌っております。
→https://www.youtube.com/channel/UC5DcY2i4hqmFOGNA06IdLyQ
これから、もう2,3曲、楽譜をアップロードしたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
     

コメントを残す

*