楽天銀行の金利がやばい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
昨今、世界的に不景気と言われていますよね。
日銀も金融緩和を続けており、特に預金金利はほぼゼロです。
利子のない当座預金レベルです。
そんな中、圧倒的とは言わないまでも、一般的な金融機関の20倍の預金金利を誇っているのが「楽天銀行」です。
2016/07/30 現在、一般的な金融機関の税引前預金金利は0.001%
これは例えば100万円を預けている時の利息が1,000,000×0.001=1,000円というふうになります。
これが楽天銀行の場合は、20倍である0.02%となるので、同じ状況で考えてみると
1,000,000×0.02=20,000円となります。
この差は大きいですよね。でもこれだけじゃ終わりません。
なんと、昨日紹介した(http://drash-blog.seesaa.net/article/440549374.html)楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行にすることによって、金利はさらに倍の0.04%に膨れ上がります。
これにより同じ状況下での利息は40,000円となり、一般的な金融機関と比べて40倍になるわけです。
(参照URL→http://www.rakuten-bank.co.jp/assets/fixeddep/savings/?l-id=top_c_160322_CO495)
一般的にネット銀行は、店舗型の銀行に比べて人件費や建物代などが節減できるので、こう言った形で利用者に還元する方式が取られているようですね。
簡単に調べてみたところ、楽天銀行以外にもネット銀行は軒並み高金利なところがありました。
それでも楽天を勧める理由は、いろんなことが楽天でできるからです。
買い物も、株や為替取引も、旅行も。
いろんなことが一本化できるのは、単純に、面倒くさくなくていいですよね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
     

コメントを残す

*