奨学金は借りるべきか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
義務教育が終了し、高校や大学に入る時に奨学金制度を使う人・使った人はたくさんいると思います。
ただ、この奨学金制度自体が結構厄介な制度だな、と思います。
学校費用の経済的な支援が目的になっていると思いますが、最終的には全額返還しなければならないお金のため、借金と何ら変わりありません。
昨今では返還義務のない、給付型の奨学金も増えていますが、まだまだ普及はしていません。
全国的に取り組む場合、今のところは財源についての議論でストップしています。
大学に行かない場合不公平が生じる、という保守的意見もありますが、大学に行くかどうかは個人が決めることだと思うのでちょっと説得力がありません。
では、奨学金は借りるべきなのか。
「奨学金」という言葉通り、学校に通うことを奨励するお金ですし、実際に奨学金の給付によって学校に通うことができている人も多数いるかと思います。
奨学金を借りることによるメリットが、学校に通えることですよね。
これは奨学金という制度がなければ成しえなかったことになるかもしれませんね。
しかしながらメリットがあればデメリットもあるわけで、全額返還型の奨学金は返すのが基本ですので、学生でありながら多額の借金(負債)を背負うことにもなるわけです。
社会人になったら少しずつ返還していかなければなりません。
まして有利子のものであれば、返還の期間が長くなればなるほど払い込む金額も多くなり、更に重い負担を強いられることになります。
国公立大学であれば、アルバイトなどを頑張れば学費分は稼ぐことはできるかもしれませんが、私立大学や専門学校など学費の高い学校になれば、なかなか学生で得られる所得で学費を賄うのは難しいことだと思います。
そういった人に奨学金は重宝されていますが、それと引き換えに社会人になってから返還債務を背負うわけですよね。
借金をしてまで大学に行くべきか、否か。
やりたいことというのは人それぞれですから、それに大学で学べることが必要かどうかを判断するのも自分自身だと思います。
正直大学はいつからでも入れるし、入り直すこともできるので、高校在学中の段階で選択を強いられるのは難しいところですが、学生自身だけでなく、周囲の人々もちゃんと真実を伝えて、一緒に考えていくことが必要なのかなあ、と感じます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
     

コメントを残す

*