決算書の見方がわかる本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
先日の池上さんの本に続き、もう一冊、家にあった本を読んでみました。
この本はタイトルの通り、会計学の入門ともいうべき「決算書」を読むための手解き本です。
特徴的なのが、それぞれの専門用語を人間の体に例えて表現して、イメージしやすくなっているところです。
資産・負債・純資産を示す”貸借対照表”が「健康診断表」と表現されていたり、収益・費用を示す”損益計算書”は「運動成績表」になってたりします。
こうした身近なモノを使って専門分野を勉強するのは、非常に有効な手段だなと思いました。
やっぱり最後の方になってくるとどうしても専門用語がそのまま出てくることもありますが、少しでも読んでいる人に理解してもらえるように、差絵が結構入ってたり、まとめのページがあったりと、様々な工夫が凝らされていました。
日商簿記3級の勉強は終わり、あとは問題演習だけになり、これから日商簿記2級の勉強に入るわけですが、その前にこの本を読んで、企業の財務諸表の概要をつかむことができたので、いくらか学習がしやすくなっていればいいなあ、と思います。
興味のある方はぜひ、読んでみてください。
株式投資家なんかも、財務諸表の解読は必要な時もあったりすると思うので、自分もすらすら読めるようになりたいなあ、と思う今日この頃…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
     

コメントを残す

*