ネット回線の速度はどれだけ必要なのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ネットとかYouTubeなどの動画などを閲覧する上で、使用可能データの容量と同じくらい(もしかしたらそれ以上に)重要なのが、
「回線速度」
ですよね。
データ容量と同じように、回線速度も価格に比例して良くなる傾向にあります。
ADSLよりも光回線の方が一般的に速い回線速度が得られますので、その分価格も上昇する傾向にあります。
光回線は、振れ幅こそあるものの、実行速度はだいたい50〜100mbpsで推移しているようです。
ただ、うちは平均10mbpsくらいです。
ピーク時になると1mbpsを下回り、現在使っている格安SIMの方が速度が速くなる時もあるくらいです。
回線だけでなく、それを運営するプロバイダにも注目してみていかなければいけませんね。
現在あるプロバイダの中で最速といわれているのが、So-netの提供する「nuro光」です。
「nuro光」公式サイト→http://www.nuro.jp/hikari/
実効速度が200mbpsを超える時もしばしばあるようで、もう何にも困らなそうな速さです。
ただ、本当にこれだけの回線速度が必要かどうかを考えると、それも一概にそうとも限らないです。
ネットも、自分の生活様式に合ったものを選んだ方がいいと思います。
例えば格安SIMを携帯電話に使っている自分のような人は、なるべく外でもWi-fiを使ってデータ通信したいです。
その場合はWiMAXを使った方が良かったりします。
回線速度こそそんなに速いわけではないですが、最低でも3~5mbps以上は出ますし、これでも動画閲覧には申し分ない早さだと思います。
YouTubeの1080pHDの画質でも、3mbpsあれば滞りなく見れるようです。
これがもし例えば、株やFXのデイトレーダーやオンラインFPS型のゲームなどだと遅延が発生する可能性があるため、WiMAXはあまりお勧めできません。
間違いなく光回線の固定ルーターを設置して、有線LANでネットに繋いだ方が良いと思います。
実際nuro光は税込でも月額5,000円代で運用できるので、料金はWiMAXと1~2,000円しか差がありません。
自分の場合は、今のところ最も回線速度を必要とする時はYouTube利用時なので、WiMAXでも十分満足できる速さだ、ということになります。
ちなみにdocomo,au,softbankの3大キャリアのLTE実効速度は、(場所にもよりますが)大体5~15mbpsくらいで推移しているようです。
これが将来的に5Gになれば、予想では実効速度でも30~50mbpsくらい出るようになるんじゃないかなあ、と踏んでおります。
しかしながら、現在の環境ほど必要なく、毎月の通信費を削減できる可能性があることを忘れないでほしいです。
便利を求めるのはいいことだと思いますが、それだけお金もかかることも多いです。
必要最低限を求めるのも、立派な節約方法だと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
     

コメントを残す

*