【20170322】動画だけで生活するには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
YouTubeのキャッチコピーで「好きなことで、生きていく」というのがありますが、これは広告代理業としての「YouTuber」という職業を当たり前にするほどの影響力がありました。
再生回数によって収益が発生するので、YouTuberは再生回数を稼ぐためのインパクトある動画を作成することが至上命題となります。
一般的に再生回数10回で約1円と言われているので、仮に月20万円を稼ごうとしたら、月間の再生回数は200万回となります。
毎日動画を投稿する場合、200万回を30本の動画で稼ぐとなると、動画1本当たり約67,000回再生されなければなりません。
これでやっと月収約20万です。
もちろん、過去に作成した動画も再生され続けるので、一概にこの数を出さないとならないわけではありませんが、それでも結構ハードルの高い数字であることに変わりはないはずです。
逆に、ハイクオリティで高再生回数をたたき出せそうな動画をじっくり1週間かけて作成するとしましょう。
1ヶ月に5本動画を出すとすると、20万円の収益を生むには、単純計算すれば動画1本当たり約400,000回再生必要になります。
今はそんなに編集をしなかったり、ライブ配信をメインに活動しているYouTuberの方も増えました。
YouTubeは10分以上の動画に対して複数広告を設置することができるので、長時間の動画になりがちなライブ配信者にとってはこれを生かすことができます。
例えば、1日1本ライブ配信して、対象の動画に2つの広告を設置する場合、単純に考えれば1本の動画で発生する収益は2倍になります。
つまり、動画1本当たり33,500回再生くらいで月20万円の収益を生み出せる計算となります。
あまり広告が多すぎる動画だと、途中で広告やCMがバンバン入ってしまうので、視聴者にとって非常に見づらい動画となってしまいます。
視聴時間に対してどの程度の広告を差し込むのかは、配信者の腕の見せ所かもしれませんね。
筆者は個人で2つチャンネルを持っています。
1つは音楽系のチャンネルで、チャンネル登録者は現在568人。
https://www.youtube.com/user/Drash5296
そしてもう1つはそれ以外のいろんな動画をあげる、動画ブログに近いチャンネルで、こちらの登録者は現在115人です。
https://www.youtube.com/user/TheDrashTV
どちらもまだまだ小さいチャンネルですが、マイペースに動画を更新しています。
動画投稿は趣味の1つとして行っていて、動画が高評価されたりコメントがついたりするととても嬉しいものです。
でも、毎日動画投稿ができるほどの気力はありません。。。
毎日投稿してる方、本当にすごいと思います。
2017年は「YouTubeライブ元年」とも巷で言われていて、チャンネル登録者数が1,000人を超えていれば、スマホのYouTubeアプリからすぐにライブができるようになったそうです。
これからツイキャスやニコ生などと同様、YouTubeを利用したライブ配信者が増えていくと思います。
とりあえず、自分もチャンネル登録者数1,000人を目指して頑張ってみたいと思います(いつになることやら)。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
     

コメントを残す

*