【20170328】やっぱりリマインダーが使いやすい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
突如自分の中で争いが始まった「リマインダー」vs「Google keep」。
どちらも優秀なアプリなのですが、自分の使い方合っているのは「リマインダー」の方でした。
20130930-6958-1.png
やっぱり安定です。とても使いやすい。
自分は備忘録としての使い方はあまりしていなくて、とにかく指定した時間に通知が欲しいんだということに気がつきました。
リマインダーが使えるのはiPhoneやiPad、MacなどのApple製品に限られますが、時間管理のアプリとしてはこれに勝るものはないのではないかと思います。
特にスマホもPCもApple製品の場合は、同じAppleのアカウントを使用していれば自動的に同期されるので、端末ごとにリマインダーを設定する必要もありません。
Google keepの同期能力はこれをはるかに上回り、アプリが使える端末ならば何台でも同期ができます。
これだけ言うとGoogle keepに軍配が上がるのですが、一番の欠点は、一度達成したタスクに再度取り組む場合、自分でチェックを解除しなければならないところにあります。
リマインダーは、毎日通知が来る設定をしておけば、達成したときにチェックをいれてもまた次の日に同じタスクが自動生成されます。
これに対してGoogle keepは、毎日通知が来る設定はできても、達成したときにチェックをいれたら、次の日に同じタスクが自動生成されるわけではありません。
自分でチェックを解除してからまた1つずつチェックをしていく、という感じになるので、それを毎日行うのはちょっと手間だなあ、と思ってしまいました。
Evernoteのリマインダー機能は試していないのでなんとも言えませんが、無料で2台までしか端末共有ができない点を考えると、端末をそれ以上使用している自分からするとかなり物足りなさを感じます。
ということで、現状では「リマインダー」が最も自分に合っているアプリだということになりました。
おそらくこれからもApple製品は、PC・スマホともにメインで使い続けていくと思うので、やっぱりリマインダーを使い続けていこう、という結論に至ったお話でした。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
     

コメントを残す

*