【20170604】無音の中に音がある感覚

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
タイトルからして少々哲学チックに思われるかもしれませんが、なんでもない、ありふれたことです。
日常生活で、例えば寝る前など、自発的に音を出さない時間があると思います。
そんな時でも、脳内でいろんな音が再生されることってありますよね。
いわゆる「脳内再生」ってやつです。
筆者は、普段から音楽に浸かった生活をしているからか、常にこの「脳内再生」が行われている状態になってしまいます。
夜寝れない時、脳内では必ず何かしらの音楽が流れます。
それで歌い出しちゃったらもう終わり。
1時間は寝れなくなります。
学生時代はラジオを聴きながら寝ていました。
何か音が流れた状態だと、その音だけが流れている状態になるので、脳から自発的に何かを流されることもありません。
完全に無いかといえば、そうでも無いんですけど(笑)
最近はYouTubeで誰かが喋っている動画を流しながら寝ることもあります。
誰かが喋っているだけの動画だと、寝ようとしなくても寝れるというか、寝落ちします。
話してる声って落ち着くんですよね。
脳内再生が原因で寝れない方は、何かを流しながら寝るのオススメですよ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
     

コメントを残す

*