【20170628】確定拠出年金を始めてみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
この世の中には様々な金融商品があり、資産運用しようと思えばいくらでもできます。
それに時間を費やして頑張ればお金が増える可能性は上がるとは思いますが、タイムイズマネー、時間を浪費したら意味がありません。
そこで考えたのが「確定拠出年金」。
俗にいう「iDeCo(イデコ)」と呼ばれるやつですが、未来への投資と考えれば、税制上の優遇措置を考えるととても効率のいい投資方法だと思っています。
まず、掛け金が全額所得控除になるのは大きなメリットです。
一般の会社員であれば、月額23,000円、年間276,000円分まで掛けることができ、所得を減らすことができます。
所得を減らせばもちろん所得税・住民税が安くなります。
それに、年金として掛けているわけなので、老後に受給できる年金額も必然的に上がります。
筆者は現在26歳なのですが、60歳になるまであと34年あります。
月額23,000円を掛けて年間の掛金が276,000円とした場合、総掛金額は900万円を超えます。
60歳になるまで途中解約できないというデメリットも存在します。
しかしそれを上回る税制上のメリットがあり、資金繰りに困ったら年1回掛け金額を変更することもできるので、現金で持っておくよりも良いと判断し、加入を決意しました。
今後も確定拠出年金について知識をつけていきながら、なるべく時間を使わないで効率よくお金を運用できる方法を考えていきたいと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
     

コメントを残す

*