【20170726】過去問演習って大事だな…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
社労士試験まで1ヶ月となりましたが、今までほとんど問題演習をしてこなかったのが原因で、この前受けた模試では問題を解くことが全然できませんでした。
単純に知識や理解が足りていない、というのも当然あると思いますが、一番の感想は「問題慣れしていない」ということでした。
社労士試験は、選択式と択一式の2種類に問題が分かれていて、特に択一式は、多くの問題を解かないとなかなか点数が取れないような、難解な文章も結構出てきたりします。
この前の模試では、それを読むのだけに相当なエネルギーを使ってしまい、集中力を欠いてしまったように思います。
そこで、付け焼刃かもしれないけど、試験本番までの残り1ヶ月で、できるだけ多くの問題を解くことにします。
幸い過去問は手元に5,6年分あるので、これをひたすら解きまくる。
平日はなかなか時間を取るのが難しく、1単元分くらいの問題を解く時間くらいしか取れませんが、休日の空き時間を問題演習に少しでも費やすことができれば、ある程度の問題演習量になるかと思います。
とにかく今は少しでも多くの問題を解いて、用語や条文に目が慣れるようにしたいと思います。
仮に今年落ちても、来年ちゃんと受かれるように、今からできることをなんでもやっていこうと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
     

コメントを残す

*