【20170813】得意分野・苦手分野

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
昨日、MISAKIさんとの新しいコラボ動画をアップロードしました!!
今回はMISAKIさんにも歌ってもらっています。
MISAKIさんは本職はピアニストなのですが、ピアノだけでなく歌うのも大好きだと聞いていたので、せっかくだから一緒に歌いたい!と思って、話し合って形にしてみました。
私は大学からアカペラを始めたので、今年でアカペラ歴は8年目になります。
でも自分がアカペラに純粋にのめり込んだのは、もしかしたら社会人になってからなのかもしれません。
大学生の頃は時間がたくさんあって、メンバーとたくさん話したり練習したりして、毎日少しずつでも上達しようと必死でした。
結果的にそこでの経験が活きて、今純粋にアカペラを楽しむことができていることはいうまでもないですが、続けていると経験は蓄積されていって、それが結果的に新しいことに繋がったりすることもあるんですよね。
もちろん、成長の差はあると思います。
1回の練習でものすごく伸びる人もいれば、何回もやって初めて身につく人もいる、それはどの分野でも同じだとは思いますが、やめない限り、少しずつでも前に進むことは可能だと思います。
私はやりたいと思ったことはなんでもやってしまう性格です。
同時に飽き性でもあります。
典型的な「熱し易く冷め易い」タイプ。
確かに極めるのは難しいかもしれない性格ですが、そのぶんいろんなことを経験することができる、という面もあるので、結果オーライ。
でも、何かを極めている人のことはものすごく尊敬しています。
そんな人たちとこれからもたくさん関わって、自分だけじゃできないことを少しでも形にできたらと思います。
幸い、最近になって自分が頑張って続けていられることがだんだん固まってきました。
動画を作ることと文章を書くことは、どうやらとても自分に合っているようで、特に文章(言葉)を書くことは、時間があればいくらでもやっていられます。
去年、定職についていなかった頃は、クラウドソーシングサービスを利用してライターとして働いていたこともありました。
最初はもちろん報酬はとても低かったですが、納品を重ねていく上で単価も上がっていきました。
今はこうして自由にブログを書いているだけですが、小さい頃から文章は人よりも多く書いていたかもしれません。
夏休みも読書感想文や課題作文を(全部書く必要はないのに)全部書いたりしていたので、もともと書くのが好きなんですね。
本はあまり読む方ではありませんが、たまにものすごく読書欲が湧いて、貪るように本を読むときがあります。
なんなんでしょうね。自分でもどのタイミングで読書欲が来るのか全く読めないのでどうしようもないです。読書だけに。
え???全然うまくない???
笑いのセンスだけは一向に育たないので、苦手分野なんですよねぇ。笑
それぞれ得意分野、苦手分野あると思いますが、お笑いは好きなので、うまく生産と消費のバランスが取れてるのかもしれませんね。
なんでも完璧にできる人なんていませんから、足りない部分を補い合っていきてゆくくらいがちょうどいいと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
     

コメントを残す

*