【20170821】目前に迫る社労士試験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
とうとう、6日後の27日に社会保険労務士の試験が迫ってきました。
今思えば、本腰入れて勉強し始めたのは東京に来てからだったような気がします。
通勤時間を中心に動画などで勉強していましたが、答練に割く時間が少なすぎて、未だに問題をスラスラ解くことができません。
とはいえ、まだ試験まで6日あります。
23~26日は試験だけのために使える時間を確保したので、その時間でできることを少しでも多くやって、それでダメならしょうがないです。
また来年挑戦するだけです。
自分のやりたい仕事をするために、社労士の資格は絶対に必要です。
大学生の頃、「資格なんて持ってたってなんの役にも立たないだろう」と本気で思っていました。
でも、資格を持っていないとできない業務が、学べば学ぶほどあることに気付かされ、考え方は180度変わりました。
最初にそのことに気付かされたのが、ファイナンシャルプランナー(FP)の勉強をしていた時です。
FPには専有業務がありません。
FPの資格を持っていないとできない仕事というのがないんですね。
資格を活かすには、自分の経験と実力の場合、FPに付随する士業の資格がどうしても必要になると考えています。
それは、将来少しでも多くの人の役に立って、生活を豊かにするため、という目的もありますが、それより何より、この業界で働くことができる自分を想像した時に、幸せを感じることができそうだったからです。
まだまだ知識もなく、経験も浅はかではありますが、それでも毎日少しずつ、前に進んでいます(たぶん)。
1年間はあっという間です。
悔いのないように頑張るのはとても難しいです。
思うような結果が出なかったら、必ず悔いは残ります。
その悔いがあるから、次頑張れるんだと思います。
死ぬまでいろんなことに挑戦することは必要だし、続けていきたいです。
とにかくこの1週間、頑張ります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
     

コメントを残す

*