【20170831】周りも自分も常に変化している

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
大人になると、1年が過ぎるのが早くなる、といいますよね。
一般的には、新しい発見や学びが減り、日常に対する非日常の割合が減っていくから、と言われていますね。
もちろんそれが1番の理由だと思いますが、そうなってしまっている自分自身の変化には、あまり気づかないものです。
つまり考え方によっては、死ぬまでの人生を長くすることが可能なのではないでしょうか。
そのために必要なことは、常にレベルアップしていくことのみだと思います。
レベルアップをするためには、試行錯誤が必要です。
人が最もレベルアップを感じることができるのは、できないことができるようになった時だと思います。
よく「新しいことに挑戦し続けよう」と聞きますが、なぜ「新しいこと」じゃなきゃいけないのかを考えた時に、きっとレベルアップが楽にできるからなんじゃないかと思います。
ゲームとかでも、レベルが低いうちは少ない経験値でレベルアップできますが、レベルが上がっていくにつれて、次のレベルになるための経験値が上がっていって、より強い敵を倒したりしないとレベルアップが難しくなりますよね。
何かを究めることは並大抵のことではないですから、自分でゴールを決めて、目標を立てて継続して取り組んでいく強い精神力が必要になります。
最初からそれができる人はとてもすごいですが、自分を含め、ほとんどの人はきっと難しいんじゃないかなあと思います。
だから、何かを究めたいと思ったら、それを究めるための準備運動として、簡単にレベルアップできる新しいことにチャレンジしてみて、成功体験を得ながら、本来の究めたい方へのモチベーションにしていくのも、良いかもしれませんね。
究めたいものがたくさんある人は、それだけ好奇心も旺盛な人でしょうから、周りに流されずに、時間を有効に使いながら毎日を過ごす必要が出てきます。
筆者もそのうちの一人で、いろんなことに興味を持っては、挑戦し、成功したり失敗したりしています。
ほとんど失敗の方が多いですが、それでも楽しかったら続けられるんですよね。
うまくできなくても、良いじゃないですか。
レベル低くても、やりたいことなら、続けた方が良いと思います。
センスや才能はもちろんあると思いますが、ある程度のレベルまでは努力量でカバーできる部分もあります。
いろいろなことにチャレンジして、1日を少しでも長く感じることができるようになれば、毎日の生活も少しだけ彩りのあるものになっていくかもしれませんね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
     

コメントを残す

*