【20170919】マルチデバイスでタスク管理ができる「Googleカレンダー」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ずっとこのブログでは、
“Appleのリマインダーが最強”
と言い続けてきました。
Google keepも、Office One Noteも、試してみましたが自分にはありませんでした。
でも、意外な盲点がありました。
Googleに標準で搭載されている「Googleカレンダー」。
なんとこれにはリマインダー機能もあり、使い勝手もAppleのリマインダーとさほど変わらずにいい感じです。
何より最大のメリットは、今までiPhoneとMacbookでしか共有できなかったリマインダータスクが、手持ちの全デバイスで使えるようになったことです。
現在サブスマホとして使用している「Huawei nova lite」はもちろん、唯一持っているタブレット端末の「Nexus7(第2世代)」や「Chromebook(C100PA)」でもリマインダーが全て共有できるので、どの端末でも作業ができるようになりました。
どんどんGoogleに依存しています…
共有ファイルは「Google Drive」、仕事のメモ・付箋代わりに「Google Keep」、ブラウザはもちろん「Google Chrome」、ナビアプリは「Google Maps」、個人のメインメールアカウントは「Gmail」、現在無料期間で使っている音楽ストリーミングサービスの「Google Play Music」、そして今回タスク管理に「Googleカレンダー」を導入することになったわけです。
YouTubeだって今ではGoogleのサービスだし、その中で広告掲載サービスの「Google Adsense」も使用しています。
Googleからは逃れられない…
Appleにも相当依存していますが、この2大巨塔がなくなってしまったら、世界のインターネットとメディア業界に予想だにしない激震が走るのは言うまでもないですよね。
これだけ使っているGoogleのサービスが多いということは、それだけ便利な機能を備えたアプリやサービスを提供してくれている、ということでもあると思います。
これからもたくさんお世話になろうと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
     

コメントを残す

*