【20170920】"Huawei nova lite"は低価格ながらメインスマホとして十分成立する高コスパスマホだった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Huawei nova liteを手に入れてから2ヶ月半が経過しました。
なんとなくですが、実際に使ってみた感想を書いていこうと思います。
まず第1印象ですが、今までiPhone7を中心に使ってきていたので、
でかい!
と感じました。
iPhone7は4.7インチ、nova liteは5.5インチで、1インチ弱の違いがあります。
これは手に持った感じでもよくわかるくらいの大きさの違いです。
個人的にはiPhone7くらいの大きさのスマホをメインで使いたいですが、nova liteはiPhoneのPlusの方とほぼ一緒の画面サイズです。
このくらい大きい画面のスマホであれば、例えば動画を見たりするのが多い方にとっては最良の大きさといえると思います。
nova liteのメリットは何といっても
「価格が安いのにミドルスペックの性能を持ち合わせている」
ということだと思います。
定価は2万円程度で、最近は安いところだと2万円を切る値段でも新品が手に入るところもあるようです。
たいていこの価格帯のスマホは、各種機能や性能を抑えた”エントリーモデル”と呼ばれ、「とりあえずスマホを持っておきたい」というようなライトユーザー向けのものが多いのですが、nova liteは、ある程度性能も重視している端末といえるので、ヘビーユーザーの使用時もストレスがかかりにくいスマホといえます。
動作も基本的にサクサクです。
指紋認証の精度は、個人的にはiPhone7に勝ると思いました。
指紋認証の反応速度もとにかく早いです。
ネックとしては、防水機能やおサイフケータイがついていないこととですかね…ここまで求め始めたらもっと値段上がっちゃいますよね。
あと、内臓ストレージが16GBしかないのですが、microSDカードスロットを搭載しており、最大128GB分までストレージの拡張が可能です。
合計すると144GBまで増えますね。
個人的には、これ1台でもなんとかなる人は多いんじゃないかと思います。
とにかくコスパの高いスマホが欲しいなら、Huawei nova liteはオススメできる機種といえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
     

コメントを残す

*