【20171005】抱いた夢は、貫く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
昨日の話の続きをしようと思います。
昨日は、「夢は常にある状態じゃなくて良い」という主旨の話をしました。
そのくらい、夢は簡単に得られるものじゃないと思うからです。
ここでいう”夢”は、願望などの類のものではなく、人生を賭してやり抜くべき、自分にとっての”使命”のような意味合いを指します。
自分自身にとって極めて重要であることが明白なので、間違いなく自分自身の人生において高い優先度となるものです。
夢が見つかると、その夢に向かうための行動を考える必要が出てきます。
その行動計画を、私たちは「目標」と呼びます。
いつまでに、何をすれば良いかを考えるわけですね。
目標を立てるときに気をつけなければならないのは、時間とのバランスです。
可処分時間(自らの意思で消費することのできる時間)の中で実現可能な目標でなければなりませんし、逆に簡単過ぎる目標ではモチベーションがうまくコントロールできずに、ゴールも遠のいてしまいます。
ちょっと頑張らないと実現できないくらいの目標を立て続けるのが良いと思います。
その都度その都度、自分自身が少しずつ成長していけるくらいの目標。
それが決まったら、毎日の行動計画を決めるようになります。
毎日の行動の目標となるので、目標の最小単位となります。
毎日継続してやるべきこと、2日に1回やるべきこと、週に1回やるべきことなど、内容によって頻度も様々です。
これを毎回手帳に記すのは、正直手間が掛かります。
そこで、今使っているスマホやパソコンのリマインダー機能を使用すると、日頃の行動計画の管理がしやすくなります。
毎日同じ時間に通知をすることもできるし、毎週、隔週、毎月など、期間が長く忘れやすいものもきちんと教えてくれます。
個人的におすすめなのは、iPhoneに標準で入っている「リマインダー」アプリか、Googleカレンダーに付いているリマインダー機能です。
とてもシンプルで分かりやすいし、きちんと通知もしてくれます。
iPhoneとMacの組み合わせなら間違いなく「リマインダー」アプリが良いと思います。
AndroidスマホやWindows PCなどを使っているのであれば、Googleカレンダーのリマインダー機能を使うのがいいと思います。
それぞれ同期ができるので、管理がさらにしやすくなる、という理由です。
夢は、一朝一夕に叶うものではありませんから、毎日少しずつ、を積み重ねていくのが良いと思います。
途中で諦めたくなることももちろんあると思います。
だけどそこで諦めてしまったら、今までの努力は水の泡になる可能性が高いです。
何かをやり抜く・やり遂げるというのは、並大抵の事ではありません。
多くの人が挑戦することを恐れ、中には挑戦する人をバカにする人もいるでしょう。
バカにする人の多くは、羨望の気持ちが中心なので気にする必要はないと思いますが、どうしても辛くなった時は、原点に立ち返ることも大切です。
夢を持ったきっかけなんだったのかをいつでも思い出せるような状態を作っておくのも、良いかもしれませんね。
夢を持った時点で、その人は少数派といえます。
夢を持っている人は、実はあまり多くないです。
いや、多いかもしれないけど、隠している(あるいは、何も行動を起こしていない)人がほとんど。
この記事を読んでくれた人の中で、少しでも自分の夢を叶えようとしてくれる人が増えてくれたらうれしいです。
筆者自身もまだまだ志半ばなので、自分の夢を実現させられるように頑張っていこうと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
     

コメントを残す

*