【20171008】今度の衆院選をどう見ればいいのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
先日の衆議院解散をうけて、今度10月22日に行われる衆議院選挙は、実に48回目となるそうです。
今回は新興勢力(というか分裂?)が多く、中でも小池百合子代表が率いる「希望の党」がどれくらいの議席を獲得するかが注目されています。
日本で行われる各選挙は、世界各国と比べて投票率が低いのが特徴です。
政治への関心、期待感の無さもあると思いますが、その原因の一つとして、野党が野党としての力を発揮できていない、ということが考えられると思います。
長きにわたって野党第一党として、時には政権交代をして与党として、自民党と一対の関係にあった民主党も、民進党となり、そこから希望の党や立憲民主党などへと分派しています。
今回の大局は、主に3つどもえの勢力に分けられる、との見方が多いです。
まずは現在の与党である、自民党と公明党を中心とする勢力。
そして2つめが希望の党と日本維新の会を中心とする勢力。
今回の選挙では対抗馬の調整など、一部協力関係にあるようです。
それ以外が3つ目の勢力となります。
国民にはこの中から小選挙区で1人、比例代表で1つの党に投票ができるわけですが、それぞれの勢力の違いは、細かいところでは違いがあれど、実行力という面では与党以外比較のしようがないので、難しい投票となるわけですね。
例えばアメリカなんかは、共和党と民主党の二大政党制で、政権交代もしばしば起こります。
日本ではなかなか政権交代は起こらないし、日本人は安心安全を重要視する傾向にあるので、やはり今回も自民党が優勢なのではないかと思います。
希望の党がどこまで議席を伸ばすのかは注目していますが、どんな結果になったとしても、日本を良くしていくための選挙であることに変わりはないので、今回も投票に行こうと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
     

コメントを残す

*