時間の作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
gi01a201503240500.jpg
当たり前のことだけど、時間を作るには、自分の今の生活を見直さなきゃいけない。
そして、何のために時間を捻出したいのかを明確にしなきゃいけない。
誰かがテレビを観てくつろいでいる時間に、自分は勉強をする。
誰かが映画を見ている時間に、自分は楽譜を作っている。
誰かが飲み会に行っている時間に、自分はミキシングをしている。
ここまでは当たり前のこと。
自分の意識次第でどうとでもなること。

“あなたは、仕事をしている時間をどのように捉えていますか?”
日本人は、世界一時間を無駄にする民族だと思う。
何を無駄にしているかと言えば、それは「仕事」の時間。
必要のない残業はないか、社会人の方は今一度考え直してみてほしい。
そもそも、今やっている仕事は、自分の本当にやりたい仕事なのかも考えてみてほしい。
環境は、自分が思っている以上に重要である。
自分の時間を捻出したいなら、その他の時間をうまく自分の時間に持ってくるしか方法はない。

“誰かが残業をしている時間に、自分のやりたいことをやる”
日本人の場合、これに尽きるのではないだろうか。
残業代をかすめ取ってまで、高給取りになりたいのだろうか。
給料は、元はといえば労働の対価なので、あなたはお金を得る代わりに時間を売っていることを忘れてはならない。
それをしておきながら「時間が欲しい」と主張するのは、なんだか少しおかしい気がする。
本当に必要なお金はどれくらいで、そのためにどれくらいの仕事をすれば良いのかを逆算すれば、自分のやりたいことに使える時間も増えるかもしれない。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
     

コメントを残す

*