【節約】図書館に無い本をほぼ無料で読む方法【積ん読対策にもなる】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
端的に申し上げます。
使うアプリは「メルカリ」や「ラクマ」などのフリマサイトや、「ヤフオク」などのオークションサイト。
売れるところならどこでもいいです。
まず、先行投資として最初に読みたい本は普通に買いましょう。
それも嫌な場合は、既に持っているもの(本に限らず何でもOK)を売るでも良いです。
資金移動の面倒臭さを避けるために、使うアプリは1つに絞ったほうがいいです。
品数やバリエーション、この手法の使いやすさ的に、圧倒的に「メルカリ」をお勧めします。
方法はいたってシンプル。
1.読んだら、売る。
2.売って稼いだお金で、次の本を買う。
以後繰り返し。
本は短期間で価値が大きく変わるものでは無いので、仕入れた本をすぐ売れば、ほぼ同じ金額で売れます。
プラスでかかるのは、各種サービスの販売手数料くらい。
このくらいは、良い勉強代になってと思って、負担しましょう。
このサイクルを繰り返せば、読みたい本をほぼ無料で読み続けることができます。
そして、自動的に積ん読をしないことになります。
読みたい本は、読みたい時に買い、読んだらすぐに売る。
これが、金銭的な損をしない鉄則です。
どうしても手元に置いておきたい本があったら、それはあなたの人生にとって重要な役割を果たす本になる可能性が高いので、喜んでその本代は負担すべきです。
以上、参考にしてみてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
     

コメントを残す

*