メンタル

自分を見失わないための予防策【2020/10/21】

自分を見失ってしまいそうになる場面って、意外といろんなところにありますよね。
職場、学校、家庭などなど…

最もメジャーなのは「職場」でしょう。
特に、同じ職場の人間関係は、離職理由としても大変多いと思います。

しっかりと自分の意思で離職できるならまだ良いのですが、自分を見失ってしまうと、離職しようとしてもできなくなってしまい、自殺などの極端な方法しか見えなくなってしまうこともあると思います。

こうした事態を未然に防ぐには、「どれだけお互いに変化に気付いてあげられるか」というのももちろん重要ですが、仕事をしながらとなると、いささかカバーしきれない部分も出てくるでしょう。

であるならば、まずは自分自身が、自分を見失わないようにするためにできることは何かを探り、それを実践することが重要です。
これは職場だけでなく、人生におけるどんな場面においても大事なことだと思います。

誰かを助けられるのは、自分が自分を見失っていないことが大前提です。

自分の中に、もう一人の自分を作ろう

結論から言ってしまえば、「自分の中に、もう一人の自分を作る」ということです。

二重人格とも似ていますが、厳密には二重人格とは異なる考え方です。
二重人格は、それぞれの人格に変わるときの意識が自分自身に存在していないことから、結果的には、1つの人格である、いわゆる普通の人と何ら変わりません。

「もう一人の自分を作る」という方法は、様々な本や動画などで紹介されているやり方でもあり、自分自身を客観的に見つめるための有効な方法です。

このままだと、とても抽象的でわかりにくいと思いますので、具体例をもとに考えてみましょう。

他人に嫌なことをされた時を想像してみてください。
そんな時、嫌な気持ちになるのは、自分自身ですね。

この時、自分自身は「(他人に)嫌なことをされた」ということに気づいているわけです。

他人を自分に置き換えてみる

めちゃくちゃ当たり前のことを書いていますが、「他人」という文字を「自分自身」に置き換えてみると…

「”自分自身”に嫌なことをされた」となりますね。

この感覚が持てるかどうかが重要なのです。

自分自身の行動に起因する感情の変化が起きる場面を想像してみましょう。

例えば、「お酒を飲みすぎて、翌日に二日酔いになってしまった」とします。
この場合、二日酔いになってしまった責任は自分自身にありますが、これを評価するのは、「もう一人の自分」です。

もしあなたの友人が二日酔いで辛そうにしていたら、あなたはどうしますか。

多くの人は、二日酔いが少しでも和らぐように、対処法を調べて実践したりすると思います。

これが自分自身になると、対応は一変し、「何であんなに飲み過ぎてしまったんだ。ばかだ。」と、自分を責めたりする人が多くなってしまいます。

職場の飲み会などでは、「上司があんなに飲ませるから」と、責任転嫁してしまうケースも考えられます。

どちらにせよ、自分自身が二日酔いであることの原因にばかり目を向けてしまい、対処を優先しない人の割合が増加するでしょう。

このような場合、自分を見失っている状態といえます。

「自分を見失う」とは

「自分を見失う」と聞くと、大それたものを想像しがちですが、このように身近なところにも、「自分を見失う」状態は存在します。

まるで初期の癌のように、最初は自分を見失っていることが自覚できないものです。

「自分」とは、すなわち自分の心や身体のことを指すわけですが、自分のことになると、厳しくなってしまう人は多いと思います。

このような現象がなぜ起きるのかというと、自分が可愛いからだと思っています。

真逆だと思われるかもしれませんが、自分が可愛いと思う人は、自ずから自己を過大評価する傾向にあります。

過大評価された自分は、理想通りの働きをし、理想通りの結果を出すことを自分自身に期待されます。
そして、その期待に応えられないと、自分を責め始めます。

他人であれば、評価は正当に下がりますが、自分自身については、その期待が下がることはなかなかありません。
これも「自分を見失っている」一つの状態といえるでしょう。

自身と向き合い、見つめ、労おう

自分に対して「よくやった」と言える人は、結構少ないものです。

多くの人は、他人の評価で動いています。
自分で自分を承認してあげることができていない場合、他人が認めてくれないと、自然に辛くなっていくものです。

自分自身は、自分のことを決して認めてくれないから、評価や承認を他人に依存するしかないのです。

この状態であっても、他人からきちんと評価されているうちは特に問題になりませんが、ふとしたことで他人の評価を失ったりした時などに、気持ちが大きく揺らぎ、不安や恐怖がグワっと押し寄せてくる感覚になったことのある人も多いのではないでしょうか。

私自身も、何度も経験しています。

このような事態を避け、周りからどのような評価を受けたとしても、心を平静で保つには、自己評価を意識的に持つことが大切だと思います。

自己評価を意識的に持つ

自己評価を意識的に持つには、自分自身について考える時間を作ることが必要です。

瞑想の時間を作ったり、紙に書き出す時間を作ったりして、自分自身と向き合う時間を作ることは、自己評価を正当に保つ上でとても重要なことです。

何もできなかった日があったら、何もできなかった自分を責めるのではなく、「今日はしっかり休んで、明日に向けてパワーを蓄える日だったんだね」と、自分自身に向かって、優しく声をかけてあげてみてください。

声に出すのが恥ずかしかったり、家に別の人がいたりする場合は、心の中で唱えるだけでも効果はあると思います。

自分を見失っていることに気付くには

自分を見失わないようにする方法をお伝えしましたが、「自分を見失っている」ということにいち早く気づくこともまた、重要なことです。

多くの場合、「自分を見失っている」状態というのは、わかりにくいものです。

誰かが「今日、なんかおかしいよ。何かあった?」と声をかけてくれればわかりやすいですが、現実的ではないかもしれません。

そのような場合に有用なのが、「ニュートラルの時間を習慣に入れ込む」ということです。

ニュートラルの時間

「ニュートラルの時間」とは、自分自身をリセットするための時間のことです。

先ほどご紹介した「瞑想」や「紙への書き出し」は、自分自身をいつもの状態に戻すための作業となります。

こういう時間を設けることによって、「今日は気分が落ち込んでいる」「今日は楽しい気分だ」「今日はなんかイライラする」ということに自分で気付くきっかけが生まれます。

短時間でも効果はあると思いますので、ぜひ、普段の生活に取り入れてみてください。

困ったときは、お互い様

もし、辛いことがあって、どうしようもなくなったときは、一度、ニュートラルの時間を作って、ゆっくり自分と向き合ってみてください。

それで楽になる場合もあれば、そうでない場合もありますが、そんな時は、思い切って身体を目一杯動かし、疲れてみてください。

運動をすると、脳が運動に集中し始めるため、辛いことも少し和らぐと思います。

そして身体に疲労が溜まれば、睡眠の質も向上します。
泥のように眠るのって、とても幸せですよね。

一人しかない自分。
その自分にしか扱えない身体を思いやり、労ってあげてください。

自分ともう一人の自分が、「困った時は、お互い様」と協力できるようになれば、周りに影響されて気持ちが落ち込んだりすることも、きっと減ると思います。

【スマホでできる】電車内でのおすすめの行動3選

こんにちは、Ryuです。

いつもブログを読んでくださって、ありがとうございます。

今日は、昨日の電車に関する記事の続きです。

電車内での過ごし方を変えることで、今までの電車内での時間をより有意義なものにすることができるようになります。

今日は、混雑許容度別に、個人的におすすめしたい行動を、3つにまとめてみました。

ここでの「混雑許容度」は、高ければ高いほど、より混雑した状態でも可能な行動、と思って頂ければと思います。

ぜひ参考にして頂けたら嬉しいです。

瞑想(混雑許容度:★★★★★)

混雑加減にかかわらず、立っていても座っていても、押しつぶされそうになっても可能なのが、瞑想です。

常に音がしていて、集中しづらい環境にある電車だからこそ、瞑想の効果が高くなる可能性があると思っています。

集中しにくい場合は、イヤホンをして自然の音なんかを聴きながら目を閉じてみると、案外、自分が電車に乗っていることを忘れるくらい、瞑想に集中できる時があると思います。

騙されたと思って、試してみてください。

筆者は必ず朝に瞑想をする習慣があるのですが、朝、家での瞑想が間に合いそうにない場合は、電車で行うことも多くあります。

何も準備がなくてもその場で思い立ったらすぐできるし、継続すると効果も高まってくると思います。

読書(混雑許容度:★★★★☆)

次におすすめしたいのが、電車内での読書です。

スマホで読書をすることもできる時代ですし、混んでいたとしても読めるので、あまり電車内の混雑状況に左右されません。

それに、普段やることの多い生活をされている方でも、電車の中ではある程度できることが制限されます。

その時間を、ただスマホでSNSを見たりゲームをして過ごすか、読書に充てるかでは、その後の人生が変わってくる気もしています。

とはいえ、時にはSNSを見たりゲームをしたくなりますよね。

そういう時は、“自分で決めて”やることが大切だと思います。

なんとなくSNSを見たりゲームをするのを止めれば、それだけで、同じことをしていても、効果的な時間の使い方に変わるかもしれませんね。

本 = 洗練された思考の結集

自分が言うのもあまり良くないかもしれませんが、このブログのような、素人が行き当たりばったり気味に書いた文章とは違い、本に書いている文章というのは、基本的に洗練されています。

作者だけでなく、編集者やその他関係者も加わり、1冊の本が仕上がっているわけですから、SNSなどで目にする文章よりも含蓄のある情報が多いと思っています。

何の本を読むべきか迷ってしまう方のために、筆者のおすすめの本を3冊紹介します。

どの本もベストセラー、かつ個人的にとても好きな本なので、興味のある方はぜひ、読んでみてください。


【7つの習慣】
大ベストセラー本。 長時間の電車移動になる方や、じっくり集中して読みたい方におすすめです。

【論語と算盤】
2025年に1万円札になる、渋沢栄一の本です。 分量はそれほど多くないながらも、今に通ずる考え方が多く載っています。

【チーズはどこへ消えた?】
さくっと読みたい方におすすめの小説です。 生き方について考えさせられる本です。

文章を書く(混雑許容度:★★★★☆)

読書はインプット面で有効な行動ですが、人間にとって、知識の定着はアウトプット時により多く行われる、という見方もあります。

インプットばかりだと、その情報が本当に自分のものになったのかわからないですよね。

そこで、意識的に自分自身が学んだことや考えたことをアウトプットしていく作業は、とても大事だと思います。

最近はパソコンを使わなくても、気軽にスマホを使ってアウトプットができる時代になりました。

筆者自身は、パソコンの方がしっかり文字を打っている感覚があり、できればパソコンを使いたくて、電車内でも座れる時はパソコンで文章を書くことが多いのですが、スマホでも全然ブログ記事は書けるし、SNSなどへの投稿は、むしろスマホから気軽にやる場合が多いと思います。

なので、電車移動の時間を使って意識的にアウトプットを行うのは、思考の整理にとても効果的だと思います。

内容にこだわってみる

受け取り手のことを考えてみる

普段からSNS投稿を頻繁に行っている人は、既にアウトプットの恩恵を受けているかもしれませんが、自分が発信したいことを唯々発信していると、内容が薄くなってしまったり、他人にとってどうでもいいことを垂れ流してしまったりすることがあると思います。

元々そういう使い方をする、と決めているのであれば止めはしませんが、発信した内容は、それが誰かの目に入る限り、その人の時間を使う、ということを意識してみると、自ずと発信する内容も変わっていくかもしれませんね。

経験は、唯一無二の資産

何を書けばいいかわからない方は、自分の経験そのものをそのままアウトプットしてみるのも、有効だと思います。

たとえば自分の場合は、「体重標準化計画」と称して日頃のダイエット記録を週に1回、このブログに書いています。

前回はこんな感じで書きました↓

減量・ダイエットは多くの人がやっているはずで、体重変遷や食事の記録なども多くの人が取っているはずなのに、その情報をアウトプットしていない人が多いと思います。

うまくいったダイエット方法などは、知りたい人も多いはずなので、積極的に発信していくと良いと思います。

小さな習慣で、確実に未来は変えられる

寝て過ごすのはもったいない

多くの人が利用する電車ですが、周りの人を眺めてみると、意外と睡眠に使っている人も多いです。

睡眠不足で寝てしまう人は、普段の生活を見直した方が良いかもしれません。

むしろ、電車内で寝る時間を最初に計画してしまうと、本来確保すべき睡眠時間を減らす口実になってしまうので、あまりおすすめはできません。

電車内での睡眠は、質の高い睡眠とは言えません。

ちょっと頭が冴えるような感覚になるかもしれませんが、効果は限定的だと思います。

小さな成果を積み上げる

電車での時間は、終わりの(電車を降りる)時刻が決まっているため、締め切り効果を発動させることができます。

これを続けていくと、沢山の小さな成果が積み上がることになるため、1回の成果は小さくても、電車での時間を有効に使い続けることで、それを大きな成果に変換することも可能だと思います。

千里の道も一歩から。

まずは次に電車に乗る時、どんなことをしようか、考えてみてください。

習慣の力を活かすための心構え

こんにちは、Ryuです。

いつもブログを見てくださってありがとうございます。

今回は、習慣がもたらす力と、それを活かすためにどういった心構えが必要なのかを、自分なりにまとめてみた結果をご紹介します。

習慣の力とは?

まずは、習慣がもたらす力についての自分の考えを共有します。

大きなことを成し遂げるための唯一の武器

例えば、自分自身に当てはめてみると、「減量」という目標を達成するために必要なのは、激しい運動でもなく、断食でもなく、毎日少し運動して、少し食べる量を減らす習慣です。

習慣はメンタルを安定させる

激しい運動や断食は、短期的に見れば習慣の力を使うよりも大きい成果を得る事ができるかもしれません。

しかしそれには大きな犠牲が付きまといます。

激しい運動をすれば、翌日のコンディションに響きます。

筋肉痛で済めばまだ良いですが、いきなりの激しい運動は、心臓にも負担をかけ、場合によっては危険な行為と言えます。

断食も同様で、いきなり数日食事を抜いたりすると、身体維持のための栄養素が一時的に欠乏し、栄養失調を起こし、具合が悪くなると思います。

これらの課題を解決しながら、更に大きな成果を出すことのできる手段が、「習慣化」だと思います。

習慣化によって、短期間に生じる大きな負担を軽減しつつ、更にメンタルの安定も図る事ができます。

継続は、力なり

例えば、今日から筋トレを毎日続けるとするとしましょう。

初日はモチベーションが高いので、たいていの人は結構張り切ってやります。

頑張って腹筋50回、腕立て30回、スクワット100回やったとしましょう。

次の日、同じ事ができますか?

もしかしたら次の日くらいは頑張ってできるかもしれません。

でも、おそらく1週間後にはやめてしまう人が多いでしょう。

課題が大きすぎることにより、習慣になる前に消滅してしまうパターンですね。

これと同じような状況は、きっといろいろな所で起こると思います。

例えば、読書をしようとして、思い立って3日で1冊読もうとします。

初日はモチベーションが高いので1日で1冊読み切れちゃうかもしれません。

しかし、それを継続できますでしょうか。

少しずつ、「今日は忙しかったからいいや」と言い訳をするようになり、習慣化に失敗して、本を読むことすらしなくなってしまうかもしれませんね。

まずは小さく始める

習慣化を身に着ける上で最も大事なことは、「まずは小さく始める」という原則を必ず守ることだと思います。

筋トレだったら腹筋1回から、読書だったら1日1ページからで全然良いと思います。

1回で前に進む量が少なかったとしても、それを毎日続けていくことによって、徐々に効率が良くなっていきます。

筋トレだったら、筋肉がついてきて、1回あたりの体の負担は軽減されるでしょうし、読書だったら、活字を読むことに慣れて、同じ時間でより多くの情報を仕入れる事ができるようになるかもしれません。

こうやって習慣化していくことで、少しずつ自分自身の能力を拡張していくことができます。

無理をすると、どこかで必ずほころびが出ます。

自分にできる範囲で小さく始めることこそが、物事を習慣化する上で最も大事な要素だと思います。

より多くの良い習慣を身に着けるためにやるべきこと

ここからは、より多くの良い習慣を自分自身の人生に取り入れ、多くの能力を拡張していくために必要なマインドセットを紹介していきます。

どれもとても重要で当たり前のことですが、緊急性が無いため、普段の生活では意識していないと忘れてしまうようなことです。

習慣化したいことリストを作り、1つずつ取り組む

理想の生活を思い描き、逆算をしてみると、自分の場合は、絶望するほどに多くの要素が足りていないことに気付きます。

そこで絶望したままでいるのは、本当に不毛です。

自分の人生を捨てているようなものなので、すぐにやめたほうが良いと思います。

かと言って、リストアップした足りない要素をいっぺんにどうにかすることはできません。

それは”天才”の所業です。

でも、普通の人にだって天才に少しでも近づく方法はあると思います。

自分が今考えているのは、1つ目の習慣(Aとします)を意識的にひたすら積み上げて、習慣化してきた頃に、また別の習慣(Bとします)を意識的に積み上げる方法です。

これにより、Aの習慣をこなすための労力をさほど使わなくても良い状態で、意識や集中をBの習慣の習得に使う事ができるようになるため、効率よく自分自身の能力を伸ばす事ができると思います。

環境を変える、という荒療治もある

とは言いつつも、今、自分自身は、更なる成長のチャンスを掴むために「プログラミングスクールに入る」という決断をし、既に50日が経過しました。

70日のカリキュラムですが、1日毎に与えられている課題は山積みで、正直な所、自分だけだったら確実に挫折してしまうようなスピードと量です。

これを可能にするのが、「環境の力」です。

他人が関与することは、意思決定に予想以上の大きな影響をもたらします。

自分の場合は、1人だとなかなかハードルが高そうで気が進まなかったプログラミング学習を、無理やりプログラミングを学ばざるを得ない環境に自分自身を突っ込むことで、習慣化させました。

運動の場合だと、ライザップをはじめとするパーソナルジムに行くような感覚に似ているのかもしれません。

ゴールから、作るべき習慣を逆算する

一般的に良しとされている習慣を身につけただけでも、様々な能力を身に付けることはできると思いますが、これからは個の力がより重要になる時代になると思っています。

個の力を効率良く付けるには、自分自身が目指すべきゴールを先に決めておく必要があると思います。

ここでは、ゴールを達成することよりも、決めることの方が重要だと思います。

変化の早い時代ですから、途中で軌道修正する力や余裕は、残しておくべきだと思います。

ゴールを決めたら、逆算して、あとは走るのみです。

数週間とか数ヶ月に1回、振り返りを行えば更に効果的かもしれませんね。

そこで軌道修正も可能になると思います。

せっかく付ける習慣ですから、自分なりのゴールを決めて、自分なりの習慣をカスタマイズしていくことで、高いモチベーションを維持しつつ、個の力を高められるのではないかと思います。

良い習慣は、世界を良い方向に動かす力になる

大きい話になりますが、自分にしか到達できないゴールを目指して、より多くの人が習慣の力を使って成長する事ができれば、日本は復活できると思います。

良い習慣は、まずは自分の幸せを、そして周りの人の幸せを、更に日本全体の幸せを、そして最終的には世界的な幸せを構築する手段になり得ると思っています。

最初は小さいパワーにしかならないかもしれませんが、人数が増えれば大きなパワーになり、いろいろなものを動かせるようになります。

今日動き出す事で、明日のスタートラインは変わります。

いつやるか?今でしょ。