脱・欲求不満

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Jcomp – jp.freepik.com によって作成された vintage 写真

はじめに

こんにちは、Ryuです。
いつもブログをお読み頂き、ありがとうございます。

今日お話しするのは際限のない人間の欲求についてです。

私達人間は、満足や幸せを感じることができる一方で、それらの感情を今よりもっともっと増幅させたい、という気持ちを常に持ち続けています。
生きるための欲求が満たされると、自分らしさを表現する欲求や、利便性を高めることへの欲求など、ありとあらゆる欲求が生まれてきます。

私自身もこれは強く感じていることで、例えばこのブログを通じて多くの人に自分の文章を読んで欲しい、という欲求も、自分らしさを表現する欲求の1つと言えるでしょう。

今日は、この定義し難い欲求について、深堀りをしていこうと思っています。

欲求は、生きている限りなくならないもの

仏教の世界では、欲求のことを「煩悩(ぼんのう)」と言ったりしますよね。
大晦日の除夜の鐘は108回叩かれますが、これは人間が持っている煩悩の数を表していると言われていることは、皆さんも周知の通りだと思います。

仏教では煩悩を祓うべきもの、遠ざけるべきものとして認識していると思います。
個人的にはこの考え方にはあまり賛同出来ず、欲求を打ち払うというよりも欲求と向き合っていくことが大事だと考えています。

それは、根本的に人間は欲求を持たないことが出来ないからです。
「煩悩を祓いたい」というのも、立派な欲求であることを自覚しなければなりません。

時代の変化は、新たな欲求を生み続ける

インターネットの普及により、時代の移り変わりの速度が上がって久しい昨今ですが、いよいよ日本でも、その速度を更に上げる「5G通信」が導入されはじめました。

5G通信の回線速度は、今までの4G通信の回線速度をはるかに上回るもので、1Gbpsを優に超えるようです。

これにより、YouTubeをはじめとする動画視聴サイトでモバイル通信が低速であることによってコンテンツがうまく見れない問題なども解決すると思いますし、通信制限という概念も、もしかしたら無くなるかもしれません。

ビジネスの現場においてもリモート会議がより普及し、1ヵ所に集まる会議がどんどん減って、今まで移動にかかっていた時間が、より生産的な業務に使われていくことになると思います。

これによりまた、人間は新たな欲求を生み出すでしょう。
それはきっと、4G通信が普通の今の世界では想像も出来ないことかもしれません。

5G通信でできることが、今考えていることよりももっと多い可能性は十分にあります。
そしてその可能性を生み出すのは、紛れもなく人間の新たな欲求だと思っています。

新たな欲求は、新たな可能性を作り、時代を変化させる

この欲求は、人間が今の人間である限りなくならないものであり、欲求に抗うことは時代の変化を止めるための1つの作業に過ぎません。
早くなり過ぎてしまった時代の変化に疲れた人がいたとしても、そのスピードが落ちることは今後も考えにくいでしょう。

これは紛れもなく人間の欲求が生み出しているもので、これが終わる時は、地球の資源が枯渇して、人間が滅亡する時なのかもしれません。

それを見越した人達は今、こぞって宇宙開発に力を入れています。
本気で火星への移住を考えています。

その時その時の人間の判断は、ある時代、ある立場を切り取れば解になる可能性もあるのですが、人間以外の生態系を度外視したり、ひいては宇宙を含めたこの世界の運命をも動かす力がある、ということを、私達は常に自覚しておかなければならないと思います。

おわりに

今日のタイトルは「脱・欲求不満」とさせて頂きましたが、それは根本的に不可能である、というのが筆者の考えです。

人間の持つ力は強大です。
人間自体の持つ力、というよりも、あらゆるものを生み出し、利用する力、といったところでしょうか。
だんだん、この文章を書いている自分自身が怖くなってきました。
なぜ人は文字を認識し、読み書くだけでなく、話したり聞くことによって理解ができるのか、これは人間自身も知ることのできないミステリーなのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
     

コメントを残す

*