課題を見極める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、Ryuです。
いつもブログを読んでくださってありがとうございます。

今回は、「課題の記憶を捨てる」というテーマで記事を書いていきたいと思います。

人生は苦労の連続

生活をしていると、様々なところで行き詰まる経験をすると思います。
例えば仕事がうまくいかなかったり、人間関係に悩んだり、お金が無くてやりたいことを諦めたり…他にもあるかもしれません。

こうした時に、その苦労が一時的なものであることを自覚することはとても大切です。

苦労の源泉を判断する

筆者自身も、これまでの人生で様々な苦労を経験してきました。
それは、自分自身が原因であるものはもちろん、他人が引き起こしたことや、不可抗力が原因になっているものまで様々です。

今現在、自分の前に立ちはだかっている苦労が、どんな原因によって引き起こされているものなのかを冷静に客観視することで、その苦労を乗り越えるためのアプローチを建設的に考えることができます。

ここでは苦労の源泉別に、生ずる課題に関してどういったアプローチが効果的なのかを自分なりにまとめたものをご紹介します。

  • 自分自身:課題の整理と具体化
  • 他人が引き起こしたこと:課題の整理と分離
  • 不可抗力:課題の整理と再分配

どの項目においても、まずは課題を整理することが第一です。
課題を整理することで、苦労の源泉がどこにあるのかを判断することができるようになるためです。

それでは、課題の整理後について順番に解説していきます。

自分自身の課題は、みじん切りにする

まずは苦労の原因が自分自身にある場合です。
この場合は非常に単純で、課題も自分自身が引き起こしているもののため、「取り組む」か「取り組まない(=捨てる)」かの選択しかありません。

取り組まないのなら、そこでその課題のことはキッパリ忘れてください。
いつまでも「もしかしたらできるかも」などと迷っている時間は無駄です。

取り組むと決めた場合は、次のフェーズに入りましょう。

バカバカしいと思えるほどに課題を細分化する

課題をみじん切りにすることで、1つひとつの課題の難易度が下がり、純粋に取り組みやすくなります。
また、それぞれの課題が終了したタイミングで課題を終えることができた」という達成感が湧く為、次の課題にもスムーズに進める場合が多いです。

逆に、あまり区切りの良い課題の細分化はやめたほうがいいです。
キリが良すぎると、次の課題に取り組むスタートのハードルが上がるためです。

あまり計画的に区切りを考えずに、とにかく機械的に細分化していくことで、中途半端感が出て、それを次回につなぐことにより、モチベーションを維持する、という流れになります。

他人の課題は、背負わないことが重要

苦労の原因が他人にある場合は、注意が必要です。
何に注意が必要かというと、他人の課題を背負わないという意識をしないと、知らず知らずのうちに他人の課題を背負ってしまうようなケースが往々にしてあるからです。

ですので、この場合は他人の課題であることを認識するというのが重要です。

他人が解決すべき課題に自分自身が取り組むのは、自分の首を締めるだけでなく、本来課題を抱えている人の為にもなりません。

他人の課題だと割り切ったら、あとは深入りしないようにしてください。
これは自分自身の課題に取り組まない(=捨てる)ときと同じようなアクションになります。

“装い”心配性に気をつけよ

「あなたのためを思っていうんだけど」と、反論しようのない枕詞をいう人がいますが、これは極めて注意が必要な言葉の代表格です。
大義名分を装い、自分自身の課題を押し付けているだけの可能性が高いからです。

冷静な第三者から見れば論理的崩壊は火を見るより明らかなのですが、当事者となると、案外冷静に判断できないものです。

もし、他人に課題を背負わされてしまっているか自分自身で判断ができない場合は、迷わず周りの冷静そうな人に相談すべきだと思います。

不可抗力により生ずる課題は、自分にできることを見極める

よく、「こればっかりはどうにもならない」という言葉を聞きます。
ろくに課題の整理をせずに、抽象的な課題を整理しようともせずに投げ出してしまうパターンですね。

残念ながら、この光景は職場でよく見られるように思います。
特に上司がこのタイプだと、課題がよくわからないまま部下にぶん投げられることになるため、組織はてんてこまいになります。

要領の良い部下であれば自分自身の力で課題を整理・細分化して仕事をこなすことができるかもしれませんが、その部下自身からのフィードバックやアウトプットが組織全体について為されない場合、外部から見ればブラックボックス化された課題のままであるため、根本的な問題解決にはなっていません。

この場合は、課題の整理をするのは変わらないのですが、課題の所在も定義されていない場合も多いため、特に組織やチームで動くような場合は、課題の再分配が必要になります。

ブラックボックスのままの課題を一挙に引き受けることは、想像以上のリスクがあります。
まず、課題解決までの見積もりが立てられませんし、正当な評価にも繋がりません。
こうならない為に、ある程度定量的に評価できる形で課題を共有しておくことはとても重要だと思います。

公益性の高い課題に取り組む

筆者が、自分自身の課題の取捨選択をする際に尺度としているものの1つに、「公益性の高さ」があります。

個人主義と全体主義の話は、これまでの記事でも何度か触れてきましたが、公益性の高い課題、つまり全体主義的な課題に取り組むことで、その課題解決が自分以外の誰かのためになることになります。

木を見て森を見ず

「公益性が高い」ということは、回り回って自分に返ってくる可能性もある、ということです。

人間は欲の深い生き物であることとに加え、因果応報的な感覚を身に付けていないと、全ての判断基準が「自分自身が得をするかどうか」に絞られます。
したがって、その時その時は利益を得ているように見えても、結果として大きな損を被る場合があります。

特に現代社会は流れがとても速く、あっという間に常識が変わってしまう世界です。
そうした中で、自らの課題と向き合い、自己研鑽と成長を続け、公益性の高い成果を出す人になるのが、筆者の目指すゴールの1つです。

もちろん、全員にそうなれ、ということは出来ませんし、そのように言う気もありません。
今までの記事でも何度も言っていますが、重要なのは、自分で決めることと、決めたことには責任を持って取り組むことです。

課題をうやむやにせず、時間をかけても良いのでしっかりと向き合い、都度解決していくことが、将来的に自分に返ってくる成果としては最も効率的なのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
     

コメントを残す

*