勇気を持って情報を捨てる【新型コロナ】

こんばんは。

今日は個人的に、新型コロナウイルス関連で色々と慌ただしい一日となりました。

新型コロナについて、改めて考えさせられた一日

おそらくこのブログの読者の中にも、忙しないような、慌ただしいような、不安なような、そんなもどかしい気持ちになってしまっている方もいらっしゃるかもしれません。

今回のウイルスについては、下記記事でまとめていますので、一度心を落ち着けて、お読み頂ければと思います。

安倍首相の会見

安倍首相は先ほど、全国の小中高校の一斉休校要請の経緯説明を含めた記者会見を開きました。

皆さんはこちらをご覧になりましたか?

そして、これに付随するおびただしい量の関連ニュースをご覧になったでしょうか。

こうした政府が発する一次情報より、TwitterなどのSNS上で繰り広げられる話や、意訳された関連ニュースの方が盛り上がってしまっていたりして、本来の発言の意図や解釈の幅のあるような情報に関して、情報量の多さから、「思考しない」となってしまうのは、非常に危険だと思います。

多すぎる情報に触れると、思考力が低下する

確かに、常に最新の情報が変わり続けるため、不安な気持ちが強く慣ればなるほど、逐一スマホでニュースやSNSをチェックしたくなる気持ちになります。

現に、そうしたニュースは、読者に対して理解されやすい形に変換して発信されるので、事実を誇張して書かれていたり、場合によっては真実を捻じ曲げてかかれるような例もあります。

自分自身も、不安な気持ちから、今日は常にSNSやニュースをチェックしていました。

しかし今は、それが自分の首を締めていることに気付きました。

多すぎる情報(とりわけ同一の事実に対して複数の議論を含んだようなものを含む)を目にして、脳が混乱に近いような状態になってしまい、自分の頭で考えられなくなってしまっていました。

これを受けて、個人的なスタンスとしては、常に公的な情報や、事実ベースの情報を仕入れ、それに関連するようなニュース(例えば、トイレットペーパーが無くなっているとか、マスクの転売問題 etc.)は積極的に捨てるようにしました。

自分にとって必要な情報を取捨選択する

今回のような非常事態でなくても、ネット社会においては、アクセスしようと思えば情報は無限に近い形で取得できてしまいます。

それだけの情報が溢れているわけですので、端的に言って、情報の質もピンキリです。

これをいかに取捨選択し、自分にとって必要な情報を選び、その他を捨てることが重要だと思います。

常に客観的視点を持つ

例えば、ある事実に対して「こういうところがムカついた」みたいな意見が目に入ったとします。

こういうものをベースに情報のキャッチアップをしている場合は要注意です。

十中八九、それは必要のない情報だからです。

そして大抵、こういう発言をしている人は匿名で発言をしている場合が多いです。

どこの誰かもわからない人の一意見に一喜一憂していては、心の疲弊の原因になってしまいます。

事実を踏まえ、自分にできることを探そう

今回の新型コロナウイルスの感染拡大に抵抗するために、それぞれが自分にできることを探せば、感染拡大はある程度防げると思います。

現に、多くの人がコロナウイルス対策を習慣化させたことにより、インフルエンザの罹患者数は、例年に比べかなり減少しているようです。

全体で見れば、新型コロナウイルスの危険性に関する情報が出回ったことにより、新型コロナウイルスの感染者数を大きく上回る水準で、インフルエンザの罹患者数が減っています。

これ自体は、とても良いことだと思いますが、人間の心理的に、どうしてもネガティブな情報を大きく捉えがちになるそうです。

普段、我々がどれだけ感染症対策をしていないかを思い知らされることになったわけですね。

ここについては反省が必要な部分だと思いますが、どうしても「政府の補償」だとか「マスクの買い占め」だとか、ネガティブな情報に国民の大半が反応してしまうため、ニュースを作る側も、仕事ですから、そちらを積極的に報じるでしょう。

そしてそのスタンスは今後もきっと変わらないと思います。

だからこそ、情報を受け取る側は、取捨選択が必要だと強く感じています。

ニュースの嵐に踊らされず、今、自分に何ができるのかを考えて行動することができれば、自ずと心理状態は、快方に向かっていくはずです。

世界的に見ても非常事態であることに間違いはないので、この窮地を乗り切れるよう、日々頑張っていきましょう。

“書くことの楽しさ”を改めて感じている(TECH::EXPERT 40日目)

こんばんは。

今日でTECH::EXPERTの受講から40日が経ちました。

長かった気もするし、あっという間だった気もします。

毎日、少しずつでも新しいことができるようになっていく過程は、とても新鮮です。

では、本日の振り返りをしていきます。

まずは今朝の目標ツイートです。

個人アプリ開発発表 プレゼン資料作成

個人アプリケーション発表会では、WordPressで実装したこのブログのことを発表する予定なのですが、今日はまず最初に、そのプレゼン資料を作りました。

発表時間は1人5分なので、細かい部分まで発表する感じではなく、簡単な概要説明としてまとめました。

入れ込んだ項目は下記の通りです。

  • なぜWordPressに取り組んだのか?
  • ブログのテーマ
  • 作成したページ
  • 反省点

文字ベースではありますが、リハーサルの意味も込めて、簡単にここでもプレゼンをしていきます。

なぜWordPressに取り組んだのか?

ちょっと文字がごちゃごちゃしちゃって反省してるんですが、これ以上削れませんでした。

では、1つずつ紹介をしていきます。

サイトデザインのカスタマイズ性に限界を感じた

2015年2月から、Seesaaブログという無料ブログのプラットフォームを使ってきました。

今日に至るまで、何度かサイトデザイン変更などもしてきた経緯があります。

本当はSeesaaブログ内でもCSSをいじれたりするのですが、どうしても無料ブログプラットフォームなので、できることが制限されているように感じました。

元々文字が書ければそれで良かったので、あまり深く考えてきませんでしたが、少しずつ読者目線でブログを作りたいと思うようになり、綺麗なデザインテーマが沢山あるWordPressに憧れを抱くようになりました。

今回は、WordPressを使ったブログサービスに移行をする良い機会だと思い、実装を決意しました。

ドメイン・サーバーの知識を深める

元々、ドメインやサーバーがどんなものなのか、ぼんやりとした理解に留まっていました。

プログラミングとは直接関係ないにせよ、WEBサービスを作るなら絶対に知っておかなければならない知識だと思い、このタイミングで学習ができる上、実際の実装経験を積めるのは一石二鳥でした。

それぞれがWEBサービス上でどのような役割を果たすのかを、より深く理解することができました。

PHPの言語としての役割

PHPは、WEB開発に特化していて、「サーバーサイド」と呼ばれる、WEBサービスの後ろ側の動作を担当するプログラミング言語です。

WordPressを使うにあたり、今まで使っていた「Ruby」に変わり、「PHP」を使うことになったため、初めはちんぷんかんぷんでした。

今は、それぞれの記述がどんなことをしようとして書かれたものなのかを調べながら、1つずつ理解している段階です。

今後も長く付き合う言語になりそうなので、少しずつ理解を深めていこうと思います。

更新性・アピールのしやすさ

ブログは、自分さえサボらなければ、必然的に更新されていく媒体です。

WEBサービスが“サービスとしてちゃんと稼働するかどうか”を他人に委ねなくても良い、ということは、自分にとって制作の大きなモチベーションになりました。

それから、今後WordPressの制作案件を受けるようなことがあれば、単純にノウハウを活かせるのと、このブログ自体が1つのポートフォリオとしても機能するのではないかと思いました。

ブログのテーマ

次に、ブログのテーマについてです。

こちらは昨日のブログで説明していますので、ぜひご覧ください。

作成したページ

こちらも画像の通りです。

元々こういうコンテンツ作成において、割と何でも詰め込んでしまうタイプなので、今回はとにかくシンプルであることと、ユーザーにとって見やすいことを意識しました。

その結果、現時点では計画通りのものが作れたと思っています。

反省点

反省点は沢山あるのですが、抜粋したものを画像に掲載しています。

どうしても限られた時間での実装なので、色々と詰め切れていない部分や、理解し切れていない部分があるのですが、それは今後運用を重ねていく上で少しずつマスターしていけたら良いなと思っています。

新型コロナに関する記事も書きました

どちらかというと、今日はこれに時間を費やしすぎてしまったかもしれないです。

とはいえ、センシティブなトピックなので、手を抜くわけにはいきませんでした。

どうしても取り扱いたいテーマで、自分自身も理解が足りない部分があり、1つずつ調べながら記事作成をしていきました。

結果的に3~4時間かかってしまいましたが、新型コロナについてわかりやすくまとめることができたと思っています。

Railsは断念、JavaScript / jQueryを優先

もう1つの目標として挙げていたRailsの復習は時間的に断念しました。

同期との会話で、「最終課題はどうもJavaScriptやjQueryの理解を深めておかないとやばいらしい」という情報を得たので、土日はこの2言語の復習を優先的に行って、その後をRailsの復習に充てたいと思います。

来週月曜日には、ちょうどjQueryの理解度チェック試験もあるので、このタイミングで理解をさらに深めておきたいと思います。

やっぱり書くのは楽しい

新しいプラットフォームでブログを書いていることもあり、改めて文字を書くことの楽しさを感じており、結構な長文になってしまいました。

これと同じような経験を早くプログラミングでもできるように、学習を頑張りたいと思います。

プログラミング言語の習得は、きっと日本語を覚えるようなものに近いと思うので、続けることが肝要だな、と思います。

例によって土日はアカペラ関係の予定が目白押しですが、空き時間は必ず作れるので、学習を進めていきます。

ではでは、今日もおつかれさまでした。

新型コロナウイルス(COVID-19)に関する公的情報源まとめ【新型コロナウイルスの基礎・予防策についても解説】

新型コロナウイルス(COVID-19)についての情報を発信している公的機関のうち、信頼性があり、かつ、わかりやすく情報提供をしてくれているものをまとめました。

新型コロナウイルスに関する情報入手にお役立てください。

また、本記事で紹介している公的機関の他に、有益な情報を発信している公的機関などがございましたら、随時更新を致しますので、お知らせ頂けますと幸いです。

日本の公的機関

厚生労働省

ホームページ

https://www.mhlw.go.jp/index.html

新型コロナウイルス感染症について

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

公式Twitter

国立感染症研究所

ホームページ

https://www.niid.go.jp/niid/ja/

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連情報ページ

https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/ka/corona-virus/2019-ncov.html

東京都感染症情報センター

ホームページ

http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報

http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/diseases/2019-ncov/

世界の公的機関

世界保健機関(WHO)

ホームページ

https://www.who.int/

新型コロナウイルス (COVID-19)関連ページ

https://www.who.int/emergencies/diseases/novel-coronavirus-2019

公式Twitter

重ねてのご案内となりますが、有益な情報を発信している公的機関がございましたら随時更新致しますので、お知らせ頂けますと幸いです。

新型コロナウイルスの基礎・予防策

ここからは、2020/02/28時点で既に公的機関から挙がっている情報から、

  • どんなウイルスなのか
  • どうすれば感染する可能性を下げられるのか

を深掘りしていきます。

これより下の専門的な情報は、主に上記でピックアップした公的機関の関連ページを参照しています。

どんなウイルスなのか

ここでは、上記で取り上げた公的機関が案内している新型コロナウイルスの説明を、項目別に、なるべくわかりやすい形でまとめています。

これまでのコロナウイルスの特徴

  • 感染しても多くは軽症
  • 重症化している例
    • 2002年に発生した「重症急性呼吸器症候群(SARS)」
    • 2012年以降発生している「中東呼吸器症候群(MERS)」

ほとんどのコロナウイルスは、感染しても軽症で済む事例が多いようです。

どのようにしてウイルスが発生したのか

重症化した2つのコロナウイルスは、動物由来と考えられるヒトへの感染事例で、今回の新型コロナウイルス(COVID-19)は、遺伝子配列がコウモリ由来のSARSに近いため、コウモリ起源である可能性が考えられています。

そのため、感染した患者が重症化する可能性も十分考えられ、現時点でも死亡事例や重症化事例が報告されています。

感染様式

  • 飛沫感染(くしゃみ・咳・つばなど)
  • 接触感染(電車やバスのつり革・ドアノブ・エスカレーターの手すりなど)

現時点では、上記2種類の感染様式が考えられています。

空気感染のような伝染の仕方は確認されていないものの、閉鎖空間で多くの人と会話する等の一定の環境下であれば、咳やくしゃみ等がなくても感染を拡大させるリスクがあるようです。

寒い時期ですが、換気はこまめにした方が良さそうです。

潜伏期間

潜伏期間は、1~12.5日と考えられています。

本ウイルスに感染を受けた人の多くは無症状のまま経過する可能性があるようです。

感染を受けた人の中で潜伏期間ののち、一定の割合で発熱・呼吸器症状(咽頭痛、咳)などの感染症状が認められるようになるようです。

具体的な症状

  • 発熱
  • 呼吸器症状(咽頭痛・咳)
  • だるさ(倦怠感)

これらの症状が、短期的ではなく4日〜1週間前後持続することが多いそうです。

また、高齢者や基礎疾患がある人で重症化しやすいことが明らかになっているようです。

どうすれば感染する可能性を下げられるのか

ここからは、新型コロナウイルスに関する上記の特徴を踏まえ、感染するリスクを下げるための手段を見ていきます。

一般的な感染症の対策

一般的な感染症の対策は、下記の通りです。

  • 流水、石鹸による手洗い
  • 咳やくしゃみをする時には、手で覆わず、ティッシュなどを利用する。間に合わない場合は服でもOK

また、周りの人への感染を抑えるために、咳エチケットも有効な手段とされています。

常に健康でいる心がけが必要

この他にも、

  • 偏食を避け、規則正しい生活をする
  • 適切な睡眠時間を確保する

などの基本的な健康を維持するための心がけが、今回のウイルスだけでなく、あらゆる病気を予防する上で必要になります。

マスクは有効?

既に多くの人が、感染予防のためマスクを着用していますが、「予防」という側面においては、必ずしも有効な対策とは言えないようです。 

問13 マスクをした方がよいのはどのような時ですか?

マスクは、咳やくしゃみによる飛沫及びそれらに含まれるウイルス等病原体の飛散を防ぐ上で高い効果を持ちます。咳やくしゃみ等の症状のある人は積極的にマスクを着用しましょう。
ご自身の予防用にマスクを着用することは、混み合った場所、特に屋内や乗り物など換気が不十分な場所では一つの感染予防策と考えられますが、屋外などでは、相当混み合っていない限り、マスクを着用することによる予防効果はあまり認められていません。

厚生労働省 新型コロナウイルスに関するQ&A https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html

混み合う電車やバスを利用する方や、換気のできない狭い部屋に長時間いなければならないような場合には有効な予防策となりえますが、そうでない場合は、マスクを着用しなかったからといって感染のリスクが増大するようなことは無さそうです。

反対に、マスクをしたとしても、一般的な感染症予防策を講じていなかったり、健康でいるための習慣を心がけていなければ、感染のリスクを抑えたことにはなりません。

事実情報を得て、正しい対策をしよう

こうした非常事態になると、心がざわつき、不安が生じ、真実を見失い、流れに身を任せてしまいがちになります。

むやみに煽り立てるようなニュースや報道、記事がどうしても目立ってしまいますが、この記事を通してお伝えしたいのは、常に、公的機関などが発している一次情報のような信頼性の高い情報をキャッチアップして、その時その時にでき得る最善の対策を講じることが重要だということです。

この記事が、感染予防に役立つよう、そして感染拡大を防ぐ一助となることを願っています。