【20201012】3分で読める「iDeCo(イデコ)」

忙しい人でも、簡単にiDeCoについての概要を把握することができるように、簡単にまとめました。

iDeCo(イデコ)とは?

iDeCo(イデコ)は、「個人型確定拠出年金」の愛称です。

誰でも加入可能(一定の掛金上限あり)

平成29年の法改正により、ほぼ全ての国民年金(厚生年金)被保険者が加入できるようになりました。
ただし、就業形態に応じて、一定の掛金上限があります。
後ほど説明します。

自分で拠出、自分で運用

iDeCoは、最終的にもらえる金額が決まっていません。というのも、拠出した掛金は、基本的に資産運用をしていくことになります。
どの資産で運用をするかというのは、自分自身で選択をすることになります。

決まった金額を拠出するから「確定拠出」

「確定拠出年金」の他に「確定給付年金」というのもあります。これは、最終的にもらえる金額が予め決まっているものを指します。
iDeCoは、「確定拠出年金」なので、拠出する金額が定額ですが、最終的にもらえる金額は、もらう時になってみないとわかりません。

iDeCo(イデコ)の仕組み

iDeCoについて、もう少し深くみていきましょう。

掛金上限は、就業形態に応じて1.2〜6.8万円

iDeCoには、毎月拠出することのできる掛金の上限が定められています。具体的には、下記の画像の通りとなります。

iDeCo公式サイト(https://www.ideco-koushiki.jp/guide/structure.html)より引用

※DC:確定拠出年金 DB:確定給付企業年金、厚生年金基金

これらの枠を超えない範囲で、毎月の掛金を拠出していきます。

掛金下限は、5,000円から1,000円単位で決められ、途中で掛金の拠出を止めることも可能

資金にそれほど余裕がない場合でも、iDeCoに加入することができます。
最低月額5,000円からの加入も可能で、1,000円単位で掛金を自由に決めることができます。

また、掛金の拠出を途中で一旦ストップすることもできます。
この間も、資産運用をきちんとしてくれるので、場合によっては、掛金を拠出しなくても資産が増える可能性もあります。

運用商品は自分で決める

ここがiDeCoの最も楽しいところであり、最も怖いところかもしれませんね。
拠出した掛金を何に投資するかは自分で決めることになるので、運用の結果、拠出した掛金よりももらえる金額が少なくなる場合もあります。

受け取り方は、年金でも一時金でもOK(年金と一時金を組み合わせることも可能)

一応、「確定拠出”年金”」という名称なので、老後の生活資金として、年金で受給することが想定されていますが、一時金としてもらってしまうことも可能です。

また、一部の金額を一時金で受給し、残りは年金で受給する、といった合わせ技も可能となっています。

この点において、受給時には非常に柔軟性のある制度ということができます。

受給開始は60歳から(中途脱退は原則不可)

iDeCoの年金受取は、原則的に60歳からとなりますが、60歳に達するまでの中途脱退は原則、できません。

例えば、30歳で加入したけど、40歳で脱退を検討し、今までの掛金を受け取りたい場合を考えてみましょう。

iDeCoでは、上記のような場合、中途脱退は不可能となっています。

そもそもiDeCoは、「老後の生活資金を若いうちから積立運用しておく」という国の方針を制度として反映したものなので、本来の目的とは違った使われ方をすると、せっかく国が税制優遇をした制度が台無しになってしまいます。

上記のような経緯があり、iDeCoは原則、中途脱退不可となっています。

iDeCo(イデコ)のメリット

最後に、iDeCoの優れている点をざっと確認していきます。

①掛金が全額所得控除される

例えば、所得控除の代表格として「生命保険」や「医療保険」がありますが、実は、これらの保険は、保険料の全額が所得控除されるわけではありません。

これに対してiDeCoは、その掛金の全額が所得控除されるため、その分、年間の所得税も安くなり、大きな節税効果が期待できます。

②運用によって得られた利益は非課税

iDeCoは自分で運用商品を決めることを先ほどお伝えしましたが、通常、資産運用によって得られた利益についても、所得税が課税されます。

ただし、iDeCoの掛金拠出によって得られた利益については、どれだけ大きな利益が出ても、所得税が課税されません。
これにより、更なる節税効果が期待されます。

③年金として受け取る時にも控除がある

実際にiDeCoを受給する際にも、「公的年金控除」の対象になり、民間の個人年金保険で年金をもらうよりも所得税が減額される(もしくは無税になる)ことになります。

年金と書きましたが、一時金で受け取る場合には「退職所得」として計算されることになり、こちらも節税効果の高い計算方式を使用することができます。

上記3つの節税効果により、iDeCoの利用によって、誰でも一生涯の節税効果を享受することが可能となります。

おわりに

今回は、iDeCoの概要について簡単にご説明しました。

更に詳しい情報が知りたい場合は、「iDeCo公式サイト(https://www.ideco-koushiki.jp/)」をチェックしてみてください。

【20201010】違和感は、個性であり強みだ

納得いっていない形で自分の中にある思考や哲学を曲げるのは、自殺するのと同じくらい、愚かなことだ。
多少頑固だと思われても、変わり者だと思われても、「自分のやりたいことをやる」ということを貫かない限り、人間は、その他大勢に簡単に紛れてしまう。

そういう楽な生き方を否定するわけではないが、現在の状況が「楽な生き方を選ばざるを得ないような状況」なのであれば、そんな環境は早く捨てた方が良いと思う。

楽な生き方に流されてしまう時は、それがその人の進むべき人生でないことを、自分の中にいる自分が教えてくれていると思うべきだ。

挑戦は、いつだってできる

未だに、「あの頃にもっと挑戦しておけば良かった」という声が後を絶たないが、なぜ今ではダメなのか考えたことがあるだろうか。

きっと、あの頃と環境が変わり、制約が増えた今、新たな一歩を踏み出すことは難しいと思うかもしれない。
だが、それは「あの頃」だって一緒だった。だから、あの頃にもきっと挑戦しなかったのだろう。

確かに、「あの頃」より制約は増えたのかもしれない。でも、できることだって増えているはずだ。
だとすれば、挑戦するタイミングは、今しかないんだ。

違和感は”種子”だ

自分の中でモヤモヤとうごめく「違和感」。
これは大事にしなければならない。

みんながYESといっていることにNOを突きつけるのは、勇気がいることだ。
だが、自分の心に嘘をついてはいけない。
NOだと思っていながらYESと言ってはいけない。
それは、自殺をするのと同じだ。

違和感を感じたら、その気持ちを大事にしよう。
返答を焦ってはいけない。
感じた違和感を、自分の言葉にしてアウトプットできるまで、じっくり待つ。
違和感がきちんとアウトプットできる形になったら、その時、しっかりと自分の言葉で伝えれば良い。

【20201005】経理代行サービス、はじめました。

「記帳作業…面倒だけど、経理を雇う予算もない…」
「経理を一から育てる時間がなく、格安で安心できる経理を外注したい」
「固定費の見直しなど、会計上のコンサルティングをして欲しい」
「申告は税理士にお願いしているが、日々の記帳などは自分でやらなければならない」

上記のようなお悩みを抱えている事業主の方々のために、この度、経理代行サービスをはじめました。
本記事では、その内容をご説明させて頂きます。
連絡先は、本記事下部にまとめてありますので、お気軽にお問い合わせください。

自己紹介

  • 名前
    • 齋藤 龍(さいとう りゅう)
  • 出身
    • 福島県二本松市
  • 居住地
    • 埼玉県草加市
  • 職歴
    • 税理士事務所で約3年、勤務経験があります。当時は、個人・法人を合わせて20社ほど担当していました。
    • 現在はフリーで経理代行をはじめ、他にも財務関係の記事執筆なども行っています。
    • 2020年1〜3月、プログラミングスクールに通い、プログラミング案件も受注しています。
    • 2020年7月、株式会社King of Tiny Roomを設立。アカペラを中心とした音楽関係の会社です。
  • 保有資格
    • 日商簿記2級
    • 2級ファイナンシャルプランニング技能士
    • Affiliated Financial Planner(AFP)
  • 挑戦中の(、又は挑戦したい)資格
    • 社会保険労務士
    • Certified Financial Planner(CFP)
    • 1級ファイナンシャルプランニング技能士
    • 中小企業診断士
    • 税理士
    • サウンドレコーディング技術認定試験
  • 性格、特徴
    • 上記の通り、知的好奇心が旺盛です。哲学も好きです。
    • 頂いたお仕事は、最後まで責任を持って行います。
    • 決められた枠に留まっているのが苦手です。
    • 歌うこと、何かを作ることが大好きです。
    • 瞬間的な集中力は高い方ですが、あまり長続きはしません。

その他、何か気になる点などあれば、お気軽にご連絡ください。

サービスの対象者

個人・法人を問いません。どなたでもご利用頂けます。
事業を営んでいる方を想定していますが、それ以外の方の相談(例えば、ライフプラン資料の作成、住宅ローンや保険、資産運用のご相談など)も承っています。

業務内容

  • 日々の仕訳の入力業務
    • レシート入力等も承ります。
    • 使用会計ソフトは何でもOKです。
  • 帳簿整理業務
    • 「現在の帳簿がぐちゃぐちゃで、内容を整理して欲しい」というような内容でもOKです。
  • 決算書作成業務(あくまでも決算書作成までとなります。税務申告書の作成につきましては、税理士にご相談ください。)
  • 経営コンサルティング業務
    • 最短、毎月ベースで試算表等書類を吟味し、会計面から見た企業内部健全化を図ります。

料金体系

具体的な業務内容によって変動致しますが、下記は料金体系(目安)となります(消費税別)。

  • 仕訳入力業務:基本料金+従量制により算定
    • 基本料金:1ヶ月5,000円
    • 従量制:1仕訳あたり20円
  • 帳簿整理業務:前期平均月間売上総利益により変動
    • 前期平均月間売上総利益10万円以下(個人):月額5,000円
    • 前期平均月間売上総利益50万円以下(個人):月額7,500円
    • 前期平均月間売上総利益100万円以下(個人):月額10,000円
    • 前期平均月間売上総利益300万円以下(個人):月額20,000円
    • 前期平均月間売上総利益300万円以上(個人):規模に応じて要相談
    • 前期平均月間売上総利益50万円以下(法人):月額7,500円
    • 前期平均月間売上総利益100万円以下(法人):月額10,000円
    • 前期平均月間売上総利益300万円以下(法人):月額20,000円
    • 前期平均月間売上総利益500万円以下(法人):月額30,000円
    • 前期平均月間売上総利益500万円以上(法人):規模に応じて要相談
  • 決算書作成業務:前期決算売上総利益により変動
    • 前期決算売上総利益100万円以下(個人):20,000円
    • 前期決算売上総利益500万円以下(個人):30,000円
    • 前期決算売上総利益1,000万円以下(個人):40,000円
    • 前期決算売上総利益3,000万円以下(個人):70,000円
    • 前期決算売上総利益3,000万円以上(個人):規模に応じて要相談
    • 前期決算売上総利益300万円以下(法人):40,000円
    • 前期決算売上総利益1,000万円以下(法人):60,000円
    • 前期決算売上総利益3,000万円以下(法人):80,000円
    • 前期決算売上総利益5,000万円以下(法人):100,000円
    • 前期決算売上総利益5,000万円以上(法人):規模に応じて要相談
  • 経営コンサルティング業務
    • まずはご相談ください。どの程度コンサルティングの必要があるのかを吟味させて頂き、お見積りを提示させて頂きます。

ご連絡先

ご連絡は、メールかTwitterで承っております。ご相談の他、内容をより詳しく知りたい場合も、お気軽にご連絡くださいませ。

  • メール
    • drash.motome@gmail.com
    • 件名は「経理代行相談」として頂けますとスムーズです。お気軽なご相談も無料で承ります。
  • Twitter