年金ゼロの先にあるもの

こんにちは、Ryuです。

いつもブログを読んでくださってありがとうございます。

今回取り上げるのは、年金です。

減少する日本人口

既に日本は人口減少のフェーズに入っており、これによって、将来的にもらえる年金の総額は、ほぼ間違いなく減っていきます。

具体的にいうと、受給開始年齢の引き上げや、1回あたりの年金の金額の減少などが考えられます。

今日は、最悪のケースを考え、将来的に受給できる年金の金額がゼロになってしまった時のことについて、考えてみたいと思います。

年金は貯蓄なのか、保険なのか

人生100年時代と言われるようになって久しいですが、年金は、このような長寿リスクに備えた保険・共済制度だという前提を、まずは掴んでおく必要があります。

払った年金は将来ちゃんと受け取りたい、と思っている方も多くいらっしゃると思いますが、年金制度が立ち行かなくなってきている原因として、少子化と長寿化のダブルパンチが挙げられます。

数十年前よりも長生きする人が増えるようになったことで、国が支出する年金の金額も増えるわけですから、現役世代への負担はますます大きくなることが考えられます。

この負担を必要経費と取るか、搾取と取るかは人それぞれなのですが、年金制度についての基礎的な理解は深めておく必要があると思います。

年金がゼロになる具体的な理由

年金がゼロになる社会には、積極的な理由と消極的な理由が考えられます。

下記リストは主な予想です。

  • 積極的理由
    • ベーシックインカム(以下、”BI”とします)の導入(社会保障制度の廃止)
  • 消極的理由
    • 収支バランスの崩壊による年金制度の破綻

まずは、積極的理由から解説していきます。

BIの導入による社会保障の代替

BIとは、国民全員に一定のお金を配ることで、最低限の生活の保障を施すような考え方です。

日本は借金大国ですから、このような財政支出をするためには、税金をべらぼうに上げるか、既にある制度を廃止するしか無いと思います。

大幅な増税は、日本経済が停滞している状況を考慮すると、あまり現実的では無い気がするので、個人的には社会保障制度に替わってBIが導入されるのが現実的だと思います。

BI制度の是非については既に様々な議論がされていますが、本記事の主旨から逸脱するため、ここで多くは触れません。

BIの導入を積極的な理由としたのは、「国としての方針を示している」という点です。

国としての指針を示す能動的な政策と言えるため、政策の是非にこだわらず、積極的な理由としての紹介をさせて頂きました。

社会保障廃止で、日本はどう変わるか

BI導入などにより社会保障が廃止されると大きく変わる点を抜粋してみました。

  • 健康保険制度の廃止
    • 給料から健康保険料が引かれなくなる
    • 現在1~3割負担の医療費が10割負担になる
    • 出産手当金などの支給が受けられなくなる
    • 公的機関への手続きなどが無くなる
  • 年金制度の廃止
    • 給料から年金保険料が引かれなくなる
    • 老齢、障害、遺族年金が受けられなくなる
    • 公的機関への手続きなどが無くなる

この他にもいろいろ変わる点があるのですが、インパクトの大きいものとしては、年金が無くなることと、医療費が10割になるところでしょうか。

これらをBIによって補填するような形になるので、国民1人ひとりの資金管理が今までよりも重要になります。

現役世代が高齢者を支えきれなくなる未来

続いて、年金制度廃止の消極的な理由について考えていきましょう。

現時点で国家が抱える負債は1,100兆円を超えています。

そのほとんどを国内で所有しているから、大きな問題では無い、という人もいますが、冷静に考えて、負債が増え続ける国家は健全だとは言えないですよね。

社会保障は、国の大きな負担になっている

国の財政支出のうち約3割は社会保障費です。

これは、あらゆる財政支出の中で最も大きい割合であり、今後高齢者割合が増加していくにつれて、社会保障費の割合もどんどん上がっていくと思われます。

つまりこのまま社会保障費が増えていくと、日本は財政破綻をしてしまいますから、そうならないように、社会保障費を削る、というのが消極的な理由になります。

ただしこの場合は、BIのように代替する手段が提示されないため、一気に社会保障を無くす、というよりも、段階的に保障を減らしていくようなイメージです。

そして日本は、まさにこの最中にいます。

現役世代が負担する社会保険料が増え、高齢者が受給する年金が減り続けている今、改めて年金について国民1人ひとりが考える必要があると思います。

年金に関する諸問題を考えてマネーリテラシーを上げよう

今回は年金を軸に、将来の日本を考えてみました。

もちろん、今回述べた記事が正しい理解と見地に基づいた判断かと言われれば、自信を持って「そうだ」とは言えません。

しかし、こういった問題について自分自身で考えてみることで、日本の今後、ひいては自分自身の将来について、一度立ち止まって考える良い機会になると思います。

日本社会にとって悪いことが起きると、「全部国のせいだ」としてしまいがちですが、代表者を選んでいるのは、紛れもなく国民自身です。

それはただブーメランを投げているだけです。

今回は年金問題について取り上げましたが、今日本が抱えている問題について、自分で考えてみるだけでも、いろいろ調べることになりますので、マネーリテラシー(お金に対する理解)の向上につながると思います。

今回の記事をきっかけに、新しい学びの機会を得てもらえれば幸いです。

楽にモチベーションを維持したい時に決める、たった1つのこと

こんにちは。Ryuです。

いつもブログを見てくださってありがとうございます。

今日は、モチベーションを維持するための方法として自分自身が常に意識していることを書いていこうと思います。

ぜひ、ご参考頂ければ幸いです。

目の前の最も重要なタスク1つに絞る

普段、私たちは、多くのタスクに見舞われています。

それは、インターネットが普及したことによる情報化社会の宿命とも言えるもので、情報を自分で取捨選択するための力が必要になってきます。

タスクを絞ることのメリット

これはタスクについても同様で、放っておくと、抽象的なタスクがどんどん溜まっていきます。

そして、結局耐えきれなくなってタスクごと捨てる羽目になってしまうこともあるかと思います。

これらを細分化・具体化して、1つずつ対処していくことのメリットは下記です。

  • ゴールが明確になる
  • それぞれのタスクの難易度が下がり、達成しやすくなる
  • 達成進捗率の把握がしやすくなる

タスクを細分化することでゴールが明確になり、同時に、目的も明確になってくるかと思います。

抽象度と難易度は、比例関係にあると思います。

抽象的な目標は、何に取り組めば良いのかが曖昧なので、どうしても難易度が上がってしまいます。

集中力の観点

タスクを細分化・具体化することで、副次的に得られる効果として、集中力の持続性が挙げられると思います。

これは、シングルタスクになることで余計なことを考える隙間が埋められ、結果的に集中力が長続きするようになるのではないか、というのが、今のところの個人的な仮説です。

人生は選択の連続

自分で決めないと、主体的に動けない

人は、自分で決めることで個性を獲得しているように思います。

誰かに決めてもらったことには責任が伴いませんが、裁量権も与えられない場合が往々にしてあると思います。

ここから生まれるモチベーションは、常に、自分以外の誰かにコントロールされているものとなります。

外発的動機と内発的動機

ここで、外発的動機と内発的動機について考えてみたいと思います。

  • 外発的動機:行動の要因が自分以外の誰かによる評価や強制力によるもの
  • 内発的動機:行動の要因が自分自身の興味や関心によるもの

一般的に、外発的動機の効果は一時的、かつコントロール不能なものです。

例えば、会社員として働くのも、生活のためにしょうがなく働いているような場合は、行動の要因が、給料や人事評価になるため、給料が減ったり、仕事が給料に見合わなかったりすると、モチベーションが下がります。

この例は分かりやすいですが、上昇志向のうち、出世欲なども、「他人に評価されたい」という気持ちがもとになっている外発的動機の可能性があります。

同じ会社員でも、自分自身の信条や、やりたいことを会社で実現できるような環境の場合は、多少給料が落ちようが、生活ができれば仕事を続けるかもしれませんね。

これが内発的動機であり、自分自身で人生を選択していることに他なりません。

アンダーマイニングの罠

アンダーマイニング効果という言葉について解説します。

アンダーマイニング効果は、元々内発的動機で行動をしていた人が、思いがけない報酬などを与えられることで、動機が外発的なものに変わってしまい、やる気が続かなくなってしまうようなことをいいます。

これにはまってしまうと、当初の目的を見失ってしまう可能性が上がるため、アンダーマイニングにかからないように、常に意識をしておく必要があります。

やりたいことが見つからないなら”逆アンダーマイニング”を目指そう

アンダーマイニングを逆手に取ることもできます。

やりたいことが見つからない人は、なかなか内発的動機と言われてもピンと来ないと思います。

内発的動機が外発的動機に変わってしまうことがあるのなら、その逆もまたあり得ると思っています。

例えば、子供の頃に親に習わされた(と思っていた)ピアノが、今では自分のアイデンティティで、趣味にもなっている、といったケースがこれにあたります。

やりたいことがない人は、頼まれごとに本気で取り組んでみるのも1つの手です。

そこから新たなアイデンティティが見つかるかもしれません。

例外を用意すればするほど、脳は疲弊していく

シングルタスクを決めることができたら、あとはそれを達成するために手を動かすのみなのですが、今日終わらせる予定のタスクなのにもかかわらず、「今日は疲れたからこの辺にしておこう」とか、あやふやな言い訳を突発的に作ってしまうと、「延期しても良い」という例外が脳に自動生成されます。

これは悪習慣のもとになるため、できれば避けたいですね。

ただ、無理にタスクをこなそうとすると、モチベーションがガタ落ちしてしまう可能性があります。

完璧主義から脱却しよう

これを維持するために必要な考え方が、「完璧主義からの脱却」です。

人間は、完璧にタスクをこなせる場合は非常に少ないです。

いろんな環境要因によって、集中力や選択までもが変化します。

タスクを見積もって、それが最終的に失敗に終わったとしても、自分を責めずに、なぜできなかったのかや、工夫すべきだった点を反省して、次に生かせば良いと思います。

例えば、失敗の原因としては、

  • タスクの細分化が甘かった
  • 期限設定に無理があった
  • 割り込みタスクに反応しすぎてしまった

などが挙げられます。

これらはどれも自分自身が何度も経験したものなので、皆さんも思い当たる節があるかもしれません。

この中でも特に重要だと思う、タスクの見積もりについて、注意点を何点か挙げていこうと思います。

タスクの細分化をする上で注意すること

誰の課題なのかを定義する

タスクを決める際に漏れがちなのが、本当に自分が適任なタスクなのかを区別することが重要です。

場合によっては他の人がやった方が全体としてうまくいく場合もあるため、ある程度客観的に物事を判断する必要性があります。

必要なところを必要に応じて進める

計画をした段階で、タスクは明確になりますが、時間の経過や環境の変化に合わせて、計画に修正が必要になる場合があります。

こういった時にどれだけ臨機応変に対応できるかによって、タスクの成功率はかなり変化してきます。

タスクを決めた後でも、常に必要なタスクは変わりうることを念頭において、今必要なものにフォーカスして進めていくことが大事になると思います。

自分の意思で選択して、集中あるのみ

今回は、モチベーションの楽な維持方法を、タスク管理と絡めて考えてみましたが、結論はやはり「選択と集中」です。

自分でタスクを絞り、絞ったタスクには責任を持ち、完了に向けて集中するのみです。

これだけで、モチベーションに維持は容易になり、やりたいと思っていたことも、きっとできるようになります。

もちろん、この方法が万人にとって効果の高いものだとは思っていません。

性格や環境などによっても効果は変動するでしょうが、少なからず、何も考えていないよりは良い結果になるのではないかな、と思っています。

周りに評価されるための外発的動機と、自分自身の心に任せる内発的動機をうまく使い分けて、ぜひ、自分なりのモチベーション維持方法をつかんでみて下さい。

寝ることの何が大事なのか【睡眠の重要性】

こんにちは、Ryuです。

いつもお越し頂きありがとうございます。

今日は、日頃の疑問を調べて自分なりの結論を出すコーナーをやりたいと思います。

今日のテーマは、「睡眠の重要性」です。

日本人には、睡眠が圧倒的に足りていない

まずは、OECD(経済協力開発機構)が出している、2019年の世界と日本の睡眠時間を比較した表をご覧ください。

中国9時間2分
アメリカ8時間48分
スペイン8時間36分
フランス8時間33分
イギリス8時間28分
韓国7時間51分
日本7時間22分

これを見る限り、諸外国と比べて日本は睡眠時間が短いことがわかります。

睡眠不足による影響

専門家ではないので、睡眠不足が人体に与える影響を多角的な視点で話すことはできませんが、一般的に、睡眠不足は悪い影響が多くあります。

調べた中で特に目についた睡眠不足による影響を挙げていきます。

  • 身体的影響
    • 体の抵抗力が弱まる
    • 血圧が上がりやすくなる
    • 体重が増えやすくなる
    • 慢性疾患のリスクが上がる
  • 精神的影響
    • 認知機能に障害が出る
    • 気持ちの浮き沈みが大きくなる
    • ストレスが溜まりやすくなる

これらの項目について、順番に考察していきたいと思います。

体の抵抗力が弱まる

睡眠により、日々私たちの体の免疫機能は修復されているそうです。

睡眠の時間が減れば、修復をする時間も芋づる式に減っていってしまうため、抵抗力が低下し、病気になりやすい体になってしまいます。

血圧が上がりやすくなる

睡眠不足により、血圧が急激に上昇するリスクが高まるそうです。

一般的に、高血圧は、心臓発作や脳卒中などの疾患の原因になると言われています。

よく眠ることで、血圧を安定化させる、という働きもあるようです。

体重が増えやすくなる

睡眠不足により、消化器系の機能が低下するそうです。

消化器系の機能低下によりもたらされるのは、新陳代謝の機能低下です。

私たちの体のエネルギーを作り出す工場の働きが悪くなるようなものなので、同じ量を食べていても、作り出せるエネルギーが減り、蓄積された食べ物が脂肪に変わり、肥満の原因になっていくようです。

慢性疾患のリスクが上がる

睡眠は、免疫機能の修復だけでなく、臓器などの修復にも充てられるようです。

よって、睡眠不足は臓器修復のための時間を短くすることを意味し、それにより臓器が受けたダメージが上手く修復されず、慢性疾患に陥る危険性が高まっていくようです。

認知機能に障害が出る

睡眠時間が減ると、頭がボーッとする感覚がありますよね。

あの状態の脳は、お酒を飲んで酔っ払っている状態とよく似ているそうです。

集中力も低下し、自分を律することが難しくなります。

睡眠不足が普段の生活に影響が出てしまっているな、という自覚症状があったら、迷わず睡眠時間を増やした方が良いでしょう。

気持ちの浮き沈みが大きくなる

これは自分自身もよく経験するのですが、睡眠不足により、周りがよく見えなくなってしまうことがあります。

つい自己中心的な選択や、人当たりをしてしまったな、と思った時は、自分自身の行いを自責するよりも前に、睡眠不足を疑った方が良いかもしれません。

ストレスが溜まりやすくなる

睡眠不足の状態は、ストレスホルモンが出やすい状態と言われています。

睡眠時間というのは、心や体がリラックスしている状態になるため、その時間を多く取ることで、冷静さを取り戻し、より客観的な判断をすることが可能になるそうです。

寝ることは、動物が得た最大の自己修復能力なのかもしれない

これまでも、数多くの文献やメディアで睡眠の重要性は取り上げられてきました。

それにもかかわらず、日本人の平均睡眠時間はどんどん減ってきています。

主な原因として、インターネットの発達や、娯楽の多様化などがありますが、最終的には、自分自身が「睡眠時間を適切に確保する」という意思をちゃんと持てるか、というところが重要なことのように思います。

普段、睡眠不足を感じている方は、日々のタスクを見直して、本当にやる必要があるものを吟味したり、時には「諦めて寝る」という選択肢を取ることが、次の日の良いパフォーマンスにつながるかもしれません。

睡眠に勝る薬は無いのかもしれません。

それぞれの病気に効く特効薬はあっても、全ての力を底上げしてくれるのは、エナジードリンクでは無く睡眠なんだ、という当たり前のことを、現代人は忘れてはいけないと思います。