“快適”と”幸福”について考えてみた

こんにちは、Ryuです。

いつもブログをご覧頂き、ありがとうございます。

今回テーマとして取り上げるのは、「快適さ」と「幸福度」です。

私たち人間は、その命が続く限り、幸福な人生を望む生き物だと思います。

全ての選択の先に、自らの幸福があるはずです。

誰かの為に尽くしている人であっても、「尽くす事」そのものが自らの幸福に繋がっているから、尽くすのだと思います。

快適さと幸福度の違いとは

「快適さ」と「幸福度」は、一見すると似たような要素のように思われるかもしれませんが、全く違うと思います。

  • 快適さは、ある程度客観的に測定可能
  • 幸福度は、その人自身が決めるものであり、客観的に測定不可能

まとめると上記の通りなのですが、ここに人間のジレンマが隠れていると思っています。

快適な生活をする不幸者

例えば、経済先進国である日本に住んでいる日本人を考えてみましょう。

電気・水道・ガス・通信などのインフラがほぼ完全に整っており、憲法によって最低限度の生活を保障されている国です。

客観的に見れば、とても快適な国のように見えます。

ここで問います。

Q1.あなたは今、特に不自由のない快適な生活を送れていますか。

そして、もう一問、問います。

Q2.あなたは今、幸せですか。

おそらく、下記のように回答する方が大半を占めるのではないかと思います。

A1.はい
A2.いいえ

その上で、今後どのように2問目の答えを「はい」にしていくかを、今回は考えていけたらと思います。

快適さは環境が作り、幸せは自分が作る

最初に申し上げたように、快適さはある程度客観的に測定が可能です。

快適な生活 = 最低限の衣・食・住が確保された暮らしと定義した場合、ある程度ご納得頂けるのではないかと思います。

もちろん、他の指標が全く快適さを測る指標になり得ないかと言われれば、必ずしもそうではありませんが…。

ただし、幸福度の高い生活を定義する場合は全く違います。

幸福の定義は人それぞれ異なります。

それは、幸福が、個人が持っている価値観・アイデンティティに依存するからです。

だから、誰かの幸福を他人が語ることはできないし、画一的な幸福というものを定義するにしても、誰もが納得できるような、極度に抽象化された最大公約数的な幸福を述べるに留まると思います。

良い習慣を作る為には、幸福の定義が必要不可欠

先日、習慣についての記事を書きました。

この記事の中で、ゴールを決めることの重要性についてお話ししましたが、この「ゴール」を自らの幸福に結び付けても良いと思います。

幸福から逆算した習慣化のしかた

ここで、自分自身が考え、実践している習慣化の方法をお伝えします。

  1. 抽象的で構わないので、自分自身の幸福を定義する
  2. 定義した幸福の構成要素を考えてみる
  3. それぞれの要素をゴールとし、何段階かのプロセスを考える(3ヶ月〜1年程度で区切る)
  4. それぞれのプロセスをゴールとし、何段階かのタスクを考える(1週間〜3ヶ月程度で区切る)
  5. それぞれの計画をゴールとし、毎日、もしくは高頻度で行う習慣を考える

リストにすると仰々しく見えてしまうかもしれませんが、やっていることは非常にシンプルで、抽象的な幸福を実現する為に、行動をできるだけ具体化するということをしているだけです。

これをすることによって、幸福を叶えるための行動が習慣化されやすくなるだけでなく、毎日の行動を決める意思決定のための時間が削減されることになります。

意思決定の為の思考回数は、幸福度と反比例する

これは自分自身が立てている仮説に過ぎませんが、意思決定の為に思考をする回数が多いと、それだけ自分自身の考えを整理したり、見直したりする時間が必要になるため、非生産的です。

それよりかは、最初に自分自身の幸福を定義し、それに倣った行動を実践することで、どういう時にどういったアクションを取るべきなのかを、大元の幸福に照らし合わせて考える事ができるようになった方が良いと思います。

YES or NOの判断をその都度考えていると、段々考える事自体が億劫になり、それが自分自身の幸福を左右する重要な決定だったとしても、その決定を他人に任せてしまったりしてしまい、後から後悔するようなケースもあるかもしれません。

結局は、自分で決めなければ前には進めない

何本か記事を書いていて、自分自身の確固たる価値観に気付く事ができたのですが、どうやら私は「自分自身で決める事」に強烈な価値を見出している人間のようです。

だから、自分で決めてやった事が成功しても失敗しても、幸せを感じる事ができます。

成功したら次はもっと大きい事ができるようになるし、失敗しても「この方法はダメだったな」と、自己成長の糧にする事ができます。

ここで成功するか失敗するかはある意味どうでもよくて、「自分自身で決めてやったことかどうか」という点が非常に重要なわけですね。

幸福は、自分で決めることによって生み出される

同じような考え方が全ての人に当てはまるのではないかと思っていますが、残念ながら他の人の頭の中を覗く事はできないので、ここ数日の記事では、自分自身の価値観を元に、この記事を読んでくださっている方が少しでも幸福度の高い生活を送ってもらえるように、自己決定の重要性についてお話ししてきました。

幸福の定義に関わらず、自分自身で決めたものには一定の責任が生まれます。

自ら意思決定をして動くことは、ある種ポジションを取ることに繋がる為、特に日本人は抵抗がある人が多いと思います。

でも、そこから抜け出さない限り、周りの誰かと同じようなレベルの幸せを享受するに留まります。

それぞれがどんな幸せを求めて目の前の選択をするかによって、それぞれの人生はこの先大きく変わっていくと思います。

快適さに幸せを見出しても良い

どうしても自分自身の幸せの定義が難しい場合は、客観的に測定可能な「快適さ」自体に幸せを見出しても良いかもしれません。

なぜなら、無条件で幸せに気付けるからです。

きっとこの記事を読んでくださっている方の中には、今、目の前にある幸せを感じられていない方もいるのではないかと思います。

蛇口をひねれば水が出ることや、毎日を生きるためのご飯が食べられること、生活する為に便利な電気を使う事ができる事など、目の前の幸せに気付くことで、今度はどんなことに幸せを見出す事ができるかを能動的に考えるきっかけになるかもしれません。

最後に、自分の大好きな言葉で締めくくります。

しあわせはいつも、自分のこころがきめる

相田みつを

習慣の力を活かすための心構え

こんにちは、Ryuです。

いつもブログを見てくださってありがとうございます。

今回は、習慣がもたらす力と、それを活かすためにどういった心構えが必要なのかを、自分なりにまとめてみた結果をご紹介します。

習慣の力とは?

まずは、習慣がもたらす力についての自分の考えを共有します。

大きなことを成し遂げるための唯一の武器

例えば、自分自身に当てはめてみると、「減量」という目標を達成するために必要なのは、激しい運動でもなく、断食でもなく、毎日少し運動して、少し食べる量を減らす習慣です。

習慣はメンタルを安定させる

激しい運動や断食は、短期的に見れば習慣の力を使うよりも大きい成果を得る事ができるかもしれません。

しかしそれには大きな犠牲が付きまといます。

激しい運動をすれば、翌日のコンディションに響きます。

筋肉痛で済めばまだ良いですが、いきなりの激しい運動は、心臓にも負担をかけ、場合によっては危険な行為と言えます。

断食も同様で、いきなり数日食事を抜いたりすると、身体維持のための栄養素が一時的に欠乏し、栄養失調を起こし、具合が悪くなると思います。

これらの課題を解決しながら、更に大きな成果を出すことのできる手段が、「習慣化」だと思います。

習慣化によって、短期間に生じる大きな負担を軽減しつつ、更にメンタルの安定も図る事ができます。

継続は、力なり

例えば、今日から筋トレを毎日続けるとするとしましょう。

初日はモチベーションが高いので、たいていの人は結構張り切ってやります。

頑張って腹筋50回、腕立て30回、スクワット100回やったとしましょう。

次の日、同じ事ができますか?

もしかしたら次の日くらいは頑張ってできるかもしれません。

でも、おそらく1週間後にはやめてしまう人が多いでしょう。

課題が大きすぎることにより、習慣になる前に消滅してしまうパターンですね。

これと同じような状況は、きっといろいろな所で起こると思います。

例えば、読書をしようとして、思い立って3日で1冊読もうとします。

初日はモチベーションが高いので1日で1冊読み切れちゃうかもしれません。

しかし、それを継続できますでしょうか。

少しずつ、「今日は忙しかったからいいや」と言い訳をするようになり、習慣化に失敗して、本を読むことすらしなくなってしまうかもしれませんね。

まずは小さく始める

習慣化を身に着ける上で最も大事なことは、「まずは小さく始める」という原則を必ず守ることだと思います。

筋トレだったら腹筋1回から、読書だったら1日1ページからで全然良いと思います。

1回で前に進む量が少なかったとしても、それを毎日続けていくことによって、徐々に効率が良くなっていきます。

筋トレだったら、筋肉がついてきて、1回あたりの体の負担は軽減されるでしょうし、読書だったら、活字を読むことに慣れて、同じ時間でより多くの情報を仕入れる事ができるようになるかもしれません。

こうやって習慣化していくことで、少しずつ自分自身の能力を拡張していくことができます。

無理をすると、どこかで必ずほころびが出ます。

自分にできる範囲で小さく始めることこそが、物事を習慣化する上で最も大事な要素だと思います。

より多くの良い習慣を身に着けるためにやるべきこと

ここからは、より多くの良い習慣を自分自身の人生に取り入れ、多くの能力を拡張していくために必要なマインドセットを紹介していきます。

どれもとても重要で当たり前のことですが、緊急性が無いため、普段の生活では意識していないと忘れてしまうようなことです。

習慣化したいことリストを作り、1つずつ取り組む

理想の生活を思い描き、逆算をしてみると、自分の場合は、絶望するほどに多くの要素が足りていないことに気付きます。

そこで絶望したままでいるのは、本当に不毛です。

自分の人生を捨てているようなものなので、すぐにやめたほうが良いと思います。

かと言って、リストアップした足りない要素をいっぺんにどうにかすることはできません。

それは”天才”の所業です。

でも、普通の人にだって天才に少しでも近づく方法はあると思います。

自分が今考えているのは、1つ目の習慣(Aとします)を意識的にひたすら積み上げて、習慣化してきた頃に、また別の習慣(Bとします)を意識的に積み上げる方法です。

これにより、Aの習慣をこなすための労力をさほど使わなくても良い状態で、意識や集中をBの習慣の習得に使う事ができるようになるため、効率よく自分自身の能力を伸ばす事ができると思います。

環境を変える、という荒療治もある

とは言いつつも、今、自分自身は、更なる成長のチャンスを掴むために「プログラミングスクールに入る」という決断をし、既に50日が経過しました。

70日のカリキュラムですが、1日毎に与えられている課題は山積みで、正直な所、自分だけだったら確実に挫折してしまうようなスピードと量です。

これを可能にするのが、「環境の力」です。

他人が関与することは、意思決定に予想以上の大きな影響をもたらします。

自分の場合は、1人だとなかなかハードルが高そうで気が進まなかったプログラミング学習を、無理やりプログラミングを学ばざるを得ない環境に自分自身を突っ込むことで、習慣化させました。

運動の場合だと、ライザップをはじめとするパーソナルジムに行くような感覚に似ているのかもしれません。

ゴールから、作るべき習慣を逆算する

一般的に良しとされている習慣を身につけただけでも、様々な能力を身に付けることはできると思いますが、これからは個の力がより重要になる時代になると思っています。

個の力を効率良く付けるには、自分自身が目指すべきゴールを先に決めておく必要があると思います。

ここでは、ゴールを達成することよりも、決めることの方が重要だと思います。

変化の早い時代ですから、途中で軌道修正する力や余裕は、残しておくべきだと思います。

ゴールを決めたら、逆算して、あとは走るのみです。

数週間とか数ヶ月に1回、振り返りを行えば更に効果的かもしれませんね。

そこで軌道修正も可能になると思います。

せっかく付ける習慣ですから、自分なりのゴールを決めて、自分なりの習慣をカスタマイズしていくことで、高いモチベーションを維持しつつ、個の力を高められるのではないかと思います。

良い習慣は、世界を良い方向に動かす力になる

大きい話になりますが、自分にしか到達できないゴールを目指して、より多くの人が習慣の力を使って成長する事ができれば、日本は復活できると思います。

良い習慣は、まずは自分の幸せを、そして周りの人の幸せを、更に日本全体の幸せを、そして最終的には世界的な幸せを構築する手段になり得ると思っています。

最初は小さいパワーにしかならないかもしれませんが、人数が増えれば大きなパワーになり、いろいろなものを動かせるようになります。

今日動き出す事で、明日のスタートラインは変わります。

いつやるか?今でしょ。

2020年3月上旬の体重変遷

こんにちは、Ryuです。

いつもブログを見てくださってありがとうございます。

今回は、2020年3月上旬の体重変遷について書いていきます。

体重標準化計画

私は小さい頃からずっと肥満体質で、サッカーをやっていた時でもBMIが24近くあり、人生の大半を太った体で過ごしてきました。

元々いろんなものやことに好奇心があり、それは食べることについても同様でした。

今でこそ70kg台まで戻りましたが、以前は90kgを超えていた時期もありました。

まだまだ減量成功と呼べるには程遠い体重ですが、少しずつでも減量に意識を向けて生活をしてみよう、ということで始めたのが、「体重標準化計画」です。

当初目標は1年間で27kgの減量だった

初めは2019年の1年間で、85kgから58kgまで減量する計画を立てていました。

結局、今はまだ70kg台後半で推移してしまっていますが、この1年ちょいで、減量に対する意識は薄まれど、体重維持や栄養についての知識が増えたお陰で、ほぼ風邪知らずの体にはなりました。

これからも、ゆっくりと減量をしていけたらと思います。

3/7時点の体重

3/7時点の体重は「77.2kg」でした。

この数値は、前週と比べると1.6kg減となっていますが、実は今週は、平日にある決め事をしていました。

それが下記です。

1日1食(+間食)生活

  • しっかりご飯を食べるのは夜のみ
  • 水分はしっかりとる
  • 朝はサプリメントのみ摂取
  • 昼から夜にかけて、空腹を感じたらナッツ類を食べ、野菜ジュースを飲む

平日の5日間、この生活を続けたところ、特に運動をせずに1.6kg減りました。

これは、いろいろな見方ができると思います。

単純に筋肉が落ちた可能性もありますが、予防策として、毎日通っているプログラミングスクールがビルの9階にあり、少しでも体が鈍らないように階段で昇降したりしています。

自分の中で摂取する主成分が炭水化物からタンパク質やビタミンになったことで、強烈な空腹を感じる事が少なくなり、体調を崩すようなこともなくなってきました。

夜しっかり食べることもあり、寝起きは結構空腹感がありますが、それを乗り切ってしまえば、お昼頃には空腹感は既にピークアウトしています。

そこからは、作業のキリの良い所でナッツをつまんだり、野菜ジュースや水を飲んだりしています。

個人的には結構な断食に近い意識でやっていたのですが、それでも体は慣れてくるもので、そんなに辛さを感じなくなってくるから不思議です。

減量と健康の両立は難しい

段々、減量のためというより、健康のために意識が向いてきた節がありますね。

健康を保つために必要な栄養素を摂取しながら減量をしていくのは、正直簡単ではないと思います。

食べられるものが必然的に制限されてしまうし、精神的にもあまりストイックにやりすぎるのは良くないと思っているので、今のところは、夜は自由に食べて良い時間にしたり、土日は1日2食に戻してみたりしながら、試行錯誤をしています。

他の人のブログなり動画なりを見ていると、みんな楽にダイエットなり健康維持なりができる感じで書いていますが、個人的にはこの域まで達することは難しいと思っています。

体質によっても大分減量の難易度や健康維持には個人差があると思うので、一概にそういうノウハウ系の記事を鵜呑みにしてしまって、無理にやろうとして体を壊してしまっては本末転倒なので、あくまでも自分にできる範囲で、ちょっとだけ無理してみることを続けるのが良いと思います。

自分自身は、1日2食の生活を1年近く続けてきたので、もう朝ごはんを食べない事が習慣として根付きましたが、最初は1日2食でも辛かったです。

食べる量の調節だけじゃなくて、食べるものを変えてみることでも、空腹感は結構変わってくると思います。

ナッツ類を相棒にせよ

特にナッツ類は、カロリーは高めですが、タンパク質や脂質が豊富で、空腹感を感じにくい食べ物なので、お菓子をナッツに変えてみるだけでも効果は出ると思います。

昨日は初めて、素焼きアーモンドを買ってみました。

今までは、アーモンドだけだと飽きるかなと思い、素焼きのミックスナッツを買っていたのですが、アーモンドが一番歯応えがあり、食べている感があるので、結果的に1度に食べる量も減らせるかなと思いました。

今後も週1回、体重の変遷と、ちょっとした感想なんかをこうやって記録していくので、ぜひお楽しみにして頂ければと思います。

ではでは!