2020年3月上旬の体重変遷

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、Ryuです。

いつもブログを見てくださってありがとうございます。

今回は、2020年3月上旬の体重変遷について書いていきます。

体重標準化計画

私は小さい頃からずっと肥満体質で、サッカーをやっていた時でもBMIが24近くあり、人生の大半を太った体で過ごしてきました。

元々いろんなものやことに好奇心があり、それは食べることについても同様でした。

今でこそ70kg台まで戻りましたが、以前は90kgを超えていた時期もありました。

まだまだ減量成功と呼べるには程遠い体重ですが、少しずつでも減量に意識を向けて生活をしてみよう、ということで始めたのが、「体重標準化計画」です。

当初目標は1年間で27kgの減量だった

初めは2019年の1年間で、85kgから58kgまで減量する計画を立てていました。

結局、今はまだ70kg台後半で推移してしまっていますが、この1年ちょいで、減量に対する意識は薄まれど、体重維持や栄養についての知識が増えたお陰で、ほぼ風邪知らずの体にはなりました。

これからも、ゆっくりと減量をしていけたらと思います。

3/7時点の体重

3/7時点の体重は「77.2kg」でした。

この数値は、前週と比べると1.6kg減となっていますが、実は今週は、平日にある決め事をしていました。

それが下記です。

1日1食(+間食)生活

  • しっかりご飯を食べるのは夜のみ
  • 水分はしっかりとる
  • 朝はサプリメントのみ摂取
  • 昼から夜にかけて、空腹を感じたらナッツ類を食べ、野菜ジュースを飲む

平日の5日間、この生活を続けたところ、特に運動をせずに1.6kg減りました。

これは、いろいろな見方ができると思います。

単純に筋肉が落ちた可能性もありますが、予防策として、毎日通っているプログラミングスクールがビルの9階にあり、少しでも体が鈍らないように階段で昇降したりしています。

自分の中で摂取する主成分が炭水化物からタンパク質やビタミンになったことで、強烈な空腹を感じる事が少なくなり、体調を崩すようなこともなくなってきました。

夜しっかり食べることもあり、寝起きは結構空腹感がありますが、それを乗り切ってしまえば、お昼頃には空腹感は既にピークアウトしています。

そこからは、作業のキリの良い所でナッツをつまんだり、野菜ジュースや水を飲んだりしています。

個人的には結構な断食に近い意識でやっていたのですが、それでも体は慣れてくるもので、そんなに辛さを感じなくなってくるから不思議です。

減量と健康の両立は難しい

段々、減量のためというより、健康のために意識が向いてきた節がありますね。

健康を保つために必要な栄養素を摂取しながら減量をしていくのは、正直簡単ではないと思います。

食べられるものが必然的に制限されてしまうし、精神的にもあまりストイックにやりすぎるのは良くないと思っているので、今のところは、夜は自由に食べて良い時間にしたり、土日は1日2食に戻してみたりしながら、試行錯誤をしています。

他の人のブログなり動画なりを見ていると、みんな楽にダイエットなり健康維持なりができる感じで書いていますが、個人的にはこの域まで達することは難しいと思っています。

体質によっても大分減量の難易度や健康維持には個人差があると思うので、一概にそういうノウハウ系の記事を鵜呑みにしてしまって、無理にやろうとして体を壊してしまっては本末転倒なので、あくまでも自分にできる範囲で、ちょっとだけ無理してみることを続けるのが良いと思います。

自分自身は、1日2食の生活を1年近く続けてきたので、もう朝ごはんを食べない事が習慣として根付きましたが、最初は1日2食でも辛かったです。

食べる量の調節だけじゃなくて、食べるものを変えてみることでも、空腹感は結構変わってくると思います。

ナッツ類を相棒にせよ

特にナッツ類は、カロリーは高めですが、タンパク質や脂質が豊富で、空腹感を感じにくい食べ物なので、お菓子をナッツに変えてみるだけでも効果は出ると思います。

昨日は初めて、素焼きアーモンドを買ってみました。

今までは、アーモンドだけだと飽きるかなと思い、素焼きのミックスナッツを買っていたのですが、アーモンドが一番歯応えがあり、食べている感があるので、結果的に1度に食べる量も減らせるかなと思いました。

今後も週1回、体重の変遷と、ちょっとした感想なんかをこうやって記録していくので、ぜひお楽しみにして頂ければと思います。

ではでは!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
     

コメントを残す

*