RubyとPHPの共通点と違いについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

プログラミングを学ぶにあたって、まずどの言語を学ぶか、というのに迷われる方も多いと思います。しかし、意外と言語間の共通点は多く、特にRubyとPHPは、共に比較されることが多い言語です。

今回は、これからプログラミングを学ぼうと考えていらっしゃる方へ、結論、「どちらからでも良いよ!」という点を、お伝えできればと思います。

Rubyとは

Rubyの主な特徴は、以下の通りです。

  • 1993年に日本で誕生
  • オブジェクト指向
  • スクリプト言語
  • Webサービス開発向け
  • 可読性重視
    • 開発がしやすい
    • 初心者でも理解しやすい
  • 「Ruby on Rails」というフレームワークを使用するのが主流で、単なるWebページだけでなく、Webシステムを開発することができる

オブジェクト指向とは

オブジェクト指向を一言で説明すると、いろんな処理の塊を先に作って、それをプログラミングに入れ込む考え方です。

図にするとこんな感じです。

わかりやすさ重視のため、厳密には違うかもしれません。ご容赦ください。

詳しい説明が載っている記事を貼っておくので、興味のある方はぜひご覧ください。

初心者向けに徹底解説!オブジェクト指向とは?

https://eng-entrance.com/what-oop

スクリプト言語とは

スクリプト言語というのは、コンピューターの処理が簡単な言葉でまとめられた言語という意味です。

例えば、「1 + 1」という処理をコンピューターにさせるには、コンピューターに「1 + 1」をすることを命令しなければなりませんが、スクリプトによって、予め「1 + 1」という処理を「a」と定義することにより、コンピューターに「a」と入力するだけで「1 + 1」という処理をしてくれる、といった具合です。

つまり、あまり難しい処理の書き方がわからなくても、実際に処理をするためのスクリプトを知っていれば、処理ができてしまう、ということになります。

つまり、Rubyはとても処理がわかりやすいタイプの言語である、といえます。

PHPとは

続いてPHPの特徴を見ていきましょう。PHPの特徴は以下の通りです。

  • 1995年に誕生
  • オブジェクト指向
  • スクリプト言語
  • Webサービス開発に特化
  • データベースと連携しやすい
  • フレームワークやライブラリが豊富

RubyとPHPの共通点

それぞれの特徴リストより、共通しているものが複数あります。

  • オブジェクト指向
  • スクリプト言語
  • Webサービス開発

この辺りが共通点となります。正直、ほぼ共通しています。

RubyとPHPの違い

逆に異なる点といえば、開発方法になります。

Rubyの場合は、代表的なフレームワークであるRuby on Rails(よくRailsと省略されます)を使用するケースが多いです。このフレームワークは、処理の役割ごとに違うファイルにコードを書き込んでいくスタイルなので、チーム開発をしたりする際にとても向いています。

したがって、将来的にチームで開発をしてみたいような方は、まずはRubyを習得すると良いと思います。

対してPHPは、市場全体で見ると、Rubyよりも幅広く使用されている言語です。また、処理自体は、HTMLというWebサイトを表示させるファイルに直接書き込むことができるので、コードを見たときに、処理がわかりやすいといえるかもしれません。Ruby(主にRails)もわかりにくいというわけではないですが、比較すると、PHPに軍配が上がると思います。

結論:好きな方を学ぼう

RubyもPHPも、初心者が理解しやすい言語といえます。現在は無料のプログラミング学習サービスも複数存在しているので、プログラミング学習を始めてみてはいかがでしょうか?

無料プログラミング学習サービスの一例

・Progate(https://prog-8.com/

・ドットインストール(https://dotinstall.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
     

コメントを残す

*