価値観

SDGsが映し出した自分自身の価値観

はじめに

SDGs(エスディージーズ)という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
日本語においては「持続可能な開発目標」と訳され、2030年までに国際社会で共通に取り組むものです。

「SDGs(エスディージーズ)」とは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称であり、2015年9月に国連で開かれたサミットの中で世界のリーダーによって決められた、国際社会共通の目標です。
このサミットでは、2015年から2030年までの長期的な開発の指針として、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。この文書の中核を成す「持続可能な開発目標」をSDGsと呼んでいるのです。

SDGs(持続可能な開発目標)とは何か?17の目標をわかりやすく解説|日本の取り組み事例あり
https://miraimedia.asahi.com/sdgs-description/

SDGsについてよく知らなかった

2015年の国連で採択されたにもかかわらず、最近まで、SDGsという言葉は知っていても、その内容について調べたりすることはありませんでした。
どちらかというと、大学卒業から最近に至るまで、自分自身の関心は経済や社会構造(政治を含む)の方にありました。

環境問題にも元々興味があって、ユニセフをはじめとする国際協力団体の活動もたまに調べたりしていました。
そんな自分がSDGsの内容を最近まで知らなかったことを、とても後悔しています。

SDGsは、単なる環境保全活動ではない

この記事のタイトルにもあるように、SDGsを通して、自分自身の価値観を再認識することになりました。
その経緯を簡単にご紹介します。

まず、SDGsが掲げる17の目標は下記の通りです。

  1. 【貧困】
    あらゆる場所のあらゆる形態の貧困を終わらせる
  2. 【飢餓】
    飢餓を終わらせ、食料安全保障及び栄養改善を実現し、持続可能な農業を促進する
  3. 【保健】
    あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する
  4. 【教育】
    すべての人に包摂的かつ公正な質の高い教育を確保し、生涯学習の機会を促進する
  5. 【ジェンダー】
    ジェンダー平等を達成し、すべての女性及び女児の能力強化を行う。
  6. 【水・衛生】
    すべての人々の水と衛生の利用可能性と持続可能な管理を確保する。
  7. 【エネルギー】
    すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的エネルギーへのアクセスを確保する。
  8. 【経済成長と雇用】
    包摂的かつ持続可能な経済成長及びすべての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある 人間らしい雇用(ディーセント・ワーク)を促進する。
  9. 【インフラ・産業化・イノベーション】
    強靱(レジリエント)なインフラ構築、包摂的かつ持続可能な産業化の促進及びイノベー ションの推進を図る。
  10. 【不平等】
    各国内及び各国間の不平等を是正する。
  11. 【持続可能な都市】
    包摂的で安全かつ強靱(レジリエント)で持続可能な都市及び人間居住を実現する。
  12. 【持続可能な生産と消費】
    持続可能な生産消費形態を確保する。
  13. 【気候変動】
    気候変動及びその影響を軽減するための緊急対策を講じる。
  14. 【海洋資源】
    持続可能な開発のために海洋・海洋資源を保全し、持続可能な形で利用する。
  15. 【陸上資源】
    陸域生態系の保護、回復、持続可能な利用の推進、持続可能な森林の経営、砂漠化への対処 ならびに土地の劣化の阻止・回復及び生物多様性の損失を阻止する。
  16. 【平和】
    持続可能な開発のための平和で包摂的な社会を促進し、すべての人々に司法へのアクセスを提供し、あらゆるレベルにおいて効果的で説明責任のある包摂的な制度を構築する。
  17. 【実施手段】
    持続可能な開発のための実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する。

沢山あって、しかも抽象的な文言が多めなのでわかりにくいと思います。
実際、筆者自身もこれを読んで「よくわからないなあ」というのが第一印象でした。
それを少しだけわかりやすくしているのが、冒頭でもお見せしたこちらの画像です。

これらの目標それぞれには、合わせて169に及ぶターゲット(具体的な目標)が定められています。
例えば、貧困に関するターゲットは下記の通りです。

1.1:2030年までに、現在1日1.25ドル未満で生活する人々と定義されている極度の貧困をあらゆる場所で終わらせる。

1.2:2030年までに、各国定義によるあらゆる次元の貧困状態にある、すべての年齢の男性、女性、子どもの割合を半減させる。

1.3:各国において最低限の基準を含む適切な社会保護制度及び対策を実施し、2030年までに貧困層及び脆弱層に対し十分な保護を達成する。

1.4 2030年までに、貧困層及び脆弱層をはじめ、すべての男性及び女性が、基礎的サービスへのアクセス、土地及びその他の形態の財産に対する所有権と管理権限、相続財産、天然資源、適切な新技術、マイクロファイナンスを含む金融サービスに加え、経済的資源についても平等な権利を持つことができるように確保する。

1.5 2030年までに、貧困層や脆弱な状況にある人々の強靱性(レジリエンス)を構築し、気候変動に関連する極端な気象現象やその他の経済、社会、環境的ショックや災害に暴露や脆弱性を軽減する。

1.a あらゆる次元での貧困を終わらせるための計画や政策を実施するべく、後発開発途上国をはじめとする開発途上国に対して適切かつ予測可能な手段を講じるため、開発協力の強化などを通じて、さまざまな供給源からの相当量の資源の動員を確保する。

1.b 貧困撲滅のための行動への投資拡大を支援するため、国、地域及び国際レベルで、貧困層やジェンダーに配慮した開発戦略に基づいた適正な政策的枠組みを構築する。

(外務省仮訳「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」より)

具体的な目標とありますが、これを読んでもまだ少しイメージできない項目もありますね。
ここから先の具体化は、私たち人間1人ひとりが自ら考え、行動に移し、結果を出していく必要がありそうです。

なぜSDGsが自分自身に刺さったのか

SDGsについてちゃんと調べようと思ったきっかけは、実家であるテレビ番組をみたことがきっかけでした。
2030年、荒廃した地球をバックに少年が泣きながら「こんな地球になったのは、あなたたちのせいだ」と言っている姿は、演出だと分かっていても、心に突き刺さるものがありました。

高い理想を掲げながらも、実際に行動に移せず、結果を出すことができないでいる自分自身に重くのしかかりました。
「何か行動をしなければ」と強く思ったのですが、行動をするにも、今の自分に何ができるのか、全くと言っていいほど、思い浮かびませんでした。

そんな自分に絶望しつつも、今からできることを始めようと思い、まずはSDGsの理念や世界的に行われている取り組みについて学習しようと思いました。

おわりに

将来的にこれが全人類のスタンダードな考え方になり、地球が豊かなまま保たれるのが先か、地球が荒廃し、環境汚染によって人類が滅亡するのが先かはわかりませんが、少なくとも自分自身の行動は、これによって変えられます。

こうしてブログ記事を書いて発信できるのも、電気が使えて、インターネット通信ができるからだ、ということを忘れてはいけないと思います。

電気も通信も(もちろんその他のインフラや、車など地球資源を使用するもの全て)有限であることを自覚すれば、その資源をどのように使うべきなのかを考えるきっかけになると思います。

SDGsは、資源の有限性と、未来を逆算した行動を促す良い起爆剤になるだろうと思います。

この記事が、また別の誰かの「未来を考え直すきっかけ」になってくれたら嬉しいです。

“快適”と”幸福”について考えてみた

こんにちは、Ryuです。

いつもブログをご覧頂き、ありがとうございます。

今回テーマとして取り上げるのは、「快適さ」と「幸福度」です。

私たち人間は、その命が続く限り、幸福な人生を望む生き物だと思います。

全ての選択の先に、自らの幸福があるはずです。

誰かの為に尽くしている人であっても、「尽くす事」そのものが自らの幸福に繋がっているから、尽くすのだと思います。

快適さと幸福度の違いとは

「快適さ」と「幸福度」は、一見すると似たような要素のように思われるかもしれませんが、全く違うと思います。

  • 快適さは、ある程度客観的に測定可能
  • 幸福度は、その人自身が決めるものであり、客観的に測定不可能

まとめると上記の通りなのですが、ここに人間のジレンマが隠れていると思っています。

快適な生活をする不幸者

例えば、経済先進国である日本に住んでいる日本人を考えてみましょう。

電気・水道・ガス・通信などのインフラがほぼ完全に整っており、憲法によって最低限度の生活を保障されている国です。

客観的に見れば、とても快適な国のように見えます。

ここで問います。

Q1.あなたは今、特に不自由のない快適な生活を送れていますか。

そして、もう一問、問います。

Q2.あなたは今、幸せですか。

おそらく、下記のように回答する方が大半を占めるのではないかと思います。

A1.はい
A2.いいえ

その上で、今後どのように2問目の答えを「はい」にしていくかを、今回は考えていけたらと思います。

快適さは環境が作り、幸せは自分が作る

最初に申し上げたように、快適さはある程度客観的に測定が可能です。

快適な生活 = 最低限の衣・食・住が確保された暮らしと定義した場合、ある程度ご納得頂けるのではないかと思います。

もちろん、他の指標が全く快適さを測る指標になり得ないかと言われれば、必ずしもそうではありませんが…。

ただし、幸福度の高い生活を定義する場合は全く違います。

幸福の定義は人それぞれ異なります。

それは、幸福が、個人が持っている価値観・アイデンティティに依存するからです。

だから、誰かの幸福を他人が語ることはできないし、画一的な幸福というものを定義するにしても、誰もが納得できるような、極度に抽象化された最大公約数的な幸福を述べるに留まると思います。

良い習慣を作る為には、幸福の定義が必要不可欠

先日、習慣についての記事を書きました。

この記事の中で、ゴールを決めることの重要性についてお話ししましたが、この「ゴール」を自らの幸福に結び付けても良いと思います。

幸福から逆算した習慣化のしかた

ここで、自分自身が考え、実践している習慣化の方法をお伝えします。

  1. 抽象的で構わないので、自分自身の幸福を定義する
  2. 定義した幸福の構成要素を考えてみる
  3. それぞれの要素をゴールとし、何段階かのプロセスを考える(3ヶ月〜1年程度で区切る)
  4. それぞれのプロセスをゴールとし、何段階かのタスクを考える(1週間〜3ヶ月程度で区切る)
  5. それぞれの計画をゴールとし、毎日、もしくは高頻度で行う習慣を考える

リストにすると仰々しく見えてしまうかもしれませんが、やっていることは非常にシンプルで、抽象的な幸福を実現する為に、行動をできるだけ具体化するということをしているだけです。

これをすることによって、幸福を叶えるための行動が習慣化されやすくなるだけでなく、毎日の行動を決める意思決定のための時間が削減されることになります。

意思決定の為の思考回数は、幸福度と反比例する

これは自分自身が立てている仮説に過ぎませんが、意思決定の為に思考をする回数が多いと、それだけ自分自身の考えを整理したり、見直したりする時間が必要になるため、非生産的です。

それよりかは、最初に自分自身の幸福を定義し、それに倣った行動を実践することで、どういう時にどういったアクションを取るべきなのかを、大元の幸福に照らし合わせて考える事ができるようになった方が良いと思います。

YES or NOの判断をその都度考えていると、段々考える事自体が億劫になり、それが自分自身の幸福を左右する重要な決定だったとしても、その決定を他人に任せてしまったりしてしまい、後から後悔するようなケースもあるかもしれません。

結局は、自分で決めなければ前には進めない

何本か記事を書いていて、自分自身の確固たる価値観に気付く事ができたのですが、どうやら私は「自分自身で決める事」に強烈な価値を見出している人間のようです。

だから、自分で決めてやった事が成功しても失敗しても、幸せを感じる事ができます。

成功したら次はもっと大きい事ができるようになるし、失敗しても「この方法はダメだったな」と、自己成長の糧にする事ができます。

ここで成功するか失敗するかはある意味どうでもよくて、「自分自身で決めてやったことかどうか」という点が非常に重要なわけですね。

幸福は、自分で決めることによって生み出される

同じような考え方が全ての人に当てはまるのではないかと思っていますが、残念ながら他の人の頭の中を覗く事はできないので、ここ数日の記事では、自分自身の価値観を元に、この記事を読んでくださっている方が少しでも幸福度の高い生活を送ってもらえるように、自己決定の重要性についてお話ししてきました。

幸福の定義に関わらず、自分自身で決めたものには一定の責任が生まれます。

自ら意思決定をして動くことは、ある種ポジションを取ることに繋がる為、特に日本人は抵抗がある人が多いと思います。

でも、そこから抜け出さない限り、周りの誰かと同じようなレベルの幸せを享受するに留まります。

それぞれがどんな幸せを求めて目の前の選択をするかによって、それぞれの人生はこの先大きく変わっていくと思います。

快適さに幸せを見出しても良い

どうしても自分自身の幸せの定義が難しい場合は、客観的に測定可能な「快適さ」自体に幸せを見出しても良いかもしれません。

なぜなら、無条件で幸せに気付けるからです。

きっとこの記事を読んでくださっている方の中には、今、目の前にある幸せを感じられていない方もいるのではないかと思います。

蛇口をひねれば水が出ることや、毎日を生きるためのご飯が食べられること、生活する為に便利な電気を使う事ができる事など、目の前の幸せに気付くことで、今度はどんなことに幸せを見出す事ができるかを能動的に考えるきっかけになるかもしれません。

最後に、自分の大好きな言葉で締めくくります。

しあわせはいつも、自分のこころがきめる

相田みつを