TECH::EXPERT

TECHCAMP(テックキャンプ、旧 TECH::EXPERT)で過ごしたアクセルベタ踏みの10週間

こんにちは、Ryuです。
いつもブログをご覧頂き、ありがとうございます。

今日は、10週間通ったTECH CAMP(旧TECH::EXPERT)の振り返りや感想を書いていこうと思います。
プログラミングに興味のある方は、ぜひ公式サイトをご覧になってみてください。

テックキャンプ(旧テックエキスパート)公式サイト
https://tech-camp.in/expert

一番は、続けること

私は2020年1月20日に、スクールでの学習を開始しました。
そして2020年3月27日、本日をもって全ての学習を終了します。

今日まで長かったような短かったような、不思議な気持ちですが、なんとか70日間を終えることができました。

この70日間で感じたことは、続けることの大切さです。
今までも個人的に実践してきたことですし、今更改めて書くようなことでもないかもしれませんが、10週間を進んでいく中で、同期で脱落した人も20人弱いました。

彼らを責めるつもりは毛頭ありませんが、どれだけ挫けそうになっても、続けていれば少なからず成長する、ということを身をもって経験できたことは、今後の人生に少なからずプラスに働くなあ、と漠然と思っています。

学んだ内容

学んだ言語、フレームワーク、は下記の通りです。

  • 言語、フレームワーク、ライブラリ
    • フロントエンド
      • HTML
        • Haml記法
      • CSS
        • Sass記法
      • JavaScript
        • jQuery
    • サーバーサイド
      • Ruby
        • Ruby on Rails
      • MySQL
  • その他
    • Git
      • GitHub
    • 情報セキュリティ
    • AWS(Amazon Web Services)を使用したデプロイ
    • BEM記法

他にも学んだことは沢山あるのですが、こうやって項目を羅列していくと、これだけの量を70日間でよくやり切ったなと思います。
この量を独学でやろうと思ったら、正直やり切る自信がないですね…。

高い出費でしたが、結果的に通って良かったなと思いました。

自走を学べる場

エンジニアとして生きていく上で絶対に必要なことは、未知の技術を取り入れたり、エラーを自力で解決できたりする力だと思います。
そうした素養を身に着ける意味においては、TECHCAMPは非常に優れていると思いました。

基本的な学習スタイルがアクティブラーニングのため、自分を含め、受動的な学習に慣れている日本人からすると、正直最初は違和感があります。
その違和感に耐えきれなくなってしまった人が、最終的にリタイアしてしまった人たちなのではないかと思いました。
そういった意味でも、TECHCAMPで学ぶことはとてもハードだと言えます。

逆に70日間のアクティブラーニングを乗り切ったことで、自分の中で、プログラミングだけでなく、「学習」の方法が大きく変わりました。

誰かに頼る勇気

今までの筆者は、わからないことがあると、とにかく調べます。
ここまでは、TECHCAMPでも一緒なのですが、調べて正解が見出せない場合、ずっと考え込んでしまうか、最悪の場合、諦めてしまっていたこともあります。

ここを変えてくれたのがTECHCAMPでした。

最後まで、わからないところがある場合は「メンター」と呼ばれる人たちに質問をすることができます。
正直なところ「メンター」も、それほどプログラミングの技術がとても高い、というわけではないように思えましたが、重要なのはその部分ではなく、他人がどういった方法でエラーを解決したりしているのかを間接的に見ることで、自分自身にはなかった考え方や対応策を知ることができることです。

こうした経験を何度も積んでいくことで、自分自身、「詰まった時に他人を頼ることは悪ではない」ということを認識できましたし、逆に、チーム開発などで別の人が困ったりしている時に、助けてあげよう、という相互扶助の感覚を身に着けることができました。

チーム開発を経験できた

TECHCAMPの最終課題は、「Ruby on Railsを使ってフリーマーケットサイトをチームで開発すること」でした。

最初はそんなことできるのかとても不安でしたし、実際に開発に着手してからも、途方もない道のように思えました。
特に開発序盤で、想定しなかったエラーに直面した時は、自分自身の理解の甘さとチームへの申し訳なさが相まって、自責の念が強くありました。

そんな中でも、良い意味で自由に開発できる雰囲気のチームだったことが幸いし、エラー部分について、普通に開発するよりもとても詳しくなることができました。

これが思いがけない「棚ぼた」で、アプリケーション完成後のコードレビューで担当箇所の不備があった時に、原理をある程度理解できていたこともあり、フロントエンドとサーバーサイド、それにデータベースも修正しましたが、1時間かからないくらいで修正を終えることができるようにまでなりました。

苦労から得る経験は宝

ブログをお読み頂いていた方やTwitterをフォローして頂いている方は、この10週間を通して筆者の情緒不安定ぶりを曝け出してしまったため、ご迷惑をおかけしてしまったかもしれません。
もしかすると「こんな人だと思わなかった」と思われてしまったかもしれないです。

筆者自身が変わったわけではないですが、これまでと環境を大きく変えたことで、一時的であっても醜い部分を曝け出してしまったのはお詫びします。

ですが、それを補って余りある程の経験をすることができたと思っていますので、これから少しずつ、還元できればと思います。

「10週間で、プロのエンジニアになる」と決めてTECHCAMPに入りましたが、プログラムのことを学べば学ぶほど、自分にはまだまだ学ばなければいけないことが多くあることがわかりました。
まさにソクラテスの「無知の知」という言葉がぴったりです。

沢山の苦労を経て、エンジニアとしてだけでなく、人間としても一歩、成長することができたのではないかと思っています。

おわりに

10週間のプログラムを支えてくれたTECHCAMPのスタッフや同期のメンバーはもちろん、外側から暖かく見守ってくださった人たちにも、格別の感謝を送りたいと思います。
TECHCAMP、なんとか自分でも10週間、走り切ることができました。

これからどんな人生が待っているかは全くわからないけれど、ここで得たことは、間違いなく自分自身の今後の人生においてプラスに働くと思いました。

これからも、末長いお付き合いを頂ければ嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。

来週は一旦、実家に帰省をするつもりです。
学んだことや今後のことについて、一度家族にゆっくり報告して、再来週から、また新しい生活をスタートさせていこうと思います。

本当に、ありがとうございました。

“書くことの楽しさ”を改めて感じている(TECH::EXPERT 40日目)

こんばんは。

今日でTECH::EXPERTの受講から40日が経ちました。

長かった気もするし、あっという間だった気もします。

毎日、少しずつでも新しいことができるようになっていく過程は、とても新鮮です。

では、本日の振り返りをしていきます。

まずは今朝の目標ツイートです。

個人アプリ開発発表 プレゼン資料作成

個人アプリケーション発表会では、WordPressで実装したこのブログのことを発表する予定なのですが、今日はまず最初に、そのプレゼン資料を作りました。

発表時間は1人5分なので、細かい部分まで発表する感じではなく、簡単な概要説明としてまとめました。

入れ込んだ項目は下記の通りです。

  • なぜWordPressに取り組んだのか?
  • ブログのテーマ
  • 作成したページ
  • 反省点

文字ベースではありますが、リハーサルの意味も込めて、簡単にここでもプレゼンをしていきます。

なぜWordPressに取り組んだのか?

ちょっと文字がごちゃごちゃしちゃって反省してるんですが、これ以上削れませんでした。

では、1つずつ紹介をしていきます。

サイトデザインのカスタマイズ性に限界を感じた

2015年2月から、Seesaaブログという無料ブログのプラットフォームを使ってきました。

今日に至るまで、何度かサイトデザイン変更などもしてきた経緯があります。

本当はSeesaaブログ内でもCSSをいじれたりするのですが、どうしても無料ブログプラットフォームなので、できることが制限されているように感じました。

元々文字が書ければそれで良かったので、あまり深く考えてきませんでしたが、少しずつ読者目線でブログを作りたいと思うようになり、綺麗なデザインテーマが沢山あるWordPressに憧れを抱くようになりました。

今回は、WordPressを使ったブログサービスに移行をする良い機会だと思い、実装を決意しました。

ドメイン・サーバーの知識を深める

元々、ドメインやサーバーがどんなものなのか、ぼんやりとした理解に留まっていました。

プログラミングとは直接関係ないにせよ、WEBサービスを作るなら絶対に知っておかなければならない知識だと思い、このタイミングで学習ができる上、実際の実装経験を積めるのは一石二鳥でした。

それぞれがWEBサービス上でどのような役割を果たすのかを、より深く理解することができました。

PHPの言語としての役割

PHPは、WEB開発に特化していて、「サーバーサイド」と呼ばれる、WEBサービスの後ろ側の動作を担当するプログラミング言語です。

WordPressを使うにあたり、今まで使っていた「Ruby」に変わり、「PHP」を使うことになったため、初めはちんぷんかんぷんでした。

今は、それぞれの記述がどんなことをしようとして書かれたものなのかを調べながら、1つずつ理解している段階です。

今後も長く付き合う言語になりそうなので、少しずつ理解を深めていこうと思います。

更新性・アピールのしやすさ

ブログは、自分さえサボらなければ、必然的に更新されていく媒体です。

WEBサービスが“サービスとしてちゃんと稼働するかどうか”を他人に委ねなくても良い、ということは、自分にとって制作の大きなモチベーションになりました。

それから、今後WordPressの制作案件を受けるようなことがあれば、単純にノウハウを活かせるのと、このブログ自体が1つのポートフォリオとしても機能するのではないかと思いました。

ブログのテーマ

次に、ブログのテーマについてです。

こちらは昨日のブログで説明していますので、ぜひご覧ください。

作成したページ

こちらも画像の通りです。

元々こういうコンテンツ作成において、割と何でも詰め込んでしまうタイプなので、今回はとにかくシンプルであることと、ユーザーにとって見やすいことを意識しました。

その結果、現時点では計画通りのものが作れたと思っています。

反省点

反省点は沢山あるのですが、抜粋したものを画像に掲載しています。

どうしても限られた時間での実装なので、色々と詰め切れていない部分や、理解し切れていない部分があるのですが、それは今後運用を重ねていく上で少しずつマスターしていけたら良いなと思っています。

新型コロナに関する記事も書きました

どちらかというと、今日はこれに時間を費やしすぎてしまったかもしれないです。

とはいえ、センシティブなトピックなので、手を抜くわけにはいきませんでした。

どうしても取り扱いたいテーマで、自分自身も理解が足りない部分があり、1つずつ調べながら記事作成をしていきました。

結果的に3~4時間かかってしまいましたが、新型コロナについてわかりやすくまとめることができたと思っています。

Railsは断念、JavaScript / jQueryを優先

もう1つの目標として挙げていたRailsの復習は時間的に断念しました。

同期との会話で、「最終課題はどうもJavaScriptやjQueryの理解を深めておかないとやばいらしい」という情報を得たので、土日はこの2言語の復習を優先的に行って、その後をRailsの復習に充てたいと思います。

来週月曜日には、ちょうどjQueryの理解度チェック試験もあるので、このタイミングで理解をさらに深めておきたいと思います。

やっぱり書くのは楽しい

新しいプラットフォームでブログを書いていることもあり、改めて文字を書くことの楽しさを感じており、結構な長文になってしまいました。

これと同じような経験を早くプログラミングでもできるように、学習を頑張りたいと思います。

プログラミング言語の習得は、きっと日本語を覚えるようなものに近いと思うので、続けることが肝要だな、と思います。

例によって土日はアカペラ関係の予定が目白押しですが、空き時間は必ず作れるので、学習を進めていきます。

ではでは、今日もおつかれさまでした。

遂にWordPressのブログがリリース!!(TECH::EXPERT 39日目)

いやー、感慨深いです。

最初からブログサービスを作ったのは初めてなので、ここまで来るのに丸3日かかりました。

遂に今日、WordPressのブログをリリースします!!

Seesaaブログに最大限の感謝を…!

今日のブログリリースをもって、Seesaaブログでの更新をストップします。

Seesaaブログには、2015年2月17日からお世話になっていました。
期間にすると丸5年。凄まじい年月です。

5年間で、717記事を書きました。
ほとんどは日記みたいな記事ですが、それでも、えげつない数字だと思っています。

Seesaaブログへの愛着

初めは、SeesaaブログとWordPressを共存させる予定でした。

WordPressには洗練した記事を中心に、そしてSeesaaブログには今までと同じ日記みたいな記事を中心に書いていこうと思っていました。

だけどそれだと読者が分散してしまい、良くないと思ったので、WordPressに一本化することにしました。

本当は、ブログごと削除しようと思っていた

WordPressへの一本化をする上で、考えなければならないのは過去記事の取り扱いです。

考えたのは、Seesaaブログの記事データを吐き出して、WordPressで全記事を吸い上げてしまう方法。

参考にしたのはこちらの記事です。

【徹底解説】SeesaaブログからWordPress移行の準備・手順・注意点
https://site-hikkoshi.com/7033/#i-5

サイト引越し屋さん by 株式会社DPパートナーズ

だけど、Seesaaブログの記事は、きっとSeesaaブログでしか書けなかったなと、途中で踏みとどまり、ブログ移転はするけれど、直近のWordPressブログ作成に関する数記事と、元旦の抱負の記事を除いて、記事は全部Seesaaブログに残すことにしました。

ありがとう、Seesaaブログ。

新ブログでやりたいこと

今後はこちらのブログでの投稿がメインとなるわけですが、こだわったのはテーマです。

テーマは「好奇心」

元々多くのことに興味を持つ性格なので、今回はそれを存分に生かした「雑食系ブログ」にしようと思います。

今までと記事執筆のスタンスを変えることはありませんが、より幅広いジャンルのことを、よりわかりやすく見ることができるようなブログを目指そうと思っています。

そのため、カテゴリも幅広く設け、自分の好きなテーマを好きなようにかける環境にしました。

ブログのセオリーは、”専門性があり、有益な記事を上げ続けること”

もちろん、ブログは読者にとって役に立つものが喜ばれます。

雑食系、または雑記が中心となるようなブログには、一般的に、中々読者がつくことは難しいと思います。

では、なぜそれをわかっていながら、「雑食系ブログ」として始動するのか。

“雑食”を強みにする

「雑食」が自分の強みなんじゃないかと思ったんです。

浅はかな知識ではあるかもしれないけれど、いろんなことを少しずつ知っていることで、専門的な知見とはまた別の価値観が生まれるかもしれない、と考えました。

1つのブログにこれだけ多くのカテゴリが並んでいるの、普通に考えたらおかしいですよね。

それをカバーできるほどの力が、「好奇心」にはあると思っています。

なので、これは自分自身にとって、また1つの挑戦みたいなものです。

このブログ運営自体が、ある種好奇心によって突き動かされている部分がありますから。

改めてよろしくお願いします!

プラットフォームが変わっても、中の人は全く変わりませんので、文章のテイストも、今までと同じような感じになると思います。

自己紹介用のページも作成したので、こちらもぜひご覧頂けると嬉しいです。
http://ryublog.org/about-ryusaito/

とりあえず一通りレイアウトは完成したので、明日はまた別の勉強やアプリケーション作成に取り組みつつ、TECH::EXPERTでの学習を続けていきたいと思います。

ではでは!!